新競技『エクストリームE』の車両をボッタス、ベルニュらがテスト。そのパワーに驚き

メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスと、フォーミュラEのチャンピオン経験者であるジャン-エリック・ベルニュは、エクストリームEのテストに参加した。

新競技『エクストリームE』の車両をボッタス、ベルニュらがテスト。そのパワーに驚き

 2021年初旬にスタート予定の、電動SUVによるオフロードシリーズ『エクストリームE(XE)』。そのシェイクダウンが南フランスのシャトー・ド・ラストゥールで6日間にわたって行なわれ、メルセデスF1のバルテリ・ボッタスら豪華な面々が参加した。

 テストで使われたこのコースは、アンドレッティ/ユナイテッド・オートスポーツからエクストリームEに参戦する世界ラリークロス王者、ティミー・ハンセンの言葉を借りれば“モトクロススタイル”のサーキット。参加した全てのドライバーは、フォーミュラEにもシャシーを提供するスパーク・レーシング・テクノロジー社が手がけた『オデッセイ 21 E-SUV』をドライブした。

Read Also:

 テストのドライバーラインアップの中でも一際注目を集めたのは、メルセデスF1のドライバーでF1通算9勝を誇るボッタスと、フォーミュラEで2年連続チャンピオンに輝いたジャン-エリック・ベルニュだ。彼らの参加は当初一般に公開されていなかったが、ボッタスがソーシャルメディアに写真を投稿したことでその事実が明らかとなった。

 ベローチェ・レーシング・XEチームの共同創設者でもあるベルニュは、550馬力を誇るマシンの印象について次のように語った。

「そのパワーにはかなり満足している。本当に印象的だった」

「僕がいつも走らせているものとは全く違う世界のものだ。僕はこれまでマシンをスライドさせながら走ったことがなかったけど、ここではスライドさせないといけなかった。いろんな発見があったし、とても楽しかったよ」

「シングルシーターでの経験とは全く異なるので、最初の数周に関しては運転の仕方を一から学ぶ必要があった」

「最初は謙虚は気持ちで運転していたけど、お褒めの言葉ももらったし、アドバイスをもらってからはすぐに進歩を見せることができたから、良い感じだよ」

 エクストリームEでは各チーム2名のドライバーが1台のマシンをシェアすることとなっており、ラインアップは男女それぞれ1名ずつとすることが義務付けられる。ベルニュは、ベローチェ・レーシングのラインアップに自分が入るかどうかはまだ決まっていないとして、こう続けた。

「このシリーズはとても楽しいものになると思うし、さらなる進歩を見られるのが楽しみだ」

「僕自身がこのシリーズに参加するかどうかはまだ決まっていない。もちろんベローチェ・レーシングには勝ってもらいたいし、そのために最適なドライバーを選ぶつもりだ」

「でも、僕たちが真剣なチーム作りをしているのは間違いないし、シーズンが始まるのが待ちきれないよ」

 なお、エクストリームEは、WRカーでラリーにも出場した経験のあるボッタスが「非公開でテストを実施した著名なドライバーのひとり」であることを明かしたが、一部のドライバーの名前は明かされなかった。motorsport.comの調べによると、この中にはWRC(世界ラリー選手権)のトップドライバーも含まれているようだ。

 また、義足のドライバーとして知られるビリー・モンガーもこのテストに参加。レース中の事故により両脚を失った彼は、今年初めにスパークのファクトリーを訪れたが、その後スパークがステアリングにある大きなパドルでスロットル操作ができる特別仕様のマシンを用意。今回のテスト走行に繋がった。

 シャトー・ド・ラストゥールでテストが行なわれるのはこれで2回目。その両方に参加したのはハンセンだけだ。今回のテストには、ワンメイクタイヤサプライヤーであるコンチネンタルと、バッテリーを供給するウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングのスタッフも参加した。

 エクストリームEは2021年1月にセネガルで開幕を迎える予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。現在は2021年初旬の開幕を目指して準備が進んでいる。12月にはレースシミュレーションも行なわれる予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトンがチームオーナーに! エクストリームEに新規チームを立ち上げ参戦

前の記事

ハミルトンがチームオーナーに! エクストリームEに新規チームを立ち上げ参戦

次の記事

ニコ・ロズベルグ、自チームを立ち上げ『エクストリームE』に参戦!

ニコ・ロズベルグ、自チームを立ち上げ『エクストリームE』に参戦!
コメントを読み込む