ダブルヘッダーの鈴鹿大会がスタート、専有走行は小林可夢偉がトップ

鈴鹿サーキットで行なわれている2020スーパーフォーミュラ第5・6戦。今週最初のセッションとなった専有走行では小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がトップタイムを記録した。

ダブルヘッダーの鈴鹿大会がスタート、専有走行は小林可夢偉がトップ

 鈴鹿サーキットでの2020スーパーフォーミュラ第5戦・第6戦を週末に控え、1時間の専有走行が行なわれ、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がコースレコードから0.055秒差に迫る1分35秒962でトップタイムを記録した。

Read Also:

 今回の鈴鹿大会は、土曜日に第5戦の予選・決勝、日曜日に第6戦の予選・決勝を行なうという変則スケジュールとなっている関係で、専有走行とフリー走行セッションは12月4日(金)に実施されることとなった。

 昨晩は一時雨に見舞われた鈴鹿サーキット周辺だが、今日は朝から雲ひとつない青空が広がり、ドライコンディションで今週最初のスーパーフォーミュラの走行が始まった。

 普段はシーズン前の公式テストなどで使用される鈴鹿だが、今年は新型コロナウイルスの影響で、各チームとも今季初の鈴鹿でのSF走行となった。そういったこともあり、各車とも慎重な走り出しをみせていた。

 その中でセッション序盤に上位を独占したのがITOCHU ENEX TEAM IMPUL勢。平川亮が1分38秒024をマークしてトップに立つと、関口雄飛も1分38秒266で2番手につけた。

 それを上回ったのが、先週のスーパーGTで自身2度目のGT500チャンピオンに輝いた山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。開始15分のところで1分36秒699をマークし、ライバルを大きく引き離した。これに続いて各車ともペースを上げていこうかというところで、シャルル・ミレッシ(Buzz Racing with B-Max)が1コーナーでコースオフし赤旗中断となった。

 ミレッシはグラベル上にマシンを止めただけでマシンにダメージはなく、車両回収を終えて残り30分をきったところでセッションが再開された。ここからは各車ともロングランのメニューをこなしていたのか、あまりタイム更新はみられなかったが、ラスト5分を切ると予選を想定したタイムアタックを開始した。

 ここでトップタイムを記録したのが小林。2017年開幕戦で中嶋一貴が記録した1分35秒907のコースレコードから0.055秒差に迫る1分35秒962をマークした。これに続いたのが前戦オートポリスで優勝した野尻智紀(TEAM MUGEN)、3番手には牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)が続き、ホンダ/M-TECエンジン勢が上位に食い込んだ。

Read Also:

シェア
コメント
スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿|専有走行タイム結果

前の記事

スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿|専有走行タイム結果

次の記事

スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿|フリー走行タイム結果

スーパーフォーミュラ第5・6戦鈴鹿|フリー走行タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第5戦:鈴鹿
執筆者 吉田知弘