F1シュタイアーマルクFP2:フェルスタッペンが連続首位で初日締めくくる。角田裕毅は15番手

F1シュタイアーマルクGPのフリー走行2回目では、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイム。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、15番手だった。

F1シュタイアーマルクFP2:フェルスタッペンが連続首位で初日締めくくる。角田裕毅は15番手

 レッドブルリンクで開催されるF1第8戦シュタイアーマルクGPのフリー走行2回目。1分5秒412のトップタイムをマークしたのは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)だった。

 今回は週末を通して雨が降る可能性が高い予報となっていることもあって、各チームがFP1から走行プログラムを前倒しし、ロングランを行なうなど慌ただしいセッションとなった。

 午後に行なわれたFP2は気温22度、路面温度44度というコンディション。降水確率80%、ポツポツと雨粒が落ちているエリアもあるが、路面は乾いているという状況でセッションがスタートした。

 雨が本格的に降り始める前にある程度走行しておこうと、セッション開始早々から各車続々とコースイン。だが、アルファタウリのピエール・ガスリーのマシンはFP1終了後、パワーユニットにデータ異常が見つかったとして、このセッションへの出走を見合わせた。

 少しずつ雨粒が多くなっていく中、ほとんどのマシンがミディアムタイヤやハードタイヤで走行。ウイリアムズのジョージ・ラッセルはソフトタイヤを履いた。セッション開始から10分が経った頃には、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)がターン4出口でスピンする場面もあった他、ターン3へのブレーキングでオーバーシュートするマシンも多かった。

 セッション開始15分が過ぎると、早くも2セット目のタイヤとしてソフトタイヤを装着するマシンが増えていった。一時的にアストンマーチンのセバスチャン・ベッテルがトップに立つなど、タイムシートは次々と塗り替わっていった。ここではニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)やニキータ・マゼピン(ハース)がグラベルにタイヤを落としてスピンを喫した。

 金曜フリー走行が60分に短縮された今季は、セッション残り20分ごろからロングランを行なうチームが多いが、今回は残り30分を切ったところで早めにロングランを開始するチームもあった。

 各チームが淡々と走行を重ねる中、新品のハードタイヤを履いてピットボックスから出ようとしたバルテリ・ボッタス(メルセデス)が、あろうことかピットレーンでスピン。走行レーンを塞ぐようにして停まり、マシンにダメージはなかったものの、この件はセッション後の審議対象となった。

 結局、雨が本格的に降ることはなく、山間にあるサーキット上空は日差しが差すような空模様の下、60分のセッションが終了。フェルスタッペンがセッショントップタイムをマークした。

 フェルスタッペンは1分5秒412をマーク。ロングランではハードタイヤで好タイムを安定して出しており、チームにとってのホームレース初日を2セッション連続首位で締めくくった。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、フェルスタッペンよりもわずかに速いタイムを出していたものの、最終コーナーでのトラックリミット違反によりタイムが抹消。4番手でセッションを終えた。

 2番手にはマクラーレンのダニエル・リカルド、3番手にはアルピーヌのエステバン・オコン。セバスチャン・ベッテルが6番手、ランス・ストロールが8番手となったアストンマーチンも含め、3チームが上位に食い込んでいる。

 レッドブルはセルジオ・ペレスが9番手、メルセデスはボッタスが12番手と沈んでいるのが少し気になるところだ。

 FP1では5番手と好調だった角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は15番手。チームメイトのガスリーが走れず、このセッションはデータ収集を一手に任される形となったが、計39周を走り込んでいる。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 37 1'05.412     237.644
2 Australia ダニエル リカルド 35 1'05.748 0.336 0.336 236.430
3 France エステバン オコン 35 1'05.790 0.378 0.042 236.279
4 United Kingdom ルイス ハミルトン 35 1'05.796 0.384 0.006 236.257
5 Spain フェルナンド アロンソ 39 1'05.827 0.415 0.031 236.146
6 Germany セバスチャン ベッテル 38 1'05.934 0.522 0.107 235.763
7 United Kingdom ランド ノリス 39 1'05.994 0.582 0.060 235.548
8 Canada ランス ストロール 36 1'06.079 0.667 0.085 235.245
9 Mexico セルジオ ペレス 36 1'06.089 0.677 0.010 235.210
10 Italy アントニオ ジョビナッツィ 37 1'06.145 0.733 0.056 235.010

シェア
コメント
【F1動画】2021年第8戦シュタイアーマルクGPフリー走行2回目ハイライト

前の記事

【F1動画】2021年第8戦シュタイアーマルクGPフリー走行2回目ハイライト

次の記事

F1日本GP観戦チケット、一般販売開始が9月5日に延期

F1日本GP観戦チケット、一般販売開始が9月5日に延期
コメントを読み込む