レベリオン、トヨタに挑戦する新LMP1マシン『R-13』の画像公開

シェア
コメント
レベリオン、トヨタに挑戦する新LMP1マシン『R-13』の画像公開
2018/03/07 10:11

レベリオン・レーシングは、世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスに参戦する新車『R-13』の画像を公開した。

Rebellion R-13
Rebellion R-13
Rebellion R-13
#13 Vaillante Rebellion ORECA 07-Gibson: Matevos Isaakyan
#13 Vaillante Rebellion ORECA 07-Gibson: Nelson Piquet Jnr, David Heinemeier Hansson, Mathias Beche
#13 Vaillante Rebellion ORECA 07-Gibson: Nelson Piquet Jr., David Heinemeier Hansson, Mathias Beche

 レベリオン・レーシングは、世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスを戦うニューマシン、”R-13”をジュネーブ・モーターショーで発表した。

 2016年までLMP1クラスを戦っていたレベリオンだが、2017年は戦いの場をLMP2クラスに移した。ジャッキー・チェンDCレーシングとの熾烈な争いを制し、LMP2クラス王者に輝いたレベリオンは、昨年12月にLMP1クラスに復帰することを発表していた。

 R-13を開発したのは、フランスのコンストラクターであるオレカ。成功を収めているLMP2マシンであるオレカ 07のモノコックを基にしているものの、その他の部分は新開発だという。エンジンはギブソン製のものを搭載する。

 オレカのテクニカルディレクターであるデイビッド・フロウリーは、R-13の開発にはレベリオンが2014年から16年まで使用していたLMP1マシン『R-One』を含め、これまでのプロトタイプマシンとは全く違ったコンセプトが採用されているという。

 R-13という名前の由来は、レベリオンのオーナーであるアレクサンダー・ペッシが13という数字を好んでいるからとのことだ。

 2台体制でWECを戦うレベリオンは、2017年限りで撤退したポルシェLMP1チームに所属していたアンドレ・ロッテラーやニール・ジャニといった強力なドライバーを起用。カーナンバーは1番と3番を使用するという。

 4月にポールリカールで行われるWECの公式プレシーズンテスト”プロローグ”で、R-13はトラックデビューを飾る予定となっている。

次の WEC ニュース
グティエレス、WEC参戦実現せず。ドラゴンスピードと契約間近で破談

前の記事

グティエレス、WEC参戦実現せず。ドラゴンスピードと契約間近で破談

次の記事

トヨタ離脱のサラザン、LMP1クラス参戦のSMPレーシングに加入

トヨタ離脱のサラザン、LMP1クラス参戦のSMPレーシングに加入

この記事について

シリーズ WEC
チーム Rebellion Racing
記事タイプ 速報ニュース