F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

鈴鹿8耐金曜FP:トップタイムはレッドブル・ホンダ。予選は天候がカギに?

シェア
コメント
鈴鹿8耐金曜FP:トップタイムはレッドブル・ホンダ。予選は天候がカギに?
執筆:
2019/07/26 2:31

鈴鹿8時間耐久ロードレースの金曜日フリー走行が行われ、#33 Red Bull Hondaがトップタイムをマークした。

 三重県・鈴鹿サーキットで第42回鈴鹿8時間耐久ロードレースのフリー走行が行われ、#33 Red Bull Hondaがトップタイムをマークした。

 今年の鈴鹿8耐は当初こそ晴れの予報となっていたが、太平洋上で台風が発生し、週末は降雨も予想される状況となった。ただ金曜日のフリー走行開始時点では快晴の青空が広がっていた。

 セッション序盤、#33 Red Bull Hondaの高橋巧が2分6秒090と一気にタイムを上げてトップに浮上。その後、開始から28分を経過したところで#17 MobiusGreen YAOKAWASAKIがスプーンカーブでクラッシュ。バリアへマシンが突き刺さり、そのバリアの修正のために赤旗が掲示されてセッションは中断となった。その後9時13分にセッションは再開された。

 各チームはライダーチェンジを行いつつ走行を続けると、#10 Kawasaki Racing Teamのレオン・ハスラムが2分6秒900をマークし2番手につけた。

 金曜フリー走行は転倒する場面が目立った。#41 IWATA RACING FAMILYが逆バンクで転倒し、さらに#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMのアレックス・ロウズもシケインで転倒を喫してしまった。ロウズは転倒後に手首を気にする仕草を見せており、マシンに跨ってピットへ戻ったものの予選に向けては心配なところだ。

 セッション開始から50分が経過した頃、#57 FUN FACTORY@CS STANCEがデグナーカーブで転倒。さらにダンロップコーナーでも#78 Honda Blue Helmets MSC Kumamoto & Askaが転倒と、引き続きクラッシュが続いた。

 フリー走行が折り返す頃になると開始時の青空から打って変わって、上空には雲が広がり、日差しが遮られるコンディションへと移り変わっていった。

 セッション開始1時間が過ぎた頃、ヘアピンで#76 NIPPON SUMATRA BIO MASSE+D;REXが転倒。3度目の赤旗が掲出された。その赤旗の最中、10時頃から雨が振り始めてしまった。コース上のカメラには水滴がかなり付着しており、10時3分に残り50分でセッションは再開されたが、雨が落ちているセクターを確かめながらの走行となった。

 セッション残り43分、200Rで#74 AKENO SPEED .YAMAHAが大きな転倒を喫し、再び赤旗が掲出。ライダーはバリアへと衝突しており、その救出活動が行われた。

 コンディションに目を向けると、メインストレートでは日差しが戻り、雨も弱まったが依然として雲の動きが早くセッション中の雨の可能性が高い予報が出ている状況だった。

 セッションは10時24分に再開され、10時50分にフリー走行が終了するスケジュールに変更されることがアナウンスされた。だがセッション再開直後にまた転倒が発生。逆バンクで#5 TEAM SUGAI RACING JAPANがクラッシュを喫したのだった。シケインでは他にも転倒が発生しており、最後まで気の抜けない展開となった。

 最終的にタイムシート上位には大きな動きはないままセッションは終了。#33 Red Bull Hondaの高橋が記録した2分6秒090がこのフリー走行のトップタイムとなった。

 2番手タイムは#18 Kawasaki Racing Team。セッション序盤にハスラムが記録した2分6秒900がベストラップとなった。3番手には#634 MuSASHi HARC-PR. Hondaが2分7秒201でファクトリーチームに割って入った。634号車のペースは安定し、2分8秒台のタイムを並べた。

 今年の鈴鹿8耐でも注目を集めている#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAMは4番手タイム。途中アレックス・ロウズが転倒を喫するなどの場面はあったが、ライダー3名ともが堅調なペースを記録した。

 #12 ヨシムラスズキMOTULレーシングチームは2分8秒421で6番手につけてセッションを終えている。

 #1 F.C.C. TSR HONDA Franceは水曜日、木曜日の合同テストに続いて好調を示し、7番手につけた。午後に行われる予選もタイトル獲得に向けては必須となるため、現時点での好タイムは良い兆しと言えるだろう。

 幸いセッション中にウエットコンディションになるほどの雨は落ちなかったものの、午後の予選後半セッション中の予報は降水確率が上がっており、ドライコンディションが予想される1度目のセッションでのタイム出しが重要となりそうだ。

Read Also:

