F1イギリスFP2:ロングランでフェルスタッペン強さ見せる。不気味メルセデス中団&角田裕毅16番手

F1第10戦イギリスGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。

F1イギリスFP2:ロングランでフェルスタッペン強さ見せる。不気味メルセデス中団&角田裕毅16番手

 シルバーストン・サーキットで、2021年のF1第10戦イギリスGPフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだ。

 イギリスGPではスプリント予選レースの導入に伴い、週末のフォーマットが変更されている。初日にFP1と予選が実施され、土曜日のFP2を迎えた。マシンは予選開始後からパルクフェルメ状態に置かれており、FP2もマシンのセットアップを大きく変更することはできない。

Read Also:

 FP2開始時の天候は晴れ、気温24℃、路面温度41℃と穏やかなコンディションだ。

 FP2に向けては『走る必要がある?』といった声も一部から聞かれたが、セッションが開始されると約半数のドライバーはコースへと向かった。FP2の価値を疑問視していたフェルスタッペンなどはしばらくガレージに留まっていた。

 各車がロングランプログラムを行なう形でセッションは進行。ガレージに留まっていたフェルスタッペンも、15分ほどが経過すると、コースへと入った。

 そのフェルスタッペンは、ミディアムタイヤでの走行で1分30秒428をマーク。ロングラン中でも他車を大きく引き離す速さを見せた。

 ミディアムタイヤ、もしくはソフトタイヤでのロングランが多く行なわれ、タイヤのデグラデーションもタイム上からは非常に少なく見えた。

 フェルスタッペンはミディアムタイヤでのロングランを続けると、その最中に1分29秒902までタイムを短縮。唯一の1分29秒台を記録するなど余裕を見せてピットへと戻った。

 既にノックアウト予選が終わっていることもあり、アタックラップなどは最後まで行なわれないまま、各車がスプリント予選レースや決勝レースに向け、ロングランを最後まで詰める形でセッションが終了。トップタイムはフェルスタッペンだ。チームメイトのセルジオ・ペレスは5番手タイムとなっている。

 2番手と3番手にはフェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.が続いた。また4番手にはエステバン・オコン(アルピーヌ)がつけた。オコンは今戦でシャシーを交換しており、ここ数戦の不調から立ち直りつつある。

 メルセデス勢のFP2はルイス・ハミルトンが8番手、バルテリ・ボッタスが9番手と目立たない位置。両者はレッドブルとは違い、ミディアムタイヤでのロングランを行なわず、ソフトとハードによる連続周回を実施していた。なおボッタスはセッション終盤にスピンを喫する場面があったが、クラッシュなどはせずに復帰している。

 アルファタウリ勢も順調にロングランを実施。ピエール・ガスリーが10番手、角田裕毅が16番手タイムをマークした。

 イギリスGP2日目は、このあとF1史上初のスプリント予選レースを実施。17周の短いレースで勝利したドライバーが、決勝のポールポジションを獲得することになる。FP2で行なったロングランから、各チームがどのような戦略を採ってくるかに注目が集まる。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 23 1'29.902     235.896
2 Monaco シャルル ルクレール 30 1'30.277 0.375 0.375 234.916
3 Spain カルロス サインツ Jr. 29 1'30.507 0.605 0.230 234.319
4 France エステバン オコン 31 1'30.707 0.805 0.200 233.803
5 Mexico セルジオ ペレス 27 1'30.800 0.898 0.093 233.563
6 United Kingdom ランド ノリス 24 1'31.030 1.128 0.230 232.973
7 Australia ダニエル リカルド 23 1'31.034 1.132 0.004 232.963
8 United Kingdom ルイス ハミルトン 28 1'31.131 1.229 0.097 232.715
9 Finland バルテリ ボッタス 27 1'31.180 1.278 0.049 232.590
10 France ピエール ガスリー 31 1'31.188 1.286 0.008 232.570

シェア
コメント
F1イギリスFP2速報:各車ロングランに集中。フェルスタッペンが首位、角田裕毅は16番手

前の記事

F1イギリスFP2速報:各車ロングランに集中。フェルスタッペンが首位、角田裕毅は16番手

次の記事

【F1動画】2021年第10戦イギリスGPフリー走行2回目ハイライト

【F1動画】2021年第10戦イギリスGPフリー走行2回目ハイライト
コメントを読み込む