フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
69 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

imsa News and Analysis

グリッド
リスト

ランボルギーニ、2024年からWECとIMSAに参戦! LMDh車両を開発する7番目のメーカーに

ランボルギーニは、新たにLMDh車両を開発し、2024年からWECとIMSAに参戦することを発表した。

ポルシェ、LMDh車両デビューの2023年から「最大4台をカスタマーチームに供給可能」と明かす

ポルシェは2023年、WECおよびIMSAにおいて、4台のLMDh車両をカスタマーチームに供給することができると明かした。

ランボルギーニ、LMDh参入を”数週間以内”に判断か。7番目のLMDhメーカーに?

ランボルギーニは、WECおよびIMSAに参戦できるLMDh車両を開発するかどうか、数週間以内に判断を下そうとしているようだ。

カストロネベスの挑戦は続く! 次の目標はル・マン24時間「年齢が問題だとは思っていない」

デイトナ24時間レースを2連覇したエリオ・カストロネベスは、いつかメイヤー・シャンク・レーシングからル・マン24時間レースに挑戦したいという思いを強くしている。

衰えを知らないエリオ・カストロネベス、46歳でデイトナ2連覇「情熱があるなら、ひたすら突き進むのみだ!」

デイトナ24時間レースで2連覇を達成したエリオ・カストロネベス。その喜びを興奮気味に語った。

デイトナ24時間:メイヤー・シャンク優勝でカストロネベス連覇達成。小林可夢偉の48号車は総合11位

2022年のデイトナ24時間レースが行なわれ、メイヤー・シャンク・レーシングのアキュラ60号車がトップでチェッカーを受けた。

ル・マンとデイトナ、互いの名称をシケインに命名。IMSAとACOのパートナーシップ強化の一環

デイトナのロードコースにあるバスストップ・シケインが「ル・マン・シケイン」に、サルト・サーキットのミュルサンヌ・ストレート第1シケインは「デイトナ・シケイン」に改名された。

ポルシェ&アウディ、LMDh車両のエンジンに”市販車由来”の大排気量V8ツインターボ搭載

2023年のWECおよびIMSA参戦に向けてLMDh車両を開発しているポルシェとアウディは、マシンのエンジンの仕様をV8ツインターボに決定した。

ポコノでの大事故から3年……ウィケンスがレース復帰! 特別仕様のヒュンダイをドライブ

インディカーで大事故に見舞われてから約3年、リハビリを続けてきたロバート・ウィケンスが、IMSAのミシュラン・パイロット・チャレンジでレース活動に復帰することになった。

ポルシェのLMDhマシンが初走行! 2023年のデビューに向けて本格的な開発がスタート
ビデオ・インサイド

ポルシェのLMDhマシンが初走行! 2023年のデビューに向けて本格的な開発がスタート

2023年にWECとIMSAに参戦する予定となっている、ポルシェのLMDh車両がテストコースで初走行した。

元F1ドライバーのフェリペ・ナッセ、ポルシェと契約。LMDh車両の開発に注力

ポルシェは、2022年のモータースポーツプログラムを発表。フェリペ・ナッセとデイン・キャメロンがLMDh車両開発に集中的に取り組むという。

アキュラ、2023年導入のLMDh車両『ARX-06』はオレカをパートナーに開発進める

アキュラが2023年に導入する新型LMDhプロトタイプは、フランスのコンストラクターであるオレカと共同で開発が進められているようだ。

開発中のポルシェLMDh車両、2021年中にシェイクダウン実施へ「日程はタイトだが順調」

ポルシェは、2023年に向けて開発している新型LMDhプロトタイプマシンが、予定通り今年中にシェイクダウンを行なうことを明かした。

2023年に向けLMDh車両を開発中のBMW、ダラーラをシャシーパートナーに決定

BMWは、2023年からのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権参戦に向けて、必要となるLMDh車両の開発をダラーラと共に行なうことを明らかにした。

LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」

アクション・エクスプレス・レーシング(AXR)のチームディレクター、ゲイリー・ネルソンは、キャデラックLMDhプロトタイプをル・マン24時間レースで走らせるチャンスを歓迎すると語った。

キャデラックがLMDh参入決定! 2023年からIMSAとル・マン24時間レースに参戦へ

キャデラックは、2023年からダラーラのシャシーを使用したLMDhマシンを開発し、WECとIMSAに参戦することを発表した。

ランボルギーニも2024年にLMDh参入を検討。「VWグループのプラットフォームを利用するのが最適」

ランボルギーニは、フォルクスワーゲングループの姉妹ブランドであるポルシェやアウディと同じシャシーとエンジンのパッケージで、LMDhプロトタイプに参入することを目指しているようだ。

WECハイパーカー、2023年から北米IMSAへの参戦が可能に!「プロトタイプカーレースに革命をもたらす」

WECのトップクラスを戦うLMH規定のマシンは、2023年からIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権でLMDhマシンと戦うことができるようになるようだ。

ポルシェと組んでWEC&IMSA挑戦のペンスキー、インディカードライバーの起用も選択肢に

ロジャー・ペンスキーは、ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツのLMDhカーが2023年にIMSAとWECに参戦する際に、現在のインディカー・ドライバーたちが耐久レースのラインナップに加わることを望んでいるという。

ケビン・マグヌッセン、IMSA第4戦で“8年ぶり”勝利! 「特別な気分だ」と噛みしめる

2021年にF1からIMSAへと戦いの場を移したケビン・マグヌッセン。彼はIMSA第4戦デトロイトで8年ぶりの“勝利”を手にしたが、その感覚に感動している様子だ。

LMDh参入のBMW、2023年からIMSAに2台体制でワークス参戦。WEC参戦やル・マン復帰には言及せず

BMWは新たにLMDh車両を開発し、2023年からIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権にファクトリーチーム2台体制で参戦することを認めた。

BMWがスポーツカーレース最高峰に復帰! LMDhマシンで2023年のデイトナ24時間レース参戦

BMWは2023年に新設されるLMDhプロトタイプマシンカテゴリーに参入し、スポーツカーレースの最高峰に復帰することを発表した。

ポルシェ&アウディ、LMDhマシン開発でマルチマチックと提携

2023年にル・マン24時間レースを含むスポーツカーレース最高峰クラスに復帰するポルシェとアウディは、LMDh規定のマシンを開発する上で、マルチマチックと提携することを発表した。

ポルシェとペンスキーがタッグ! LMDhマシンでWECとIMSAにファクトリー体制で参戦

ポルシェは、LMDhカテゴリーでのファクトリー・プログラムのパートナーとして、チーム・ペンスキーと提携。2023年からIMSAとWECにそれぞれ2台体制で参戦すると発表した。

アウディがLMDhプロジェクトの詳細を発表。2023年デイトナ24時間でのデビュー目指す

アウディは、LMDhのプロトタイプマシンで2023年から耐久レースの最高峰に参戦することを目指しており、これらの車両はカスタマーチームにも提供可能であることが明らかとなった。

IMSAセブリング12時間:波乱&僅差のレースを5号車キャデラック制す。小林可夢偉組は7位

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間は、JDCマスタング・サンプリング・レーシングの5号車が優勝した。

セーフティカーはもはや“時代遅れ”なのか? 海外記者が徹底考察

セーフティカーはF1に留まらず、WEC、スーパーGTなど、現在は様々なカテゴリーで導入されている。セーフティカーの是非、バーチャルセーフティカーなどの先進的システムが持つ可能性について、海外記者はどう考えているのだろうか?

