F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
MotoGP
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
19 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
12 days

ニューヨークePrixレース1:日産FE初優勝。ブエミが栄冠もたらす

シェア
コメント
ニューヨークePrixレース1:日産FE初優勝。ブエミが栄冠もたらす
執筆:
2019/07/13 21:07

フォーミュラE第12戦ニューヨークePrixレース1が行われ、日産・e.ダムズのセバスチャン・ブエミが優勝を果たした。日産にとってはフォーミュラEでの初優勝となった。

 フォーミュラE第12戦ニューヨークePrixレース1が行われ、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミが優勝を果たした。日産にとってはフォーミュラEでの初優勝となった。

 ホールショットを決めたのは、ポールポジションのセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)。3番グリッドのアレックス・リン(ジャガー)も好スタートを決め、2番グリッドのパスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)の前に出ることになった。

 ウェーレインはペースが上がらず、1周目にアレクサンダー・シムス(BMWアンドレッティ)とダニエル・アプト(アウディ)にも立て続けに抜かれてしまう。

 また後方でも大混乱が発生。ドラゴン勢同士がターン6で接触して、ホセ・マリア・ロペスがスピン。これに後続が詰まってしまうことになった。

 ここで大ダメージを負ってしまったのは、このレースにタイトル決定を懸けて挑んでいたDSテチータの2台。ポイントリーダーのジャン-エリック・ベルニュは前を行くマシンに追突してノーズを壊し、すぐにピットインすることとなった。またチームメイトのアンドレ・ロッテラーも、後方からサム・バード(ヴァージン)に追突され、スピン。やはり大きなダメージを負ってピットに戻ることとなった。

 先頭を行くブエミはそのままリードを広げていくかに見えた。しかしペースが上がらず、後続のマシンから厳しいプレッシャーをかけられることになる。特にリンは終始1秒差以内につけ、さらにはアタックモードを早々に起動して、オーバーテイクを狙う。しかしブエミはこれに耐え、1周遅れでアタックモードを起動して、首位のポジションを防衛する。

 リンは13周目に早くも2度目のアタックモードを起動。ブエミに執拗なまでのプレッシャーをかけ続ける。ブエミも翌周にやはりアタックモードに入れるが、防戦一方の状態だ。その間に、3番手シムスもこの2台の争いに接近、さらにアプトもこの戦いに加わった。

 しかし19周目、2番手を走っていたリンが突如スローダウン。リンは「回生システムのエラーだ」と報告し、コース脇にマシンを止めた。

 とはいえブエミは安心できない。今度はシムスがブエミに対して激しいプレッシャーをかけてきたのだった。

 ウェーレインはトップグループから8秒遅れの4番手をキープしていたが、21周目にバード、ファンブーストを使ったアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMWアンドレッティ)、そしてミッチ・エバンス(ジャガー)に立て続けに抜かれ、7番手までポジションを落としてしまう。

 そんな中、コース脇に止まったリンのマシンを回収するためにセーフティカーが出動。各車の差が一気に詰まる。

 23周目からレース再開。リスタートでシムスがブエミを狙い、アプトもその隙を狙うが、順位は変わらず。アプトはアタックモードを起動してまずはシムスを狙うが、これはうまくいかず……逆にダ・コスタに隙を突かれて前を行かれ、そして行き場をなくしたことでなんと9番手まで一気にポジションを落としてしまうこととなった。

 26周目、エバンスがシムスをオーバーテイクして2番手に浮上。このシムスをダ・コスタやバードも狙うこととなった。

 後方では接触が多く起き、大荒れのレースという様相を呈していった。この中でエドアルド・モルタラ(ベンチュリ)がバランスを崩し、ウォールにクラッシュ。日産・e.ダムスのオリバー・ローランドはこのモルタラに当たってしまい、カウルを大きく壊した。

 レースフィニッシュまで残り5分を切る頃には、2番手のエバンスのペースが落ち始め、首位ブエミを追うどころか3番手のダ・コスタ以下のプレッシャーに耐えるのが精一杯という状況になっていく。この間にブエミがリードを徐々に広げていく。

 また、スタート直後に大きくポジションを落としたベルニュが、10番手まで復帰。さらにファステストラップも手にした状態でレース最終盤を迎えた。

 ファイナルラップにも多重クラッシュが発生。ベルニュがフェリペ・マッサ(ベンチュリ)を抜きに行った際に両者が接触。ターン2に2台が止まってしまったところに、後続の各車が突っ込んでしまったのだ。これでベルニュはマシンを大きく壊し、15番手に落ちたことで、入賞を逃すこととなった。

 一方で先頭のブエミは問題なくレースを走りきり、首位でゴール。チェッカーフラッグが振られないという運営側のミスがあったが、最初にフィニッシュラインを越えた。日産にとっては嬉しいフォーミュラE初優勝ということになった。2位にはエバンス、3位にはダ・コスタが入った。

 ベルニュは結局ノーポイントに終わり、今季のタイトル決定は現地時間の7月14日(日)に行われるフォーミュラE最終戦ニューヨークePrixレース2に持ち越されることとなった。

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Switzerland セバスチャン ブエミ Nissan e.dams 36 46'16.399       25
2 New Zealand ミッチ エバンス ジャガー・レーシング 36 46'17.331 0.932 0.932   18
3 Portugal アントニオ フェリックス・ダ・コスタ アンドレッティ 36 46'17.615 1.216 0.284   15
4 United Kingdom アレクサンダー シムス アンドレッティ 36 46'19.370 2.971 1.755   12
5 Brazil ルーカス ディ・グラッシ アウディ・スポーツABT 36 46'19.936 3.537 0.566   10
6 Germany ダニエル アプト アウディ・スポーツABT 36 46'20.779 4.380 0.843   8
次の記事
32ポイントリードでFE最終戦へ。ベルニュ「タイトルのことはあまり考えない」

前の記事

32ポイントリードでFE最終戦へ。ベルニュ「タイトルのことはあまり考えない」

次の記事

ニューヨークePrixレース2:ベルニュ史上初のFE連覇。フラインスが2勝目

ニューヨークePrixレース2:ベルニュ史上初のFE連覇。フラインスが2勝目
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント 第12戦ニューヨーク・シティePrixレース1
サブイベント Race 1
執筆者 田中健一