速報ニュース

「文句なしに満足」フェルスタッペン、好感触。アルボンもマシンの改善に手応え

F1プレシーズンテストの前半3日間が終了した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、テスト前半を終えて文句なしに満足だと語っている。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 F1プレシーズンテストの前半3日間が終了した。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3日目午前中にマシンのステアリングを握り、86周を走行。ロングランを中心にテストを進めた。

 最終的にフェルスタッペンのタイムは8番手だったが、彼はラップタイムにはこだわっていないと、チームのプレスリリースに語った。

「今日も周回を重ねることができました。テスト1週目は、マシンの理解を深めようと取り組んでいるので、とても重要なことです」

「まだラップタイムにはこだわっていません。まずは、マシンのすべてを確認しながらテストをして、各所がきちんと機能するか、そして信頼性はどうかを見極めることに注力しています」

 なおフェルスタッペンはこの3日間で合計254周と、スペインGPのレース4回分に近い距離を走行した。彼はテスト1周目に“文句なし”と高評価を与えた。

「とてもいいテストになりましたし、マシンの感触はずっとよかったです。まだ学ぶことは多くありますが、1周目終了時点としては文句なしに満足しています」

 また、チームメイトのアレクサンダー・アルボンも、ロングラン中心に83周の走行をこなしている。アルボンはトラックに出るたびにマシンが改善されていると、好感触を得られたと語った。

「今週は信頼性の確認とシステムチェックを最優先に行い、すべてがスムーズに進みました。マシンの感触はよく、トラックに出るたびにどんどん改善されていきました」

「今はこのマシンでの走行経験を重ねていき、メルボルンに備えてパフォーマンスを上げることのみに集中しています。昨年と比べると競争力があると感じていますし、確実に前進できています。全力で作業を進めてきたので、来週の第2回テストに向けた準備はできたと思います」

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 メルセデスの革新的デバイス『DAS』、2021年シーズンから禁止へ
次の記事 新生アルファタウリ、テスト前半終え手応えあり。クビアト「高いレベルの内容だった」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本