F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
イベント 進行中 . . .
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
26 days
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
13 days

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
117 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ポルシェのLMDh参入はある? ロッテラー&ジャニ「大いに期待」

ポルシェのドライバーであるアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、WECとIMSAに共通規格”LMDh”が導入されるにあたり、ポルシェがスポーツカーレースの最高峰クラスに復帰することを期待している。

コルベット、ル・マン24時間のエントリー取り下げ。20年続いた参戦途切れる

コルベット・レーシングは、2台体制で戦う予定だったル・マン24時間レースのエントリーを取り下げた。

WECで2021年導入予定のLMH規定が一部修正。LMDhとの性能均衡化が目的

2021年の世界耐久選手権(WEC)に導入されるLMH規定は、その1年後に施行されるLMDh規定に合わせて修正が行なわれた。

マクラーレンCEO、新規導入予定のLMDh規定を「非常に魅力的」と高評価

マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンはWECとIMSAで新たに導入されるLMDh規定を非常に魅力的だと評価している。

LMDh規則がついに明らかに?「2週間以内に発表する」とル・マン主催団体会長

フランス西部自動車クラブ(ACO)のピエール・フィヨン会長は、2022年からスポーツカー競技のトップクラスのひとつとなるLMDhのレギュレーションは、今後2週間以内に発表されるだろうと語った。

“耐久の王者”ポルシェ、LMDhクラスへの参入を真剣に検討へ

ポルシェはスポーツカーレースのトップカテゴリーに復帰することを視野に入れ、LMDhプロトタイプカテゴリーへのエントリーを正式に検討するようだ。

インディカーのロングビーチ戦、今年中の延期開催を断念「解決策なし」

インディカーのロングビーチ戦を主催するグランプリ・アソシエイション・オブ・ロングビーチは、新型コロナウイルス感染拡大の影響でレースが延期されたが、代替日程を確保するのは不可能であることを認めた。

スーパーセブリング開催中止で、LMDhレギュレーション発表も”少し”遅れる?

新しいプロトタイプカテゴリーであるLMDhクラスのレギュレーション発表は、予定よりも少し遅れることになりそうだ。

WECセブリング1000マイル、中止が決定。米国のコロナ対策入国制限に起因

FIA世界耐久選手権は、アメリカ合衆国によるヨーロッパからの入国停止措置を受け、3月20日に予定されていたセブリング1000マイルレースの中止を決定した。

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

FIAは、WECにおいてLMDhプロトタイプ車両とLMハイパーカーが同レベルのパフォーマンスレベルにすることを目指しているという。

トヨタ、LMDhクラス車両の開発は検討せず「我々のニーズに合っていない」

WECのLMHクラスに参戦する予定のトヨタは、LMDh規定の車両に切り替える可能性を否定した。

ナッセ&セッテ・カマラがカーリンからインディカー初挑戦。シートをシェア

2020年のインディカーシリーズでは、フェリペ・ナッセとセルジオ・セッテ・カマラがカーリンのマシンをシェアする。

フェラーリ、LMDhは”理想的”?「シャシーとエンジンの独自化が可能なら……」

フェラーリは、1月に発表された新しいプロトタイプカテゴリー”LMDh”クラスについて、エントリーを検討しているようだ。

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

マツダは、IMSAとWECが発表したLMDhクラスの導入が、ル・マン24時間レース復帰の”素晴らしい機会”になりうると考えている。

小林可夢偉、デイトナ連覇に大きく貢献。”奇妙な”セットアップ変更が実を結ぶ

デイトナ24時間レースを連覇したウェイン・テイラー・レーシング。ドライバーのひとりである小林可夢偉が、レースペースの向上に大きく貢献していたようだ。

デイトナ24時間:小林可夢偉が連覇! WTRのキャデラックが優勝

ライアン・ブリスコー、レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ、スコット・ディクソン、小林可夢偉が走らせた10号車ウェイン・テイラー・レーシングのキャデラックDPi-V.Rが、2020年のデイトナ24時間レースを制した。

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

IMSAとWECが導入を発表したLMDhクラスは、両シリーズのルール共通化に向けた最初のステップとなる。

デイトナ連覇のWTR、来年のル・マン24時間挑戦に弾み?

デイトナ24時間を制した10号車ウェイン・テイラー・レーシングのオーナーであるウェイン・テイラーは、将来的にル・マン24時間レースに挑むに値することを証明できたと語る。

WECとIMSAの団結で”夢の扉”が開かれた……ペンスキー、ル・マン復帰も?

ロジャー・ペンスキーは、WECとIMSAの合意によりLMDhクラス導入が発表されたことにより、ル・マン24時間レースに復帰する可能性があると話した。

IMSAとWECがプロトタイプカーの新カテゴリー、LMDh導入を発表

ACO会長のピエール・フィヨンとIMSA会長のジム・フランスが、FIA世界耐久選手権とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の両シリーズに、共通する新たなプロトタイプカテゴリー”LMDh”を導入することを発表した。

デイトナ24時間予選:マツダ77号車2年連続PP! 可夢偉のキャデラック5番手

2020年のデイトナ24時間レースの予選が行なわれ、マツダ・チーム・ヨーストの77号車がポールポジションを獲得した。

WRCモンテカルロとデイトナ24時間がいよいよ開幕へ。配信情報をチェック

世界ラリー選手権(WRC)開幕戦となるラリー・モンテカルロ、そしてIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースの開催が迫っている。

スーパーフォーミュラを戦ったハリソン・ニューウェイ、デイトナ24時間参戦へ

ハリソン・ニューウェイは、2020年1月に行なわれるロレックス・デイトナ24時間レースにドラゴンスピードから参戦する。

マクラーレン、WECに興味も”ハイパーカー”は手が出ず。IMSAとの連携を期待

マクラーレンは、IMSAを戦うDPiクラスの車両で参戦できるようにならない限り、2020年からWECで始まるLMHクラスに参戦するつもりはないようだ。