フォーミュラEロンドン決勝:BMWのデニスが完璧な走りで1戦目制す。切れ味抜群オーバーテイクのデ・フリーズ2位

フォーミュラE第12戦ロンドンePrixの決勝が行なわれ、BMWのジェイク・デニスが独走で今季2勝目を挙げた。

フォーミュラEロンドン決勝:BMWのデニスが完璧な走りで1戦目制す。切れ味抜群オーバーテイクのデ・フリーズ2位

 フォーミュラE第12戦ロンドンePrixの決勝レースが行なわれた。優勝したのは、見事な走りを見せたBMWのジェイク・デニスだった。

 シーズン2以来5シーズンぶりの開催となったロンドンePrix。今回はExCeLセンターの立体駐車場を使っての、一部インドアというフォーミュラEならではの斬新でタイトなレイアウトのコースでダブルヘッダーのレースが実施された。

 エネルギーマネジメントも重要な要素となっているフォーミュラE。今回はエネルギー面で余裕があるということから、使用できるエネルギー量が52kWhから48kWhに変更されている。また普段4分間×2回の使用が義務付けられているアタックモードも1回の使用時間が8分間に伸びており、レースの実に3分の1以上の時間、アタックモードで走行することになった。

 予選は徐々に路面が乾いていくダンプコンディションで行なわれたが、決勝レースはほぼドライコンディションで実施された。

 スタート直後は、大きなトラブルこそなくポールポジションのアレックス・リン(マヒンドラ)がトップをキープ。しかし、アレクサンダー・シムス(マヒンドラ)がマシンをコース上で停めてしまったため、2周目に入ったところでフルコースイエロー(FCY)となった。ポイントリーダーのサム・バード(ジャガー)も1周目の混乱の中でダメージを受け、リタイアとなってしまった。

 アタックモードの使用時間が長いこともあって、各車序盤から1回目のアタックモードを起動していく。しかし首位のリン、2番手のジェイク・デニス(BMW)はテール・トゥ・ノーズ状態のまま周回を重ねていった。

 3番手のセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)のペースが上がらないのか、トップ2台から少し離されてしまう。そのタイミングで、上位2台が同時にアタックモードを起動。一方、その後方では軽く接触しながらの激しいバトルが各所で繰り広げられた。

 レース残り30分というところで、リンとデニスはブエミに3秒以上の差をつけ、隊列から抜け出る形に。首位のリンは先に2度目のアタックモードを使用。これで2番手に落ちたリンは、デニスにプレッシャーをかけながら、周回を重ねていった。

 3番手争いは序盤からブエミ、アンドレ・ロッテラー(ポルシェ)が接近戦を展開していたが、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)もそこに追いつき、三つ巴の展開に。ブエミとロッテラーは同じタイミングで2度目のアタックモードを起動しようとしたが、ロッテラーはうまくアクティベーションゾーンを通過できず、デ・フリーズにオーバーテイクを許してしまった。

 首位のデニスは、アタックモードなしでもリンを抑えるどころか、逆に引き離すような走りを披露。リンがブレーキングのミスで遅れたタイミングで、ポジションを落とすことなくアタックモードを起動することに成功したデニスは、今季2勝目に向けて盤石の体制となった。

 2番手リンは完全に勢いを失ってしまったのかデニスに独走を許すと、ブエミとデ・フリーズに追いつかれ数珠つなぎ状態に。とはいえブエミも一気にリンを攻略できるだけのペースはなく、逆にタイトなターン10でデ・フリーズにイン側に飛び込まれ、オーバーテイクを許してしまった。

 デ・フリーズは残り時間5分のところで2番手リンを射程圏内に捉えると、ファンブーストを使いながら、またもターン10で切れ味鋭いブレーキングを見せ、リンを抜き去った。

 5秒以上のリードを築いたデニスは、0.0%までエネルギーを使い切ってトップチェッカー。今季2勝目を挙げ、ポイントランキング15番手から2番手まで一気にジャンプアップしてみせた。

