F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

F1ハンガリーFP1:レッドブルのフェルスタッペン2番手&ガスリー4番手。首位はハミルトン

シェア
コメント
F1ハンガリーFP1:レッドブルのフェルスタッペン2番手&ガスリー4番手。首位はハミルトン
執筆:
2019/08/02 12:32

F1第12戦ハンガリーGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマーク。レッドブルのフェルスタッペンが2番手に続いた。

 F1第12戦ハンガリーGPのフリー走行1回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 前半戦の締めくくりとなるハンガリーGP。その舞台ハ、ンガロリンクは黒い雲に覆われた状態でセッションスタート時刻を迎えた。気温は26℃、路面温度は32℃だ。

 セッションはロバート・クビサ(ウイリアムズ)を筆頭にインスタレーションラップに入った。しかしその時点で、既に雨粒が落ち始めた。

 コンディションの悪化が懸念されたことから、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は早々にコースイン。ソフトタイヤで1分19秒961までタイムを記録した。

 チームメイトのバルテリ・ボッタスは、ミスファイアの問題が発生し、チームからピットへ入るように指示を受けた。しかしこの際、無線のタイミングが遅く、ボラードの左側からピットレーンに入ったことが審議対象とされた。

 前戦ドイツGPで2勝目を挙げたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)も、メルセデス勢から少し遅れてコースインすると、1分18秒157をマークしトップに立ったが、走行を続けていたハミルトンが1分18秒07を記録して、それをさらに上回った。

 セッション開始から20分経過する頃には、コース上の一部で雨が振り始めたと各ドライバーが無線でチームに報告。コンディションがさらに悪化する前にデータを収集したいのか、ハミルトンはさらにペースを上げ、タイムを1分17秒565に更新した。

 開始から25分頃、ランス・ストロール(レーシングポイント)がターン6で縁石に乗り上げたことからスピン。大事には至らず自走でピットへと戻った。

 また、残り1時間を切ったところでフェルスタッペンも最終コーナーでスピンを喫してしまった。どうやら追い風の影響があったようだ。車体に問題は無いようでフェルスタッペンは走行に戻った。

 このころには、雨がわずかに強くなり各車がピットイン。この時点で、ハミルトンは1分17秒233を記録し、昨年のFP1トップタイムを上回った。シャルル・ルクレール(フェラーリ)やルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、ダニエル・リカルドと言った面々がインターミディエイトタイヤでコースインしてチェックを行う場面もあった

 セッション折り返しを迎える頃には雨もあがったようで、上空からは明かりが差し込むコンディションに。ヒュルケンベルグが新品のソフトタイヤでコースインし、1分18秒469で3番手タイムを記録。そのタイムをケビン・マグヌッセン(ハース)が同じく新タイヤで1分18秒369を記録し上回った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルもセッション後半に入りタイムを上げ、1分17秒399でハミルトンに次ぐ2番手につけた。またルクレールも5番手につけたが、両者ともセクター3でタイムが伸び悩んだ。

 レッドブルは、フェルスタッペンがソフトタイヤで1分17秒471をマークし3番手につける中、チームメイトのピエール・ガスリーも1分17秒682を記録して4番手にポジションを上げた。その後フェルスタッペンは1分17秒398と1000分の1秒差でベッテルを上回って2番手に浮上した。

 残り5分、フェルスタッペンがこのセッション2度目のスピン。無線ではマシン操舵の過敏さを訴える内容が伝えられていた。

 そして、終盤に上位陣のタイム更新はないままセッションは終了。ハミルトンが1分17秒233でトップとなった。なお、チームメイトのボッタスはパワーユニットの載せ替えを行ったことでこのセッションではノータイムに終わった。

 2番手(+0.165秒)にはフェルスタッペンがつけ、今季3勝目に向けて好位置でスタートを切った。チームメイトのガスリーも4番手(+0.449秒)をマークするなど、上位につけた。

 フェラーリはベッテルが3番手(+0.166秒)、ルクレールが6番手(+0.955秒)に入った。

 トロロッソはダニール・クビアトが13番手、アレクサンダー・アルボンが14番手につけた。

【リザルト】F1第12戦ハンガリーGP フリー走行1回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 41 1'17.233    
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 28 1'17.398 0.165 0.165
3 Germany セバスチャン ベッテル 25 1'17.399 0.166 0.001
4 France ピエール ガスリー 25 1'17.682 0.449 0.283
5 Denmark ケビン マグヌッセン 31 1'17.942 0.709 0.260
6 Monaco シャルル ルクレール 29 1'18.188 0.955 0.246
次の記事
【動画】2019年F1第12戦ハンガリーGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】2019年F1第12戦ハンガリーGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

F1ハンガリーFP2速報:ガスリー首位。フェルスタッペンが続きレッドブルがワンツーに

F1ハンガリーFP2速報:ガスリー首位。フェルスタッペンが続きレッドブルがワンツーに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第12戦ハンガリーGP
執筆者 永安陽介