FEベルリン2:ダ・コスタ圧巻の連勝。ランキングのリードを68ポイントに広げる

シェア
コメント
FEベルリン2:ダ・コスタ圧巻の連勝。ランキングのリードを68ポイントに広げる
執筆:

DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、フォーミュラEの第7戦として行なわれたベルリンePrixの2レース目を勝利。前日のレースに続き連勝、マラケシュePrixからの連勝記録を3に延ばした。

 フォーミュラEの第7戦ベルリンePrixの2レース目が、テンペルホーフ空港跡地で行なわれ、DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが優勝した。2位には日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミが入った。

Read Also:

 ポールポジションからスタートしたのは、この前日に同地で行なわれたベルリンePrixの1レース目を勝利したダ・コスタ。そのダ・コスタは無難なスタートを決め、2番グリッドのブエミもポジションをキープした。4番グリッドのニック・デ・フリーズ(メルセデス)は絶好のスタートを決め、マヒンドラのアレックス・リンを抜いて3番手に浮上した。

 ダ・コスタは1周目の終わりまでにブエミに対して0.8秒の差をつけ、首位をキープ。そのブエミは9周目、首位との差を縮めようとアタックモードを起動させるが、マキシミリアン・ギュンター(BMW)のマシンからフロントウイングが脱落したことによってフルコースイエローが出されたため、好機を活かすことができなかった。

 その後、ヴァージンのサム・バードのマシンからもパーツが脱落……やはりフルコースイエローが出され、ブエミのアタックモードは終わってしまった。

 その後デ・フリーズがターン1でマシンを停めた際に、このレース3回目かつ最後のフルコースイエローが宣言された。

 ブエミは速度制限が課された際にブレーキをロックさせてしまう。これが影響し、首位ダ・コスタとの差は2.1秒まで広がってしまう。

 その後ダ・コスタは、アタックモードやファンブーストを巧みに使い、ブエミを寄せ付けずにトップチェッカー。ベルリン2連勝を果たすと共に、マラケシュePrixからの連勝を3に延ばした。

 2位にはブエミ、3位にはアウディのルーカス・ディ・グラッシが入った。

 メルセデスのストフェル・バンドーンは、13番手と後方からのスタートだったが、レース中に複数回のオーバーテイクを披露。ファステストラップも獲得するなど、5位フィニッシュを果たした。

 ダ・コスタのチームメイトであるジャン-エリック・ベルニュは、レース終盤にはリヤタイヤの摩耗に苦労。結局10位でレースを終えている。

 ダ・コスタは今回の勝利により、獲得ポイントを125とした。これでランキング2番手につけるバンドーンとの差を68ポイントに広げ、圧倒的な首位に立っている。バンドーン以下は大混戦。6番手ブエミまでが、50ポイント台にひしめいている。

 今季のフォーミュラEは残り4戦。いずれのレースもベルリンのテンペルホーフ空港跡地で行なわれる予定で、最終戦は8月13日に予定されている。

Read Also:

Race results:

ロッテラー、痛恨ミスで逆転優勝のチャンス逃すも好調を確信「残りの5レースもいけるはず!」

前の記事

ロッテラー、痛恨ミスで逆転優勝のチャンス逃すも好調を確信「残りの5レースもいけるはず!」

次の記事

FEベルリン・レース3:ギュンター、タイトル争いに望みを繋ぐ優勝

FEベルリン・レース3:ギュンター、タイトル争いに望みを繋ぐ優勝
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント Berlin E-Prix II
執筆者 Matt Kew