F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
15 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
8 days

Moto3チェコ予選:鈴木竜生が4番グリッド獲得。PPはアルボリーノ

シェア
コメント
Moto3チェコ予選:鈴木竜生が4番グリッド獲得。PPはアルボリーノ
執筆:
2019/08/03 11:38

MotoGP第10戦チェコGPのMoto3クラス予選が行われ、トニー・アルボリーノがポールポジションを獲得。日本の鈴木竜生が4番手に入った。

 MotoGP第10戦チェコGPMoto3クラスの予選が行われ、トニー・アルボリーノ(VNE Snipers)がポールポジションを獲得した。

 後半戦のスタートとなるチェコGPだが、日本人ライダーとしては鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、Honda Team Asiaの鳥羽海渡と小椋藍の3名がQ2に直接進出。真崎一輝(BOE Skull Rider Mugen Race)と佐々木歩夢、ワイルドカード参戦の國井勇輝(Asia Talent Team)の3名がQ1スタートとなった。

 予選は雨に見舞われ、気温18度、路面温度22度というコンディションでスタートした。

■Q1:日本勢3名がQ1突破ならず

 まずは雨のコンディションで優勝経験のあるジャン・オンジュ(Red Bull KTM Ajo)が2分21秒218を記録した。これがターゲットタイムとなり、ラウル・フェルナンデス(Sama Qatar Angel Nieto Team)、アロンソ・ロペス(Estrella Galicia 0,0)らが続いた。

 オンジュは手を緩めること無くアタックを続け、2分20秒232までタイムを更新するが、フェルナンデスが1分19秒903をマークしたことでトップの座を明け渡した。

 セッション開始9分、アルベルト・アレナス(Sama Qatar Angel Nieto Team)がターン3で転倒した。

 残り5分を切ると、アタックに入っていたマーカー・ユルチェンコ(BOE Skull Rider Mugen Race)が2分19秒420を記録してフェルナンデスを上回った。

 残り時間はいよいよ1分になろうという頃、フェルナンデスが2分19秒006と大きくタイムを更新。再びトップが入れ替わった。

 チェッカーフラッグが振られるタイミングでオンジュがターン3でクラッシュを喫してしまう。フロントを切れ込ませてのスリップダウンだった。ピットに戻ったオンジュは若干足をかばう動きを見せており、Q2進出を決めたことを考えると良くない状況だ。

 ここでチェッカーフラッグが振られセッションは終了。フェルナンデス、ユルチェンコ、ロペス、オンジュの4名がQ2進出となった。

 日本勢は國井が9番手、佐々木が10番手、真崎が11番手と3名ともQ2へ進出できずに終わった。

■Q2:鈴木が4番手。僅差でフロントロウを逃す

 続くQ2だが、Q1で転倒していたオンジュのマシンは急いで修復が為され、オンジュも足に痛みを抱えているであろう状況で出走していった。

 ただ、雨脚が若干強まってきており、そこに適応できるかどうかが鍵となりそうな状況だった。

 5分ほど経過した段階でトップタイムは1分21秒180をマークしたトニー・アルボリーノ。Q1突破組のフェルナンデスも3番手につけた。

 残り7分、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)が1分20秒456を記録しトップを奪取するが、直後にアルボリーノが1分19秒962とマクフィーを上回るタイムで再びトップタイムに返り咲いた。

 だがマクフィーも黙ってはいない。2分19秒946と僅差でアルボリーノを超え、トップタイムが再び入れ替わった。また、鈴木もアタックに入ると1分20秒195をマークし一気に3番手に浮上した。

 残り時間2分、タイムは次々と更新された。フェルナンデスが1分19秒437をマークしトップに躍り出るが、直後にアルボリーノが2分18秒697と大きく差をつけるタイムでまたもトップを奪い返した。さらにアルボリーノは1分18秒020までタイムを更新している

 そしてチェッカーフラッグ直前、鈴木がタイムを1分18秒853まで更新し2番手に割って入った。

 その後チェッカーフラッグが振られ、セッションは終了。ラストアタックでマクフィーが2分18秒420をマークして鈴木を上回る2番手に入ると、更にはニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)もタイムを縮めて3番手に入った。これにより鈴木はフロントロウ獲得を惜しくも逃した。

 最終的にポールポジションを獲得したのはアルボリーノ。2番手にはマクフィーが入り、3番手はアントネッリという結果となった。

 鈴木はチームメイトによってフロントロウを追われた格好になったが、セカンドロウ4番手を獲得した。

 その他日本勢は小椋が9番手、鳥羽が12番手で予選を終えた。

【リザルト】Moto3チェコ 予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差
1 Italy トニー アルボリーノ 7 2'18.020    
2 United Kingdom ジョン マクフィー 7 2'18.420 0.400 0.400
3 Italy ニッコロ アントネッリ 7 2'18.822 0.802 0.402
4 Japan 鈴木 竜生 7 2'18.853 0.833 0.031
5 Spain ラウル フェルナンデス 6 2'18.875 0.855 0.022
6 Spain アロン カネット 6 2'18.953 0.933 0.078
次の記事
Moto3ドイツ決勝:PPの佐々木歩夢は9位に沈む。優勝はダラ・ポルタ

前の記事

Moto3ドイツ決勝:PPの佐々木歩夢は9位に沈む。優勝はダラ・ポルタ

次の記事

Moto3チェコ決勝:カネットが今季2勝目。日本勢は転倒が多発する結果に

Moto3チェコ決勝:カネットが今季2勝目。日本勢は転倒が多発する結果に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
イベント Brno
執筆者 永安陽介