MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

セパンテスト2日目はビニャーレスが最速タイム。中上は10番手

シェア
コメント
セパンテスト2日目はビニャーレスが最速タイム。中上は10番手
2019/02/07 10:50

セパン・サーキットでのオフィシャルテスト2日目が行われた。トップタイムはマーベリック・ビニャーレスで、後続に大きく差をつけている。

 2月7日(木)マレーシアのセパン・サーキットにてMotoGPのオフィシャルテスト2日目が行われた。

 6日に続き、2019年シーズン開始に向けて各チームが精力的にテストをこなし、この日は9人のライダーが1分59秒台までタイムを縮めている。

 2日目の今日のトップタイムをマークしたのは、モンスターエナジー・ヤマハのマーベリック・ビニャーレス。2番手に0.5秒以上の大差をつける1分58秒897というタイムを記録した。2015年にダニ・ペドロサが記録したサーキットベストラップ(1分59秒053)を上回る好タイムだ。ヤマハはセパンテストに向け選定した新スペックのエンジンをテストしていたが、今季に向けて期待の持てる結果となった。なお、ビニャーレスはブレーキングの改善を目指すと語っている。

 チームメイトのバレンティーノ・ロッシは初日と同様の6番手タイム。新エンジンへの感触も良いようだ。

 2番手にはスズキのアレックス・リンス。電子制御のテストを精力的に行っていた。

 3番手にはプラマックでファクトリー仕様のドゥカティGP19を駆るジャック・ミラーが入った。ミラーと来季のファクトリーシートを争うことになると言われているダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)は9番手タイム。また、チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは4番手タイムを記録。

 昨シーズン大クラッシュを喫し、欠場が続いていたカル・クラッチロー(LCRホンダ)だが、2日目は5番手タイムを叩き出している。チームメイトの日本人ライダー、中上貴晶は10番手タイムとなった。

 ディフェンディングチャンピオンのマルク・マルケスは負傷から回復しきっていない影響か、2日目も少なめの周回数となっている。しかし、その中でも7番手タイムを記録しており、ライバルたちは油断できないようだ。

セパンテスト2日目タイム結果

 
順位 ライダー タイム 前車との差 周回
1 マーベリック・ビニャーレス 1:58.897     62 / 63
2 アレックス・リンス 1:59.424 0.527 0.527 58 / 61
3 ジャック・ミラー 1:59.517 0.620 0.093 48 / 48
4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ 1:59.562 0.665 0.045 19 / 60
5 カル・クラッチロー 1:59.566 0.669 0.004 14 / 53
6 バレンティーノ・ロッシ 1:59.625 0.728 0.059 8 / 51
7 ティト・ラバト 1:59.664 0.767 0.039 74 / 75
8 マルク・マルケス 1:59.790 0.893 0.126 5 / 37
9 ダニーロ・ペトルッチ 1:59.845 0.948 0.055 11 / 65
10 中上貴晶 1:59.966 1.069 0.121 57 / 60
11 ヨハン・ザルコ 1:59.973 1.076 0.007 56 / 58
12 フランチェスコ・バニャイヤ 1:59.995 1.098 0.022 51 / 52
13 アレイシ・エスパルガロ 2:00.101 1.204 0.106 9 / 54
14 ファビオ・クアルタラロ 2:00.108 1.211 0.007 11 / 58
15 フランコ・モルビデリ 2:00.151 1.254 0.043 56 / 57
16 ステファン・ブラドル 2:00.230 1.333 0.079 25 / 59
17 ポル・エスパルガロ 2:00.305 1.408 0.075 66 / 67
18 アンドレア・イアンノーネ 2:00.510 1.613 0.205 21 / 39
19 ミカ・カリオ 2:00.523 1.626 0.013 4 / 41
20 ミゲル・オリベイラ 2:00.672 1.775 0.204 7 / 61
21 ジョアン・ミル 2:00.876 1.979 0.369 17 / 64
22 カレル・アブラハム 2:01.245 2.348 0.161 9 / 56
23 TEST 1, Yamaha 2:01.406 2.509 0.248 15 / 42
24 ジルバン・ギュントーリ 2:01.654 2.757 0.205 3 / 45
25 ハフィス・シャリーン 2:01.859 2.962 1.130 39 / 53
26 TEST 2, Yamaha 2:02.989 4.092 0.287 8 / 16
27 津田拓也 2:03.276 4.379   17 / 22
NC ブラッドリー・スミス        
 

次の記事
ザルコの二の舞は無し? ペトロナス・ヤマハに最新型マシン2台の供給が決定

前の記事

ザルコの二の舞は無し? ペトロナス・ヤマハに最新型マシン2台の供給が決定

次の記事

MotoGPコラム:ヤマハ復活は近い? 見えてきたペトロナスとの二人三脚

MotoGPコラム:ヤマハ復活は近い? 見えてきたペトロナスとの二人三脚
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント セパン公式テスト