スーパーフォーミュラ開発車両”赤寅”&”白寅”が1/43モデルカーとして発売決定

NEXT50の一環として次世代マシンの開発を担うスーパーフォーミュラのテスト車両”赤寅”と”白寅”が、1/43スケールのモデルカーとして発売されることになった。

SF19開発車両

 スーパーフォーミュラの次期マシン開発テスト車両、通称”赤寅”と”白寅”が、1/43サイズのモデルカーとして販売されることになった。

 スーパーフォーミュラは今季から、”ドライバーズファースト”と”カーボンニュートラルの実現”に向けたプロジェクト「NEXT50」を立ち上げ、その一環として2台のマシンを使った開発テストを行なっている。この車両には石浦宏明と塚越広大が乗り込み、各レースイベントの前後にテストを実施。タイヤ、燃料、素材、そして空力などの開発と改善に向けて周回を繰り返している。

 この開発車両、通称”赤寅”と”白寅”が、スパーク社製1/43スケールのモデルカーとして発売されることになった。赤寅と白寅は、それぞれ1台12,000円(税込)。また先着100セット限定の2台セットは、石浦・塚越両選手の直筆サインが入って、26,400円(税込/2 台同梱のパッケージではなく、1台梱包×2個)で販売されるという。

 いずれもスーパーフォーミュラ公式通販「SUPER FORMULA OFFICIAL SHOP」で5月31日まで販売。納品次期は9月末を予定しているという。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 「日本には“リスペクト”がある」ジュリアーノ・アレジが痛感した欧州レース界のドライさと日本レース界の誠実さ
次の記事 モータースポーツを支える企業:タタコンサルタンシーサービシズ(TCS)【第1回】

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本