フォーミュラE・ベルリン6連戦が開始:レース1はダ・コスタ完勝。王座獲得に向け大きなリード築く

新型コロナウイルスの影響で中断されていたフォーミュラEがベルリン・テンペルホーフ空港でレースが再開。DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが完璧な勝利を飾った。

フォーミュラE・ベルリン6連戦が開始:レース1はダ・コスタ完勝。王座獲得に向け大きなリード築く
Listen to this article

 2019年11月に開幕したフォーミュラEの2019-2020シーズン。新型コロナウイルスの影響で5イベントを開催した時点で中断されていたが、8月5日からドイツ・ベルリンのテンペルホーフ空港でシーズン再開を迎えた。

 レースは予選から決勝レースを通じてDSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが完璧な展開を見せ、チャンピオンシップ争いのリードを広げた。

 予選ではフロントロウをDSテチータが独占。ダ・コスタがポールポジション、ジャン-エリック・ベルニュが2番手スタートだ。

 レースが始まると、DSテチータの両名が好スタート。一方で3番手スタートのアンドレ・ロッテラー(ポルシェ)はターン1にかけてセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)に対しディフェンスを余儀なくされ彼らを逃すことになり、1周目から2秒の差をつけられてしまった。

 9周目にはロビン・フラインス(ヴァージン)がマキシミリアン・ギュンター(BMW)をターン2でパスしようとした際、アウト側のウォールに衝突してしまい、セーフティカーが出動した。

 なおフラインスはサスペンションに負ったダメージにより、最終的にリタイアとなった。

 そしてリスタート後には、DSテチータの2台が再び抜け出していった。ロッテラーはなんとか彼らに食らいついていくが、アタックモードの起動ゾーンを通ることができなかった。

 ロッテラーはアタックモードを起動しようとラインを外したことで、先頭との差が広がってしまい、DSテチータの2台はワンツー体制を築いたように見えた。

 レースも終盤が近い残り15分、2番手でダ・コスタを追うベルニュは彼を追い抜くためにアタックモードを使用することを選択。しかしフェリペ・マッサ(ベンチュリ)がターン6でクラッシュを喫したことで発せられたフルコースイエロー(FCY)によって、そのチャンスは無駄になってしまった。

 レースが再開されると、ベルニュは急激にペースダウン。それによってダ・コスタが独走体制となり、ファステストラップも記録し、そのままトップチェッカーとなった。

 表彰台争いでは中盤にニック・デ・フリーズ(メルセデス)がポジションを2番手に上げていたが、ロッテラーとサム・バード(ヴァージン)が追撃。終盤にロッテラーがバードを追い抜いて2位となり、バードは3位に続いた。

 優勝したダ・コスタはボーナスポイントも加えて30ポイントを獲得。ランキング2番手のミッチ・エバンス(ジャガー)に対し41ポイント差と、リードを大きく広げた。

 なおフォーミュラEの今季の残る5レースも全てテンペルホーフ空港で行なわれる予定で、6日にはテンペルホーフ空港での2戦目が連戦で行なわれる。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Portugal アントニオ フェリックス・ダ・コスタ China テチータ 36 47'08.261     107.9 29
2 Germany アンドレ ロッテラー Germany ポルシェ・チーム 36 47'13.706 5.445 5.445 107.7 18
3 United Kingdom サム バード United Kingdom ヴァージン・レーシング 36 47'14.787 6.526 1.081 107.7 15
4 Netherlands ニック デ・フリーズ Germany メルセデス 36 47'15.172 6.911 0.385 107.7 12
5 Belgium ジェローム ダンブロジオ India マヒンドラ 36 47'21.473 13.212 6.301 107.4 10
6 Belgium ストフェル バンドーン Germany メルセデス 36 47'21.915 13.654 0.442 107.4 8
7 Switzerland セバスチャン ブエミ France DAMS 36 47'23.187 14.926 1.272 107.3 6
8 Germany マキシミリアン ギュンター United States アンドレッティ 36 47'24.434 16.173 1.247 107.3 4
9 Brazil ルーカス ディ・グラッシ Germany アウディ・スポーツABT 36 47'25.572 17.311 1.138 107.3 2
10 United Kingdom アレクサンダー シムス United States アンドレッティ 36 47'25.934 17.673 0.362 107.2 1

シェア
コメント

メルセデス、フォーミュラEも人種差別と戦う”ブラックアロー”カラーリングに変更

FEベルリン2:ダ・コスタ圧巻の連勝。ランキングのリードを68ポイントに広げる

最新ニュース

アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」

アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」

F1 F1

アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」 アルボン、メルセデスの元戦略担当ボウルズのウイリアムズ代表就任を歓迎「彼がいた場所に、僕らを連れていってくれる」

フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」

フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」

F1 F1

フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」 フォードの”旧相棒”コスワース、F1復帰は眼中にナシ。定期的に”相談”はあるけれど……「説得力のある提案はない」

F1での政治的発言締め付けに「ドライバーはみんな懸念している」とウイリアムズのアルボン。FIAとのオープンな対話求める

F1での政治的発言締め付けに「ドライバーはみんな懸念している」とウイリアムズのアルボン。FIAとのオープンな対話求める

F1 F1

F1での政治的発言締め付けに「ドライバーはみんな懸念している」とウイリアムズのアルボン。FIAとのオープンな対話求める F1での政治的発言締め付けに「ドライバーはみんな懸念している」とウイリアムズのアルボン。FIAとのオープンな対話求める

RNF、上り調子アプリリアへ転向で2023年に期待『大』……でもオリベイラは慎重派「今は落ち着かないと」

RNF、上り調子アプリリアへ転向で2023年に期待『大』……でもオリベイラは慎重派「今は落ち着かないと」

MGP MotoGP

RNF、上り調子アプリリアへ転向で2023年に期待『大』……でもオリベイラは慎重派「今は落ち着かないと」 RNF、上り調子アプリリアへ転向で2023年に期待『大』……でもオリベイラは慎重派「今は落ち着かないと」