F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
17 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
10 days

デイトナ24時間連覇を目指す小林可夢偉が語った、“刺激だらけ”の初陣

2020年のデイトナ24時間レース参戦が決まった小林可夢偉が、初参戦時に受けた印象や刺激、そして2連覇に向けての意気込みを語った。

小林可夢偉、2020年デイトナ24時間参戦を発表「簡単じゃないけど連覇を目指す」

小林可夢偉が2020年もデイトナ24時間レースに参戦することが発表された。

ポルシェ、WEC&IMSA用”新型911RSR”をグッドウッドで公開

ポルシェは、来シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)のLM-GTE Proクラスおよび2020年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に投入する新型911RSRを、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表した。

マツダIMSAで初勝利。FCYでリードを失うも、アキュラを打倒

マツダ・チーム・ヨーストの55号車が、ワトキンスグレン6時間レースで優勝。IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権での初勝利を記録した。

フォードのワークス活動終了にもめげず。チップ・ガナッシ「参戦は続ける」

チップ・ガナッシは、フォードがIMSAやWECにおけるワークス活動を終了しても、スポーツカープログラムを継続するつもりだと語った。

鉄人ハートレー、耐久レースをダブルヘッダー……そしてダブル表彰台の離れ業

昨年、トロロッソのドライバーとしてF1に参戦していたブレンドン・ハートレーは、WECのセブリング1000マイルとIMSAのセブリング12時間レースを同じ週に戦うという、超強硬スケジュールを敢行。いずれのレースでも表彰台獲得に貢献した。

ハートレー、セブリングでキャデラックをドライブ。WECとIMSAダブル参戦へ

ブレンドン・ハートレーはキャデラック5号車のメンバーとして、セブリング12時間レースに参戦することが発表された。

BMW、1シーズンでWECから撤退も? IMSAのDPiクラスに興味か

2018年にM8 GTEをWECに投入したBMWだが、スーパーシーズンを終えるまで将来に関する決定を保留するようだ。

クリスチャン・フィッティパルディ、レースキャリアに幕「レースは難しい」

元F1ドライバーで、先日行われたデイトナ24時間を最後にレーシングドライバーのキャリアに終止符を打ったクリスチャン・フィッティパルディが、その引退会見で涙を流した。

赤旗で無念の終戦。ナッセ「もっとアロンソと戦いたかった……」

フェリペ・ナッセは、デイトナ24時間でのフェルナンド・アロンソとのバトルが赤旗で短縮されたことを残念に思っている。

もっと早くレースを止めるべき……酷すぎる天候に、勝利を諦めていたアロンソ

デイトナ24時間で勝利を収めたフェルナンド・アロンソは、あまりにも酷い天候だったため、2番手を走っていた際に”レースを止めるべきだ”と考えていたと認めた。

大荒れデイトナに、ロジャー・ペンスキーも「こんなレース見たことがない!」

伝説的なチームオーナーであるロジャー・ペンスキーは、今年のデイトナ24時間レースは”見たこともない”レースだったと話した。

耐久レース”3連勝”。小林可夢偉、セブリングでは”ライバル”アロンソと戦う

デイトナ24時間レースで優勝した小林可夢偉が、その喜び、そして今後再開するWEC残り3戦への意気込みを語った。

ドライだったら”確実に”勝てていた……アキュラ7号車のロッシ、強雨に泣く

アレクサンダー・ロッシは、ドライコンディションだったらアキュラ・チームペンスキーがデイトナ24時間レースを制していたはずだと語った。

デイトナ優勝のアロンソ、WTRの〝完璧な仕事〟に感謝

アロンソは2018年のル・マン24時間レースに続いてデイトナ24時間レースでも勝利を収めた。そして所属チームであるウェイン・テイラー・レーシングは〝素晴らしい経験〟をさせてくれたと語った。

アロンソ&可夢偉参加のキャデラック10号車デイトナ制覇。悪天候で赤旗終了

悪天候により大波乱の展開となったデイトナ24時間レースは、ウェイン・テイラー・レーシングの10号車が総合優勝となった。

デイトナ24時間:アロンソ、雨中の激走でトップ。天候悪化で赤旗中断

デイトナ24時間レースは、フェルナンド・アロンソが素晴らしい走りを見せた10号車がトップ。レース残り7時間のところで、赤旗中断となっている。

ジャービス、まさかのトラブルに落胆「準備は完璧だったのに……」

オリバー・ジャービスは、デイトナ24時間レースでマツダRT24-Pの2台が相次いでトラブルに見舞われたことにショックを受けている。

デイトナ12時間経過:マツダの2台に悪夢。小林&アロンソの10号車は2番手

デイトナ24時間レースは12時間を経過し、アキュラ・チームペンスキーの7号車がトップに立っている。

デイトナ24時間:マツダの77号車PP。アロンソ&可夢偉のキャデラック6番手

デイトナ24時間レースの予選が行われ、マツダチーム・ヨーストの77号車がポールポジションを獲得した。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。