IMSAセブリング12時間:波乱&僅差のレースを5号車キャデラック制す。小林可夢偉組は7位

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間は、JDCマスタング・サンプリング・レーシングの5号車が優勝した。

IMSAセブリング12時間:波乱&僅差のレースを5号車キャデラック制す。小林可夢偉組は7位

 2021年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の第2戦セブリング12時間レースが、セブリング・インターナショナル・レースウェイで行なわれた。優勝したのはJDCマスタング・サンプリング・レーシング5号車(セバスチャン・ブルデー/ロイック・デュバル/トリスタン・ボーティエ)だっだ。

 1月に行なわれた開幕戦デイトナ24時間に次ぐ長距離レースであるこのセブリング12時間は、接触による順位変動などが相次ぐ波乱の展開となった。ポールポジションスタートのウェーレン・エンジニアリング31号車(マイク・コンウェイ/ピッポ・デラーニ/フェリペ・ナッセ)、一時トップを走行していたチップ・ガナッシ01号車(スコット・ディクソン/ケビン・マグヌッセン/レンガー・ヴァン・デル・ザンデ)はいずれも接触が原因で優勝戦線から脱落した。

 一方小林可夢偉の所属するアリー・キャデラック・レーシング48号車(ジミー・ジョンソン・シモン・パジェノー/小林)は、レース開始から15分も経たない序盤において、ジョンソンが最終コーナーでスピン。それを避けきれなかった他車と接触してしまった。幸運にも最終コーナーでの事故であったため、ジョンソンはすぐさまピットインしてノーズを交換し、周回遅れになることを回避できた。

 48号車はその後徐々に順位を挽回し、最終スティントは小林がドライブ。最終盤はDPiクラスの上位5台が数珠繋ぎとなる大接戦となったが、小林は5番手から3番手まで上がり、2番手を走るマツダ55号車(ジョナサン・ボマリート/オリバー・ジャービス/ハリー・ティンクネル)を最後まで追い詰めたが一歩及ばず。トップチェッカーは5号車が受け、その1.4秒差で55号車、0.2秒差で48号車が続いた。

 なお、LMP2クラスはエラ・モータースポーツ18号車、LMP3クラスはライリー・モータースポーツ74号車が優勝。GTLMクラスは2戦連続でシボレー勢のワンツーとなり、GTDクラスはメルセデス勢がワンツーを飾った。

※追記:3番手でフィニッシュしたアリー・キャデラック・レーシング48号車だったが、レース後にパジェノーの規定走行時間超過によるペナルティを受け、7位に後退した。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 France Tristan Vautier
France ロイック デュバル
France セバスチャン ブルデー
349 12:01'01.418      
2 United Kingdom オリバー ジャービス
United Kingdom Harry Tincknell
United States Jonathan Bomarito
349 12:01'02.853 1.435 1.435  
3 United States Jimmie Johnson
Japan 小林 可夢偉
France シモン パジェノー
349 12:01'03.059 1.641 0.206  

シェア
コメント
セーフティカーはもはや“時代遅れ”なのか? 海外記者が徹底考察

前の記事

セーフティカーはもはや“時代遅れ”なのか? 海外記者が徹底考察

次の記事

アウディがLMDhプロジェクトの詳細を発表。2023年デイトナ24時間でのデビュー目指す

アウディがLMDhプロジェクトの詳細を発表。2023年デイトナ24時間でのデビュー目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IMSA
イベント Sebring 12 Hours