第4戦は片山義章、第5・6戦は小山美姫に軍配。ポイントリーダーは小山に:フォーミュラ・リージョナル岡山大会

2022年フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップの第2大会が岡山国際サーキットで行なわれ、片山義章が1勝、小山美姫が2勝を記録した。

第4戦は片山義章、第5・6戦は小山美姫に軍配。ポイントリーダーは小山に:フォーミュラ・リージョナル岡山大会
Listen to this article

 2022年フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ(FRJ)の第2大会が6月25日〜26日にかけて岡山国際サーキットで行なわれ、計8台がエントリーして3レース(第4戦〜第6戦)を戦った。

 レースに先立って行なわれた予選では、ここ岡山をホームコースとする片山義章(Team LeMans with OIRC)が予選1と予選2のベストタイム、そして予選1のセカンドベストタイムでトップをマーク。第4戦〜第6戦全てポールポジションからのスタートとなった。

 予選と同日に行なわれた第4戦では、片山がスタートでもトップをキープしてレースを引っ張る展開に。一方、小山美姫(Super License)と小川颯太(Bionic Jack Racing)のスタートでの先陣争いは、小川がコースオフして最後尾に転落し、小山が2番手で片山を追いかけた。

 片山は終盤ペースをコントロールしながら、小山に5.4秒差をつけてトップチェッカー。今期初勝利を挙げた。2位は小山、3位は小川だった。

 続く第5戦は、スタートで好ダッシュを見せた小山がトップ浮上。小川が2番手となり先頭を追いかけたが、小山はセーフティカー出動によるリスタートも冷静に決め、小川とのギャップを徐々に広げていった結果、FRJ初優勝を遂げた。本人曰く、フォーミュラのレースでの優勝はこれが初めてとのことだ。2位には小川、3位には片山が入った。

 第6戦も、スタートを決めたのは小山。片山、小川と1コーナーで横並びとなるが、その攻防を制してトップに立った。小山はこのレースを前にニュータイヤを投入しており、その効果もあってかみるみると後続との差をつけていった。

 小山は一度も首位を譲ることなく、2位の片山に13.3秒の差をつけてチェッカー。2連勝を飾り、ポイントリーダーとなって岡山を後にすることとなった。片山に次ぐ3位は小川だった。

 なお、次回のFRJは1週間後、7月2日〜3日にかけてモビリティリゾートもてぎにて行なわれる。

 
Read Also:
シェア
コメント
澤龍之介が3連勝で好ダッシュ、小山美姫がランク2位につける:フォーミュラ・リージョナル開幕富士大会
前の記事

澤龍之介が3連勝で好ダッシュ、小山美姫がランク2位につける:フォーミュラ・リージョナル開幕富士大会

次の記事

小山美姫、もてぎ大会完全制覇で破竹の5連勝。ポイントランキング独走:フォーミュラ・リージョナル第3大会

小山美姫、もてぎ大会完全制覇で破竹の5連勝。ポイントランキング独走:フォーミュラ・リージョナル第3大会