F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

F1ロシアFP3:フェラーリ好調のワンツー。クビアトは“再び”トラブル発生の受難

シェア
コメント
F1ロシアFP3:フェラーリ好調のワンツー。クビアトは“再び”トラブル発生の受難
執筆:
2019/09/28 10:36

F1第16戦ロシアGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。

 F1第16戦ロシアGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。

 2日目は降雨が予想されていたが、FP3の前に行われたF3のレースで雨がぱらつく程度であり、ドライコンディションの状態でセッション開始を迎えた。気温は21℃、路面温度は25℃だ。

 セッション開始とともに、ランド・ノリス(マクラーレン)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル)がコースイン。トロロッソ勢、ルノー勢もそこに続いた。

 他チームがインスタレーションラップをこなしてピットへ戻る中、アルボンのみがタイム計測に入り、そのまま周回を重ねた。

 トップチームはなかなかコースインしないままセッションを消化。15分が経過しようかという頃、メルセデス勢の2台がコースへ向かった。またフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールもそこから間を開けずにコースイン。そのままタイム計測に向かった。

 ベッテルは1分34秒515をマークしトップに立ったが、すぐ後ろで走っていたルクレールが1分34秒147を記録しすぐにトップが入れ替わった。

 残り時間40分頃、母国GPを迎えているダニール・クビアト(トロロッソ)が、FP1に続き2日目もトラブルに見舞われてしまった。スローダウンしたクビアトは、無線でエンジンに問題があると訴えてマシンを止めてしまったのだ。バーチャルセーフティカーが発令され、マシンはマーシャルによって回収されていった。

 その裏では、姉妹チームのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が遅めのコースイン。クビアトのマシン回収が終わってグリーンフラッグが出されると、ミディアムタイヤでタイム計測に入り、1分34秒837を記録して4番手とした。

 セッションは折り返しを迎える頃、バルテリ・ボッタスが1分34秒077をマークし、2番手まで浮上した。

 またニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)が1分34秒761をマークし、5番手に食い込んだ。その後ハミルトンが1分34秒318までタイムを更新し4番手に入ったことで、ヒュルケンベルグはポジションを落とした。

 残り25分頃、ピエール・ガスリー(トロロッソ)が1分34秒950で7番手に浮上。初日から引き続き、好調のようだ。

 フェラーリの2台は残り20分を切ると新品タイヤを履いて再度アタックラップに入った。するとベッテルがまず1分33秒304をマークしトップタイムとしたが、ルクレールが1分32秒861とチームメイトをちぎってきた。

 そのアタックに呼応するようにメルセデス勢もアタックを開始。ボッタスが1分33秒354で3番手、フェラーリの後ろに続いた。さらにハミルトンは1分33秒129とセクター3で一気にタイムを縮めて2番手に割って入った。

 その後、ベッテルが1分33秒049で2番手に戻ったことで、フェラーリとメルセデスが2台ずつ連なった。

 セッション残り10分を切り、フェルスタッペンもアタックに入ったがターン14でスピンし、バリアに軽く接触するクラッシュを喫してしまったことでアタック中断。そのままピットへと戻ると、フェルスタッペンは一足早くマシンを降りた。

 そしてセッションは終了。フェラーリが強さを見せ、ルクレール、ベッテルが1-2でFP3を終えた。

 3番手、4番手にメルセデスのハミルトンとボッタスが並び、フェルスタッペンは5番手タイムで続いた。なおフェルスタッペンのみ上位勢でミディアム装着のタイムとなっている。

 チームメイトのアルボンはセッション終了間際にタイムを上げて7番手となった。

 トロロッソ勢はガスリーが11番手、トラブルに見舞われたクビアトは19番手でセッションを終えた。なおクビアトのトラブルはパワーユニット側の問題だったとホンダは発表。クビアトのマシンには、新しい”スペック4”PUが搭載されるようだ。

【リザルト】F1第16戦ロシアGP フリー走行3回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差
1 Monaco シャルル ルクレール 14 1'32.733    
2 Germany セバスチャン ベッテル 15 1'33.049 0.316 0.316
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 19 1'33.129 0.396 0.080
4 Finland バルテリ ボッタス 18 1'33.354 0.621 0.225
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 12 1'34.227 1.494 0.873
6 France ロマン グロージャン 17 1'34.308 1.575 0.081

 

次の記事
F1ロシアFP3速報:フェラーリが好調維持でワンツー。フェルスタッペン5番手

前の記事

F1ロシアFP3速報:フェラーリが好調維持でワンツー。フェルスタッペン5番手

次の記事

【動画】F1第16戦ロシアGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】F1第16戦ロシアGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第16戦ロシアGP
執筆者 永安陽介