ベルニュ、バレンシアでのフォーミュラE開催に否定的「もう2度と来たくない」

ジャン-エリック・ベルニュは、フォーミュラEのバレンシアePrixを前に、同地でレースが開催されることが2度とないよう願っていると語った。

ベルニュ、バレンシアでのフォーミュラE開催に否定的「もう2度と来たくない」

 ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)は、フォーミュラEバレンシアePrixを前に、常設サーキットでのレースはフォーミュラEのマシンに合っていないため、2度とフォーミュラEが戻ってくることがないよう願っていると語った。

 コロナ禍の影響もあり、予定されていた三亜やサンティアゴでのレースがキャンセルされた結果、フォーミュラE公式プレシーズンテストでも使われているバレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで、ダブルヘッダーのレースが行なわれることになった。

 メキシコシティePrixは、F1でも使われているエルマノス・ロドリゲス・サーキットでレースが行なわれたが、同レースはフォーミュラE用の特別レイアウトを採用。フォーミュラEが常設サーキットのフルレイアウトでレースをするのは、今回のバレンシアが初めてだと言える。

 とはいえ、エネルギー回生の機会を増やすためにサーキットのメインストレートには仮設のシケインが設置されている。それでも、ドライバーたちは一般的なストリートサーキットに比べ、1レースあたり10%多くエネルギーを回生しなければならないと予想されている。

 ローマePrixのレース1で優勝したベルニュは、GP3時代からお気に入りのサーキットであるにも関わらず、フォーミュラEが2度とリカルド・トルモ・サーキットを使用しないよう求めている。

「このサーキットのことについて訊かれるなら、GP3に参戦していた時代からこのサーキットを気に入っている」

 そうベルニュはmotorsport.comに語った。

「良いコースだけど、フォーミュラEには全然適していない。でも新型コロナウイルスの時代になって、都市部にサーキットを作るのが難しくなっているんだ。レースができることを、幸せだと僕たちは考えなくちゃいけない」

「でもはっきり言って、このサーキットには2度と来たくない。嫌いだからではなく、フォーミュラEに合っていないからだ」

 アウディのルーカス・ディ・グラッシも、高速コースでフォーミュラEがレースをするのは避けたほうがいいと考えているようだ。そうでなければ、マシンに変更が必要になると話した。

「ここみたいなコースに僕たちはあまりいくべきではない。そうでなければクルマを改造しなければならない。このクルマは、ここみたいなコースのために作られたものではないんだ」

 フォーミュラEでは、ミシュランの全天候対応タイヤを使用しているが、バレンシアではコーナリングによってタイヤにかかる負荷が高いため、普段より2セット多い、6セットのタイヤが各ドライバーに供給されている。

 バレンシアで2レースを行なった後、フォーミュラEは5月8日にモナコでレースを実施。その後、6月半ばにはメキシコでレースが行なわれる予定だが、現在新型コロナウイルスの病棟として使用されているエルマノス・ロドリゲス・サーキットではなく、プエブラにあるオートドローモ・ミゲル・E・アベドという常設サーキットが使われることになっている。

Read Also:

シェア
コメント
アタックモード用のセンサーはトラックリミット監視に使える! ディ・グラッシ、FIAに活用を提案
前の記事

アタックモード用のセンサーはトラックリミット監視に使える! ディ・グラッシ、FIAに活用を提案

次の記事

フォーミュラE第5戦バレンシアePrix予選:バンドーンが2度目のPP。日産ブエミは今季ベストの6番手

フォーミュラE第5戦バレンシアePrix予選:バンドーンが2度目のPP。日産ブエミは今季ベストの6番手
コメントを読み込む