マツダ、2021年シーズン限りでIMSAからの撤退を発表。プロトタイプカーのレース活動も終了へ

マツダ・モータースポーツは、今シーズンがIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のDPiクラスに参戦する最後のシーズンになると発表した。

デイトナ24時間でコロナ感染発覚のガルシア「キャリア最高で、最もがっかりした1日」

デイトナ24時間レースの決勝中に新型コロナウイルス陽性が発覚し、以後ドライブできなかったアントニオ・ガルシアは、「キャリア最高で、最もがっかりした1日だった」と語った。

マツダRT24-P、デイトナ24時間で奇跡の3位入賞【プレスリリース】

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権開幕戦デイトナ24時間レースが1月30日〜31日にかけて実施され、55号車マツダRT24-Pが3位に入賞。その公式レースリポートをお届けする。

デイトナ24時間GTLM勝者ガルシア、レース中に新型コロナ陽性が発覚。大半をドライブせず

コルベット・レーシングの一員として2021年のデイトナ24時間を制したアントニオ・ガルシアは、決勝レース中に新型コロナウイルス陽性であることが発覚。レースの大半を走ることができなかった。

デイトナ24時間:ウェイン・テイラー・レーシング3連覇! 小林可夢偉組は4.7秒差2位

2021年のデイトナ24時間レースが行なわれ、アキュラARX-05を走らせたウェイン・テイラー・レーシングが優勝を果たした。

クビサ、GT3化のDTM残留は否定。将来的に耐久レースフル参戦を目指す

アルファロメオF1のテスト兼リザーブドライバーであるロバート・クビサは、2021年の活動においてDTM残留はせずLMP2クラスでの耐久レースフル参戦を目指しているようだ。

アキュラ、IMSAへの参戦継続を発表。”LMDh時代”に突入する2023年まで

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦するアキュラは、2023年まで同シリーズへの参戦を継続すると発表した。

BMW、IMSAの参戦プログラムを縮小。耐久ラウンドの4レースのみに参戦へ

BMWはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の参戦プログラムを縮小し、耐久ラウンドの4レースのみに参戦することを発表した。

ロバート・クビサ、デイトナ24時間参戦が決定。チームメイトはハプスブルクら

元F1ドライバーのロバート・クビサが、ハイクラス・レーシングの一員として、今月行なわれる予定のデイトナ24時間レースに参戦することになった。

小林可夢偉、デイトナ24時間3連覇に自信「オファーをもらった時、チャンスだと思った」

小林可夢偉は、3連覇を目指してアクション・エクスプレス・レーシングから参戦する2021年のデイトナ24時間レースに自信があると語った。

”耐久の王者”が動き出した! ポルシェ、LMDh車両の開発を発表。2023年からWEC、IMSAに参戦へ

ポルシェはLMDh車両を開発し、2023年からWECとIMSAへの参戦をスタートすることを発表した。

小林可夢偉、アクション・エクスプレス・レーシングからデイトナ24時間参戦。強力布陣で3連覇を目指す

小林可夢偉は、IMSA開幕戦デイトナ24時間レースにアクション・エクスプレス・レーシングから参戦。ジミー・ジョンソンなど強力なチームメイトと共に、同レース3連勝を狙う。

マグヌッセンのIMSA挑戦が決定。チップ・ガナッシが来季ドライバーラインアップを発表

チップ・ガナッシ・レーシングは、来季のIMSA DPiクラスのドライバーラインアップを発表。ケビン・マグヌッセンのIMSA挑戦が決まった。

マグヌッセン、来季はスポーツカーレースに転向か。チップ・ガナッシからIMSA参戦が濃厚

ハースのケビン・マグヌッセンは2021年にスポーツカーレースに転向し、チップ・ガナッシからIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦するようだ。

IMSAセブリング:マツダ55号車が最終戦を勝利で飾る。タイトルはアキュラ7号車が獲得

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最終戦が行なわれ、マツダ55号車が優勝。チャンピオンはアキュラ7号車が獲得した。

小林可夢偉、来季デイトナ参戦に前向きもウェイン・テイラーからの参戦は「ほぼ0%」

小林可夢偉は、2021年もデイトナ24時間レースに出場することに前向きであるが、共に2連覇を達成したウェイン・テイラー・レーシングがアキュラにスイッチした関係で、同チームから出走する可能性はほとんどないだろうと語った。

アキュラ、LMDh規定のIMSA参戦に前向き。ホンダとしてル・マンを戦う可能性も?

