フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
32 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

imsa News and Analysis

グリッド
リスト

ポルシェとペンスキーがタッグ! LMDhマシンでWECとIMSAにファクトリー体制で参戦

ポルシェは、LMDhカテゴリーでのファクトリー・プログラムのパートナーとして、チーム・ペンスキーと提携。2023年からIMSAとWECにそれぞれ2台体制で参戦すると発表した。

アウディがLMDhプロジェクトの詳細を発表。2023年デイトナ24時間でのデビュー目指す

アウディは、LMDhのプロトタイプマシンで2023年から耐久レースの最高峰に参戦することを目指しており、これらの車両はカスタマーチームにも提供可能であることが明らかとなった。

IMSAセブリング12時間:波乱&僅差のレースを5号車キャデラック制す。小林可夢偉組は7位

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間は、JDCマスタング・サンプリング・レーシングの5号車が優勝した。

セーフティカーはもはや“時代遅れ”なのか? 海外記者が徹底考察

セーフティカーはF1に留まらず、WEC、スーパーGTなど、現在は様々なカテゴリーで導入されている。セーフティカーの是非、バーチャルセーフティカーなどの先進的システムが持つ可能性について、海外記者はどう考えているのだろうか?

マツダ、2021年シーズン限りでIMSAからの撤退を発表。プロトタイプカーのレース活動も終了へ

マツダ・モータースポーツは、今シーズンがIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のDPiクラスに参戦する最後のシーズンになると発表した。

デイトナ24時間でコロナ感染発覚のガルシア「キャリア最高で、最もがっかりした1日」

デイトナ24時間レースの決勝中に新型コロナウイルス陽性が発覚し、以後ドライブできなかったアントニオ・ガルシアは、「キャリア最高で、最もがっかりした1日だった」と語った。

マツダRT24-P、デイトナ24時間で奇跡の3位入賞【プレスリリース】

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦デイトナ24時間レースが1月30日〜31日にかけて実施され、55号車マツダRT24-Pが3位に入賞。その公式レースリポートをお届けする。

デイトナ24時間GTLM勝者ガルシア、レース中に新型コロナ陽性が発覚。大半をドライブせず

コルベット・レーシングの一員として2021年のデイトナ24時間を制したアントニオ・ガルシアは、決勝レース中に新型コロナウイルス陽性であることが発覚。レースの大半を走ることができなかった。

デイトナ24時間:ウェイン・テイラー・レーシング3連覇! 小林可夢偉組は4.7秒差2位

2021年のデイトナ24時間レースが行なわれ、アキュラARX-05を走らせたウェイン・テイラー・レーシングが優勝を果たした。

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

アルファロメオF1のテスト兼リザーブドライバーであるロバート・クビサは、2021年の活動においてDTM残留はせずLMP2クラスでの耐久レースフル参戦を目指しているようだ。

アキュラ、IMSAへの参戦継続を発表。”LMDh時代”に突入する2023年まで

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦するアキュラは、2023年まで同シリーズへの参戦を継続すると発表した。

”耐久の王者”が動き出した! ポルシェ、LMDh車両の開発を発表。2023年からWEC、IMSAに参戦へ

ポルシェはLMDh車両を開発し、2023年からWECとIMSAへの参戦をスタートすることを発表した。

小林可夢偉、来季デイトナ参戦に前向きもウェイン・テイラーからの参戦は「ほぼ0%」

小林可夢偉は、2021年もデイトナ24時間レースに出場することに前向きであるが、共に2連覇を達成したウェイン・テイラー・レーシングがアキュラにスイッチした関係で、同チームから出走する可能性はほとんどないだろうと語った。