【リザルト】第42回鈴鹿8時間耐久ロードレース 金曜日フリー走行

Pos. No. Team Nat Cat Model B. Lap
1 33 Red Bull Honda JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:06.090
2 10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8H JPN EWC ZX 10R 2:06.900
3 634 MuSASHi RT HARC-PRO. Honda JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:07.201
4 21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM JPN EWC YZF-R1 2:07.567
5 7 YART - YAMAHA AUT EWC YZF-R1 2:07.942
6 12 YOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACING JPN EWC GSXR-1000 2:08.421
7 1 F.C.C. TSR Honda France JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:08.624
8 90 au . Teluru SAG RT JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:08.634
9 95 S-PULSE DREAM RACING . IAI JPN EWC GSXR-1000 2:09.071
10 25 Honda Suzuka Racing Team JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:09.075
11 19 KYB MORIWAKI RACING JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:09.353
12 11 TEAM SRC KAWASAKI FRANCE FRA EWC ZX 10R 2:09.445
13 9 Moto Map SWAT JPN SST GSXR-1000 2:09.700
14 71 TK SUZUKI BLUE MAX JPN EWC GSXR-1000 2:10.039
15 2 Suzuki Endurance Racing Team FRA EWC GSXR-1000 2:10.256
16 3 KRP SANYOUKOGYO & will raise RS-ITOH JPN EWC ZX 10R 2:10.297
17 333 VRD IGOL PIERRET EXPERIENCES FRA EWC YZF-R1 2:10.389
18 22 Honda Asia-Dream Racing with SHOWA JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:10.402
19 111 Honda Endurance Racing GBR EWC CBR 1000 RRSP 2:10.480
20 77 Wójcik Racing Team POL EWC YZF-R1 2:10.550
21 96 TEAM FRONTIER JPN EWC CBR 1000 RR 2:10.694
22 44 Team ATJ with JAPAN POST JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:10.724
23 80 TONE RT SYNCEDGE 4413 JPN SST S1000RR 2:10.743
24 72 Honda Dream RT SAKURAI HONDA JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:10.890
25 18 Team BABY FACE Titanium Power Racing JPN EWC YZF-R1 2:11.087
26 26 ARMY. GIRL Team TJC & MF Kawasaki JPN SST ZX 10R 2:11.351
27 74 AKENO SPEED.YAMAHA JPN SST YZF-R1 2:11.577
28 6 Team ERC-BMW Motorrad Endurance GER EWC S1000RR 2:11.635
29 99 RC KOSHIEN YAMAHA Endurance ASEAN JPN SST YZF-R1 2:11.687
30 4 EVA RT WEBIKE TATi TEAM TRICKSTAR FRA EWC ZX 10R 2:11.769
31 17 MobiusGreen YAOKAWASAKI JPN SST ZX 10R 2:12.047
32 62 GSM RACING MON EWC GSXR-1000 2:12.087
33 8 Bolliger Team Switzerland SUI EWC ZX 10R 2:12.143
34 55 Honda Hamayuukai Hamamatsu Escargot JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:12.580
35 51 icu RT MOTOKIDS NAC SANYO JPN EWC YZF-R1 2:12.828
36 87 TEAM R2CL SUN CHLORELLA FRA EWC GSXR-1000 2:12.877
37 14 OMEGA MACO RACING SVK EWC YZF-R1 2:12.922
38 24 Team WITH87 Kawasaki PLAZA Fukuokahigashi JPN SST ZX 10R 2:13.077
39 52 TERAMOTO@J-TRIP Racing JPN SST S1000RR 2:13.112
40 98 TEAM HANSHIN RIDING SCHOOL JPN SST ZX 10R 2:13.118
41 806 Zaif NCXX RACING & ZENKOUKAI JPN SST YZF-R1 2:13.248
42 65 MOTOBOX KREMER & Favorite Factory GER EWC YZF-R1 2:13.298
43 34 Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racing JPN EWC CBR 1000 RR 2:13.370
44 105 moto cubic + Motorrad Toyota + NR JPN EWC S1000RR 2:13.505
45 28 Team Kodama JPN EWC YZF-R1 2:13.530
46 502 Zaif NCXX RACING JPN SST YZF-R1 2:13.746
47 88 CLUB NEXT & MOTO BUM JPN EWC CBR 1000 RRSP 2:13.983
48 69 Yamashina Kawasaki & AutoRaceUBE with YIC BR JPN EWC ZX 10R 2:14.590
49 112 Honda EG Racing JPN EWC CBR 1000 RR 2:14.866
50 61 Team de"LIGHT JPN EWC Panigale 2:14.879
51 41 IWATA RACING FAMILY JPN SST YZF-R1 2:15.019
52 92 H.L.O RACING SUZUKIN JPN SST GSXR-1000 2:15.192
53 78 Honda Blue Helmets MSC Kumamoto & Asaka JPN EWC CB R1000 RRSP 2:15.324
54 91 TIO Verity JPN EWC S1000RR 2:15.412
55 31 HAMAMATSU TEAM TITAN JPN EWC GSXR-1000 2:15.437
56 27 TransMapRacing with ACE CAFE JPN EWC GSXR-1000 2:15.559
57 70 Honda Koyokai DREAM Racing Team JPN EWC CBR 1000 RR 2:15.621
58 45 E P S Racing GarageL8  TT45 JPN SST YZF-R1 2:15.779
59 59 HKC & IMT Racing KUNO KOGYO JPN EWC YZF-R1 2:16.233
60 35 PLUS ONE MCRT JPN EWC ZX 10R 2:16.289
61 5 TEAM SUGAI RACING JAPAN JPN EWC RSV4-1000 2:16.308
62 76 NIPPON SUMATRA BIO MASSE+D REX JPN EWC YZF-R1 2:16.366
63 40 K's WORKS RACING YSS JPN SST YZF-R1 2:16.687
64 29 DOG HOUSE JPN EWC GSXR-1000 2:16.880
65 42 Sinshu activation project . Team NAGANO JPN EWC CBR 1000 RR 2:17.298
66 57 FUN FACTORY @ CS STANCE JPN SST S1000RR 2:20.119
次の記事
「妥協点を見つけた」ステファン・ブラドル、耐久マシンにも不安無し?

前の記事

「妥協点を見つけた」ステファン・ブラドル、耐久マシンにも不安無し?

次の記事

鈴鹿8耐予選1回目はヤマハファクトリーがトップ! 僅差でカワサキが続く

鈴鹿8耐予選1回目はヤマハファクトリーがトップ! 僅差でカワサキが続く
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIM Endurance
イベント Suzuka 8 Hours
サブイベント Friday
執筆者 永安陽介