アキュラは、IMSAにLMDh規定が導入される2023年以降も、シリーズに継続して参戦することを前向きに検討しているようだ。

ポルシェ、2020年限りでIMSA撤退。タンディ「キャリア最悪の出来事」

ポルシェは、2020年限りでIMSAでのファクトリー参戦を終了すると発表。ニック・タンディは、キャリア最悪のニュースだったと語った。

ポルシェのLMDh参入はある? ロッテラー&ジャニ「大いに期待」

ポルシェのドライバーであるアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、WECとIMSAに共通規格”LMDh”が導入されるにあたり、ポルシェがスポーツカーレースの最高峰クラスに復帰することを期待している。

コルベット、ル・マン24時間のエントリー取り下げ。20年続いた参戦途切れる

コルベット・レーシングは、2台体制で戦う予定だったル・マン24時間レースのエントリーを取り下げた。

WECで2021年導入予定のLMH規定が一部修正。LMDhとの性能均衡化が目的

2021年の世界耐久選手権(WEC)に導入されるLMH規定は、その1年後に施行されるLMDh規定に合わせて修正が行なわれた。

“耐久の王者”ポルシェ、LMDhクラスへの参入を真剣に検討へ

ポルシェはスポーツカーレースのトップカテゴリーに復帰することを視野に入れ、LMDhプロトタイプカテゴリーへのエントリーを正式に検討するようだ。

LMDhクラスとLMハイパーカー、同レベルのパフォーマンスに調整へ

FIAは、WECにおいてLMDhプロトタイプ車両とLMハイパーカーが同レベルのパフォーマンスレベルにすることを目指しているという。

トヨタ、LMDhクラス車両の開発は検討せず「我々のニーズに合っていない」

WECのLMHクラスに参戦する予定のトヨタは、LMDh規定の車両に切り替える可能性を否定した。

フェラーリ、LMDhは”理想的”?「シャシーとエンジンの独自化が可能なら……」

フェラーリは、1月に発表された新しいプロトタイプカテゴリー”LMDh”クラスについて、エントリーを検討しているようだ。

マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

マツダは、IMSAとWECが発表したLMDhクラスの導入が、ル・マン24時間レース復帰の”素晴らしい機会”になりうると考えている。

小林可夢偉、デイトナ連覇に大きく貢献。”奇妙な”セットアップ変更が実を結ぶ

デイトナ24時間レースを連覇したウェイン・テイラー・レーシング。ドライバーのひとりである小林可夢偉が、レースペースの向上に大きく貢献していたようだ。

デイトナ24時間:小林可夢偉が連覇! WTRのキャデラックが優勝

ライアン・ブリスコー、レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ、スコット・ディクソン、小林可夢偉が走らせた10号車ウェイン・テイラー・レーシングのキャデラックDPi-V.Rが、2020年のデイトナ24時間レースを制した。

LMDhクラスの導入は、WECとIMSA”ルール共通化”への第一歩に

IMSAとWECが導入を発表したLMDhクラスは、両シリーズのルール共通化に向けた最初のステップとなる。

IMSAとWECがプロトタイプカーの新カテゴリー、LMDh導入を発表

ACO会長のピエール・フィヨンとIMSA会長のジム・フランスが、FIA世界耐久選手権とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の両シリーズに、共通する新たなプロトタイプカテゴリー”LMDh”を導入することを発表した。

デイトナ24時間予選:マツダ77号車2年連続PP! 可夢偉のキャデラック5番手

2020年のデイトナ24時間レースの予選が行なわれ、マツダ・チーム・ヨーストの77号車がポールポジションを獲得した。

WRCモンテカルロとデイトナ24時間がいよいよ開幕へ。配信情報をチェック

世界ラリー選手権(WRC)開幕戦となるラリー・モンテカルロ、そしてIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースの開催が迫っている。

マコヴィッキィ、ポルシェからIMSA参戦。スーパーGTとの並行参戦は厳しいか?

フレデリック・マコヴィッキィは、ポルシェのファクトリーチームから2020年のIMSAにフル参戦する。