コルベット、ル・マン24時間のエントリー取り下げ。20年続いた参戦途切れる

コルベット・レーシングは、2台体制で戦う予定だったル・マン24時間レースのエントリーを取り下げた。

WECで2021年導入予定のLMH規定が一部修正。LMDhとの性能均衡化が目的

2021年の世界耐久選手権(WEC)に導入されるLMH規定は、その1年後に施行されるLMDh規定に合わせて修正が行なわれた。

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

FIAは、WECにおいてLMDhプロトタイプ車両とLMハイパーカーが同レベルのパフォーマンスレベルにすることを目指しているという。

トヨタ、LMDhクラス車両の開発は検討せず「我々のニーズに合っていない」

WECのLMHクラスに参戦する予定のトヨタは、LMDh規定の車両に切り替える可能性を否定した。

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

マツダは、IMSAとWECが発表したLMDhクラスの導入が、ル・マン24時間レース復帰の”素晴らしい機会”になりうると考えている。

小林可夢偉、デイトナ連覇に大きく貢献。”奇妙な”セットアップ変更が実を結ぶ

デイトナ24時間レースを連覇したウェイン・テイラー・レーシング。ドライバーのひとりである小林可夢偉が、レースペースの向上に大きく貢献していたようだ。

デイトナ24時間:小林可夢偉が連覇! WTRのキャデラックが優勝

ライアン・ブリスコー、レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ、スコット・ディクソン、小林可夢偉が走らせた10号車ウェイン・テイラー・レーシングのキャデラックDPi-V.Rが、2020年のデイトナ24時間レースを制した。

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

IMSAとWECが導入を発表したLMDhクラスは、両シリーズのルール共通化に向けた最初のステップとなる。

IMSAとWECがプロトタイプカーの新カテゴリー、LMDh導入を発表

ACO会長のピエール・フィヨンとIMSA会長のジム・フランスが、FIA世界耐久選手権とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の両シリーズに、共通する新たなプロトタイプカテゴリー”LMDh”を導入することを発表した。

デイトナ24時間予選:マツダ77号車2年連続PP! 可夢偉のキャデラック5番手

2020年のデイトナ24時間レースの予選が行なわれ、マツダ・チーム・ヨーストの77号車がポールポジションを獲得した。

WRCモンテカルロとデイトナ24時間がいよいよ開幕へ。配信情報をチェック

世界ラリー選手権(WRC)開幕戦となるラリー・モンテカルロ、そしてIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースの開催が迫っている。

マコヴィッキィ、ポルシェからIMSA参戦。スーパーGTとの並行参戦は厳しいか?

フレデリック・マコヴィッキィは、ポルシェのファクトリーチームから2020年のIMSAにフル参戦する。

ポルシェ、WEC&IMSA用”新型911RSR”をグッドウッドで公開

ポルシェは、来シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)のLM-GTE Proクラスおよび2020年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に投入する新型911RSRを、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで発表した。

これが鬼才の仕事。エイドリアン・ニューウェイ作のベスト10マシン

レイトンハウス、ウイリアムズ、マクラーレン、レッドブル……天才デザイナー、エイドリアン・ニューウェイが世に送り出したF1マシンのうち、トップ10台をピックアップ。

デイトナ24h予選:キャデラックDPiがPP獲得。アロンソは13番手

デイトナ24時間レースの予選が行われ、キャデラックDPiの10号車がポールポジションを獲得。アロンソは13番手だった。

【IMSA】ロングビーチ:間一髪クラッシュ回避でレクサス6位入賞

IMSAシリーズ第3戦ロングビーチに参戦した2台のLEXUS RC F GT3のうち、14号車がクラス6位でチェッカーを受けた。

【セブリング12時間】キャデラック表彰台独占。レクサスGT3は完走

ウェイン・テイラー・レーシングのキャデラックがセブリング12時間を制した。キャデラックは表彰台を独占。レクサスRC F GT3は完走を果たした。

【デイトナ24h】レクサスRC F GT3初戦「BOPの設定が苦しかった」

デイトナ24時間を戦ったレクサスRC F GT3。その開発の指揮を執ったTRDの木下美明氏に、その初レースについて訊いた。

【IMSA】デイトナ24h予選:キャデラック2台がフロントロウ獲得

デイトナ24hの予選は、キャデラックがポールポジションと2番手を獲得し、レベリオンがそれに続いた。