フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの2022年暫定カレンダー発表。全6大会17戦、WECとの併催も

フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップは、2022年シーズンの暫定カレンダーを発表した。

フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの2022年暫定カレンダー発表。全6大会17戦、WECとの併催も

 フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ(FRJ)は、現在JAFに申請中の2022年暫定カレンダーを発表した。

 2022年で発足3年目を迎えるFRJは、2021年より1ラウンド4レース多い全6ラウンド17レースを開催予定。4月に富士スピードウェイで開幕を迎え、12月に鈴鹿サーキットで閉幕するスケジュールとなっている。なお、開幕に先駆けて3月16日に富士で合同テストが実施される。

 また、富士スピードウェイで行なわれる第5大会は、WEC(世界耐久選手権)の富士6時間レースが行なわれる9月9日〜11日に組み込まれており、FRJが世界選手権レースの併催となる模様だ。

■2022 フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ:暫定カレンダー

合同テスト:3月16日(水) 富士スピードウェイ
第1ラウンド(レース1〜3):4月2日(土)、3日(日) 富士スピードウェイ 
第2ラウンド(レース4〜6):6月25日(土)、26日(日) 岡山国際サーキット
第3ラウンド(レース7〜9):7月2日(土)、 3日(日) ツインリンクもてぎ
第4ラウンド(レース10〜12):7月23日(土)、24日(日) スポーツランドSUGO
第5ラウンド(レース13〜15):9月9日(金)〜11日(日) 富士スピードウェイ
第6ラウンド(レース16〜17):12月10日(土)、11日(日) 鈴鹿サーキット 

 
Read Also:

シェア
コメント
2021年フォーミュラ・リージョナル王者は古谷悠河に。最終鈴鹿大会で決定
前の記事

2021年フォーミュラ・リージョナル王者は古谷悠河に。最終鈴鹿大会で決定

コメントを読み込む