フォーミュラEモナコePrix予選:ダ・コスタ、“F1レイアウト”のモナコでポール獲得。日産ローランドはタイム抹消6番手

2020-2021フォーミュラE第7戦モナコePrixの予選が行なわれた。予選を制しポールポジションを獲得したのは、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)だ。

フォーミュラEモナコePrix予選:ダ・コスタ、“F1レイアウト”のモナコでポール獲得。日産ローランドはタイム抹消6番手

 フォーミュラE第7戦モナコePrixの予選が行なわれ、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチータ)がポールポジションを獲得した。

 レイアウトが変更され、初めてF1と“ほぼ”同じ形のコースによる開催となったフォーミュラEモナコePrix。サーキット上空は好天に恵まれ、気温19度、路面温度37度で予選が開始された。

Read Also:

 予選ではグループ1のロビン・フラインス(ヴァージン)が1分31秒638のターゲットタイムを設定。これは後続のどのグループも超えることができなかった。

 グループ4ではアタック中の最終コーナーでセルジオ・セッテ・カマラ(ドラゴン・レーシング)がクラッシュ。これによってセバスチャン・ブエミ(日産e.ダムス)がアタックを完遂できずに終わってしまい、再アタックではタイムを伸ばせずスーパーポール進出はならなかった。

 最終的にスーパーポール進出を決めたのはフラインス、ミッチ・エバンス(ジャガー)、マキシミリアン・ギュンター(BMWアンドレッティ)、ダ・コスタ、ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)、オリバー・ローランド(日産e.ダムス)の6名だ。

 スーパーポールではローランドが最初にアタック。1分31秒547とグループ予選でのトップタイムをコンマ3秒超える好タイムをマークした。しかしローランドはピットレーン出口のシグナルが赤に変わったタイミングでコースインしてしまい、結果としてそのタイムは抹消。6番手となってしまった。

 ローランドはグループ4予選後からスーパーポールの間に時間的な余裕がなかったことがコースイン時間に間に合わなかった原因だと説明している。

 3番手にアタックしたダ・コスタは非常にペースが良く、1分31秒317をマーク。ポールポジションを獲得した。最後にアタックしたフラインスも好走を見せたが、0.012秒差と僅かに及ばず2番手となった。3番手にはエバンス、4番手にはベルニュという並びとなっている。

 昨年まで日本のスーパーフォーミュラに参戦していたニック・キャシディ(ヴァージン)はグループ予選3でスーパーポール進出圏内となる6番手に入っていたが、グループ4のギュンターが上位に入ってきたことで7番手に落ちてしまい、スーパーポール進出はならなかった。

 なおランキング首位のニック・デ・フリーズ(メルセデス)は23番手からのスタートとなっている。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Portugal アントニオ フェリックス・ダ・コスタ China テチータ 2 1'31.317     130.805
2 Netherlands ロビン フラインス United Kingdom ヴァージン・レーシング 2 1'31.329 0.012 0.012 130.788
3 New Zealand ミッチ エバンス United Kingdom ジャガー・レーシング 2 1'31.368 0.051 0.039 130.732
4 France ジャン-エリック ベルニュ China テチータ 2 1'31.376 0.059 0.008 130.721
5 Germany マキシミリアン ギュンター United States アンドレッティ 2 1'32.039 0.722 0.663 129.779
6 United Kingdom オリバー ローランド France DAMS 2        

シェア
コメント
フォーミュラE第7戦モナコePrix、今年はF1とほぼ同じコースレイアウトに。追加でさらなる変更も
前の記事

フォーミュラE第7戦モナコePrix、今年はF1とほぼ同じコースレイアウトに。追加でさらなる変更も

次の記事

フォーミュラEモナコePrix決勝:F1と同じコースで初開催。ダ・コスタ、魂のオーバーテイクで優勝

フォーミュラEモナコePrix決勝:F1と同じコースで初開催。ダ・コスタ、魂のオーバーテイクで優勝
コメントを読み込む