F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

F1タイヤを2018年仕様に戻す案は廃案に。5チームが反対票を投じる

シェア
コメント
F1タイヤを2018年仕様に戻す案は廃案に。5チームが反対票を投じる
執筆:
2019/06/29 1:41

オーストリアGPの金曜日、フリー走行1回目の前に行われた会議で、2018年仕様のタイヤを復活させる案が話し合われたが、賛成5チーム、反対5チームに分かれたため、すぐには実施されないことになった。

 タイヤがオーバーヒートするのを防ぐため、今季のF1タイヤは昨年に比べてトレッド面(接地面)のゴムが0.4mm薄くなっている。しかしこのタイヤの扱いに苦労するチームが多くあり、中には2018年仕様厚さのトレッドに戻すことを要求するチームもあった。

 この2018年仕様タイヤへ戻すことを検討する会議がオーストリアGPのフリー走行1回目の前に行われ、全10チーム中5チームが賛成、5チームが反対の意見を表明した。タイヤを変更するためには7チーム以上の賛成が必要であるため、すぐに2018年タイヤが投入されることはないようだ。

 しかし今回の会議の内容は、FIAが今後さらに検討を進めていくための文書を作成するために活用されていくとみられる。

 今回の会議は、レッドブル・レーシングが主導して行われたものだ。全チームの代表とレッドブルのレーシング・アドバイザーであるヘルムート・マルコ、F1のスポーツ面のマネージング・ディレクターであるロス・ブラウン、FIAの技術面のトップであるニコラス・トンバジス、ピレリのマリオ・イゾラらが出席した。

 またドライバーもこの会議に出席。GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエイション)の会長であるアレクサンダー・ヴルツ、理事のロマン・グロージャンとセバスチャン・ベッテルの他、ルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレールもこれに加わった。

 この会議では、すべての当事者が意見を交換することになったという。ピレリは安全面を強調し、今年の薄いトレッドはブリスターと、トレッド面のゴムが剥がれ落ちるのを避けるために導入されたものだと改めて主張した。また同社のイゾラは、トレッドの厚さを変更しても、作動温度領域の狭さはあまり変わらないだろうと指摘した。

 ある情報筋によれば、議論は非常にポジティブなものだったという。そして2018年仕様のタイヤ復活を願うチームは、デグラデーション(性能劣化)が少なく、作動温度領域の広いタイヤを望んでいるという。また、ダウンフォースが少ないチームでも、タイヤを使いこなせないということがないようにしたいのだという。

 この会合で行われた投票では、レッドブルとフェラーリ、そしてこの2チームと関係の深いトロロッソ、ハース、アルファロメオが、2018年仕様のタイヤに戻すことに賛成した。一方でメルセデス、マクラーレン、ウイリアムズ、ルノー、レーシングポイントは、タイヤを変更することに反対する票を投じたようだ。

 また今シーズン中の金曜フリー走行で、生産スケジュールさえ許せば、2020年用タイヤのテストを行うというということも議論された。しかし最終的な決断は下されなかったようだ。

Read Also:

次の記事
【動画】2019年F1第9戦オーストリアGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】2019年F1第9戦オーストリアGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

ボッタス、25Gクラッシュも自身は“グラベル派”「ミスが罰せられる方がいい」

ボッタス、25Gクラッシュも自身は“グラベル派”「ミスが罰せられる方がいい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper