F1イタリアGP:スプリント予選はボッタス首位、フェルスタッペンがトップで決勝スタートへ。角田裕毅は16番手

F1第14戦イタリアGPのスプリント予選レースが行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップチェッカー。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は16位だった。

F1イタリアGP:スプリント予選はボッタス首位、フェルスタッペンがトップで決勝スタートへ。角田裕毅は16番手

 F1第14戦イタリアGPのスプリント予選レースが行なわれた。このレースを制したのは、メルセデスのバルテリ・ボッタスだった。

 F1のレースフォーマットをより面白いものにするための試みの一環として、第10戦イギリスGP以来となる実施となったスプリント予選レース。ピットイン義務のない約100km(18周)のレースを戦い、決勝のグリッドを決定する。

 金曜日のノックアウト予選で速さを見せたのがメルセデス勢。バルテリ・ボッタスが最速タイムをマークし、2番手となったルイス・ハミルトンと並んで、スプリント予選レースのフロントロウを独占した。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは3番手、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は17番手から追い上げを狙った。

 スタートタイヤの選択は自由であり、上位3台はミディアムタイヤを装着。対して4番手のランド・ノリス、5番手のダニエル・リカルド(共にマクラーレン)はソフトタイヤを履いてのスタートを選んだ。その他、アストンマーチン勢やアルピーヌ勢、角田がソフトタイヤを選んだ。

 気温28度、路面温度43度というコンディションの中、フォーメーションラップがスタート。各車が入念にタイヤを温め、グリッドについた。

 ボッタスとフェルスタッペンが順当にスタートした一方で、ハミルトンは加速が鈍り、マクラーレンの2台に先行を許してしまう。また、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)はターン1でダニエル・リカルド(マクラーレン)のリヤに軽く接触。これでフロントウイングを落としてしまったガスリーは、ターン3でグラベルに飛び出しクラッシュ。これで1周目からセーフティカー(SC)が出動することになった。

 また、角田もロバート・クビサ(アルファロメオ)と接触。こちらもフロントウイングにダメージを負い、緊急ピットインを強いられた。

 4周目からレース再開。イギリスGPのスプリント予選でも見事なオーバーテイクを見せたフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)を果敢にオーバーテイクし、11番手にポジションを上げた。

 5番手までポジションを落としたハミルトンは、ストレートが速く、ソフトタイヤを履くマクラーレン勢をなかなか攻略することができず。2番手のフェルスタッペンはパワーユニット交換によりボッタスのグリッド降格が決まっている以上、無理する必要がなくボッタスの2秒後方をキープ。それでもペースはマクラーレン勢より速く、3番手リカルドとの差が開いていった。

 セルジオ・ペレス(レッドブル)がランス・ストロール(アストンマーチン)をパスして9番手に上がるなど、オーバーテイクがないわけではないが、ハミルトンはノリスを攻略できないままレースは終盤へと入っていった。

 ノリス対ハミルトンのバトルは最後まで決め手を欠いたまま、ファイナルラップに突入。結局ハミルトンはノリスの横に並ぶこともできず、5番手でチェッカーを受けた。

 スプリント予選レースをトップで駆け抜けたのはボッタスで、3ポイント獲得。2番手はフェルスタッペンで、3番手リカルドとの差は12秒以上に開いた。

 ボッタスは決勝レースでのグリッド降格が決まっているため、フェルスタッペンとリカルドがフロントロウから決勝レースに臨むことになった。ハミルトンはまさかのスタート大失敗で決勝4番手スタートになってしまった。

 角田は16番手でスプリント予選レースを終えた。結果的に、ノックアウト予選よりもひとつグリッドを上げている。チームメイトでリタイアに終わったガスリーは残念ながら、決勝レースでは後方から追い上げのレースを強いられることになった。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 18 -      
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 18 2.325 2.325 2.325  
3 Australia ダニエル リカルド 18 14.534 14.534 12.209  
4 United Kingdom ランド ノリス 18 18.835 18.835 4.301  
5 United Kingdom ルイス ハミルトン 18 20.011 20.011 1.176  
6 Monaco シャルル ルクレール 18 23.442 23.442 3.431  
7 Spain カルロス サインツ Jr. 18 27.952 27.952 4.510  
8 Italy アントニオ ジョビナッツィ 18 31.089 31.089 3.137  
9 Mexico セルジオ ペレス 18 31.680 31.680 0.591  
10 Canada ランス ストロール 18 38.671 38.671 6.991  

シェア
コメント
F1イタリア スプリント予選速報:ボッタスが完勝! フェルスタッペンが2番手浮上も、ハミルトンは後退5番手。角田は16番手

前の記事

F1イタリア スプリント予選速報:ボッタスが完勝! フェルスタッペンが2番手浮上も、ハミルトンは後退5番手。角田は16番手

次の記事

角田裕毅、スプリント予選レースは悔しい16番手「決勝は簡単ではないけど入賞を目指したい」

角田裕毅、スプリント予選レースは悔しい16番手「決勝は簡単ではないけど入賞を目指したい」
コメントを読み込む