 シーズン序盤強かったメルセデスは、ここ数戦パッとしないレースが続いていたが、デ・フリーズが見事なオーバーテイクで魅せ、第5戦以来の表彰台を獲得した。この結果、デ・フリーズもランキング10番手から4番手までポジションを上げた。なおデ・フリーズのチームメイトで、14番手スタートだったストフェル・バンドーンも8位でチェッカーを受けている。

 ブエミは4位チェッカー。オリバー・ローランドも10位に入っており、日産・e.ダムスはダブルポイント獲得かと思われたが、エネルギー使用超過で審議対象となってしまった。

 リタイアに終わったバードのランキング首位は変わらないものの、ランキング5番手まで5ポイント差という大接戦。チームランキングも、DSテチータがヴァージンを交わして首位に立ったが、ポイントは同数とこちらもタイトル争いが激化している。

Read Also:

Cla   # Driver Team Laps Time Gap Interval
1   27 United Kingdom Jake Dennis United States Andretti Autosport 33 46'50.048    
2   17 Netherlands Nyck de Vries Germany Mercedes 33 46'55.389 5.341 5.341
3   94 United Kingdom Alex Lynn India Mahindra Racing 33 46'56.994 6.946 1.605
4   23 Switzerland Sébastien Buemi France DAMS 33 46'58.056 8.008 1.062
5   36 Germany Andre Lotterer Germany Porsche Team 33 47'00.747 10.699 2.691
6   33 Germany René Rast Germany Team Abt 33 47'01.475 11.427 0.728
7   11 Brazil Lucas di Grassi Germany Team Abt 33 47'02.281 12.233 0.806
8   5 Belgium Stoffel Vandoorne Germany Mercedes 33 47'07.429 17.381 5.148
9   13 Portugal Antonio Felix da Costa China Techeetah 33 47'08.505 18.457 1.076
10   22 United Kingdom Oliver Rowland France DAMS 33 47'18.233 28.185 9.728
11   48 Switzerland Edoardo Mortara Monaco Venturi 33 47'20.772 30.724 2.539
12   99 Germany Pascal Wehrlein Germany Porsche Team 33 47'28.288 38.240 7.516
13   37 New Zealand Nick Cassidy United Kingdom Virgin Racing 33 47'33.523 43.475 5.235
14   25 France Jean-Eric Vergne China Techeetah 33 47'38.073 48.025 4.550
15   4 Netherlands Robin Frijns United Kingdom Virgin Racing 33 47'41.085 51.037 3.012
16   28 Germany Maximilian Gunther United States Andretti Autosport 33 47'45.153 55.105 4.068
17   20 New Zealand Mitch Evans United Kingdom Jaguar Racing 33 47'47.627 57.579 2.474
18   8 United Kingdom Oliver Turvey United Kingdom NIO Formula E Team 33 47'48.672 58.624 1.045
19   6 Sweden Joel Eriksson United States Dragon Racing 33 47'49.993 59.945 1.321
20   7 Brazil Sergio Sette Camara United States Dragon Racing 33 47'50.484 1'00.436 0.491
  dnf 71 France Norman Nato Monaco Venturi 33 48'34.755 1'44.707 44.271
  dnf 88 United Kingdom Tom Blomqvist United Kingdom NIO Formula E Team 25 47'57.240 8 Laps 8 Laps
  dnf 10 United Kingdom Sam Bird United Kingdom Jaguar Racing 1 2'04.864 32 Laps 24 Laps
  dnf 29 United Kingdom Alexander Sims India Mahindra Racing 0 0.000    
シェア
コメント
フォーミュラEロンドン:難コンディションの予選でリンがポールポジション。ブエミ3番手、ロッテラー5番手
前の記事

フォーミュラEロンドン:難コンディションの予選でリンがポールポジション。ブエミ3番手、ロッテラー5番手

次の記事

日産、エネルギー”0.01kWh”使用超過でロンドンePrixレース1失格。ブエミ「今季最高順位だったのに……」

日産、エネルギー”0.01kWh”使用超過でロンドンePrixレース1失格。ブエミ「今季最高順位だったのに……」
コメントを読み込む