F2アブダビ:波乱のレース2、抜け出した周冠宇が優勝。佐藤万璃音は16位

FIA F2最終戦アブダビのレース2が行なわれ、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が優勝を飾った。

F2アブダビ:波乱のレース2、抜け出した周冠宇が優勝。佐藤万璃音は16位

 FIA F2第8戦アブダビのレース2がヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が優勝した。

 レース1のトップ10がリバースグリッドに並び、ピットイン義務なしの23周スプリントレースで争われるレース2。マーカス・アームストロング(DAMS)がポールポジション。2番手フロントロウに、ラルフ・ボシュング(カンポス)が並んだ。佐藤万璃音(トライデント)は19番手だ。

 スタートでは大きな混乱はなかったが、各車が1周目からアグレッシブな動きを見せ、ターン5入り口では4台が横並びになるようなシーンも見られた。レース1でチャンピオン獲得を決めたオスカー・ピアストリ(プレマ)も積極的に仕掛けたが、コースオフしてポジションを落とした。

 3周目、周冠宇がボシュングをパスして2番手に浮上。一方、首位のアームストロングはファステストラップを記録し、後続を引き離しにかかっていた。

 すると4周目、アレッシオ・デレッダ(HWA)とオリ・コールドウェル(カンポス)が接触。マシン回収のため、セーフティカー(SC)が出された。

 レース再開は7周目。しかし、ターン9でピアストリがインに飛び込んできたロイ・ニッサニー(DAMS)と接触。弾き飛ばされたピアストリは、アウト側にいたユーリ・ヴィップス(ハイテック)とも接触してしまった。ヴィップスとピアストリはマシンを止め、再度SCが出動した。

 波乱はまだ続く。11周目のリスタートでは、首位を走っていたアームストロングがまさかの急失速。マシントラブルのようで、コースサイドにマシンを止め無念のリタイアとなった。

 来季、アルファロメオからのF1デビューが決まっている周は、前が開けると一気にプッシュ。2番手に上がってきたロバート・シュバルツマン(プレマ)との差を開こうと、ファステストを叩き出した。しかしシュバルツマンも負けじと食らいつき、隊列から2台が抜け出していった。

 周は最後までシュバルツマンにスキを見せずに快走。レース後半に完璧にレースを支配し、3秒以上の差をつけてトップチェッカーを受けた。レース3では、ランキング2位獲得を目指して、シュバルツマンとの17ポイント差逆転を目指す。

 2位はシュバルツマン、3位はボシュングが入った。

 佐藤はペース振るわず、16位でチェッカーを受けている。日曜日に行なわれるレース3は予選順位通りにグリッドに並ぶため、ポールポジションはピアストリ、佐藤は14番グリッドとなる。

 
Read Also:
順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 23 -        
2 Russian Federation ロバート シュバルツマン Italy プレマ 23 3.400 3.400 3.400    
3 Switzerland ラルフ ボシュング Spain カンポス 23 9.700 9.700 6.300    

シェア
コメント
F2アブダビ レース1:ピアストリが3位表彰台で王者に輝く。優勝ダルバラ、佐藤万璃音は19位
前の記事

F2アブダビ レース1:ピアストリが3位表彰台で王者に輝く。優勝ダルバラ、佐藤万璃音は19位

次の記事

F2アブダビ:新王者ピアストリがポール・トゥ・ウィンで有終の美。佐藤万璃音17位

F2アブダビ:新王者ピアストリがポール・トゥ・ウィンで有終の美。佐藤万璃音17位
コメントを読み込む