スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
1 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
22 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
36 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
57 days

SGT第1戦富士|最後の最後でGR Supraが逆転! 37号車が開幕戦ポールを獲得

シェア
コメント
SGT第1戦富士|最後の最後でGR Supraが逆転! 37号車が開幕戦ポールを獲得
執筆:

2020年のスーパーGT第1戦富士の公式予選が行なわれ、GT500クラスは最後の最後でGR Supra勢が逆転する速さをみせ、#37 KeePer TOM'S GR Supraがポールポジションを獲得した。

 富士スピードウェイでついに開幕した、2020年スーパーGT。その開幕戦のGT500クラス予選では、#37 KeePer TOM’S GR Supraがポールポジションを獲得した。

Read Also:

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、シーズン開幕が大きく遅れた2020年のスーパーGT。開幕戦は予選と決勝が同日に行なわれる変則的なスケジュールとなった。

 午前9時30分からGT300のQ1を皮切りに、この日のセッションがスタート。雨は降っていないものの路面の一部が濡れていることもあり、最初はWET宣言が出された。しかしGT500のQ1が始まる頃には太陽が顔を出し、路面も完全にドライとなった。

 今回のQ1は10分しかない短い戦い。そのため、グリーンシグナルが点灯すると各車とも早めにコースインし、しっかりタイヤを温めてタイムアタックを行なった。

 まずターゲットとなるタイムを出したのは#12 カルソニック IMPUL GT-Rの平峰一貴で1分28秒350をマーク。しかし、それを上回る速さをみせたのが昨日の公式練習でトップタイムを記録した#100 RAYBRIG NSX-GTで、山本尚貴が1分26秒937というコースレコードに迫るタイムを記録しトップに立った。これに対し#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの平手晃平が1分27秒022で走り肉薄したが、山本のタイムを上回る者はなかなか現れなかった。ただ、チェッカーフラッグ直前で#8 ARTA NSX-GTの福住仁嶺が1分26秒433を叩き出し、Q1トップ通過を果たした。さらに今季からスーパーGTにデビューする#16 RedBull MOTUL MUGEN NSX-GTの笹原右京も、5番手に入る走りを見せた。

 日産勢は苦戦を強いられ、3番手の3号車を除く3台がQ1でノックアウトとなった。トヨタ勢は#37 KeePer TOM’S GR Supraの4番手が最上位となり4台がQ2進出を果たしたが、開幕前のテストで好調な走りを見せていた#14 WAKO’S 4CR GR Supraは11番手でQ1敗退となった。

 上位8台で争われた予選Q2でも、やはり各車とも入念タイヤを温めてタイムアタックに臨んだ。

 そんな中、まず1分26秒台のタイムを刻んだのが100号車の牧野任祐。1分26秒905を記録し、それまでトップにつけていた3号車に対して0.6秒以上の差をつけた。

 ここでもホンダ勢が優勢かと思われたが、ホームコースでデビューウィンを狙うトヨタ勢が巻き返しを見せた。まずは#36 au TOM’S GR Supraのサッシャ・フェネストラズが1分36秒764を記録すると、37号車の平川が1分26秒550を叩き出しトップに浮上……これで勝負が決した。

 ホンダ勢の牙城を崩し、37号車のGR Supraがポールポジションを獲得。2番手には8号車が0.1秒差で食い込み、トップは奪われたもののホンダ勢がフロントロウの一角を死守した。3番手には36号車が続いた。日産勢では3号車の7番手が最上位となった。

 決勝レースは、7月19日の15時00分からスタートが切られる。

Read Also:

SGT第1戦富士|接戦となったGT300クラスのトップ争い……65号車LEON AMGがPP獲得

前の記事

SGT第1戦富士|接戦となったGT300クラスのトップ争い……65号車LEON AMGがPP獲得

次の記事

SGT開幕戦ポールを獲得した平川亮「喜ぶ暇もなく決勝が始まるので集中していく」

SGT開幕戦ポールを獲得した平川亮「喜ぶ暇もなく決勝が始まるので集中していく」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦 富士
執筆者 吉田知弘