ローゼンクヴィスト、日本のレベルの高さに感銘「ヨーロッパにはない“強さ”がたくさんある」

シェア
コメント
ローゼンクヴィスト、日本のレベルの高さに感銘「ヨーロッパにはない“強さ”がたくさんある」
執筆:
2019/01/30 7:11

今季インディカー・シリーズにフル参戦するフェリックス・ローゼンクヴィストはスーパーフォーミュラやスーパーGTでの経験を役立てることができるだろうと自信をみせた。

 2019年はアメリカのインディカー・シリーズに参戦するフェリックス・ローゼンクヴィストは、日本でのレースを2シーズン経験したことが、さらに自身のパフォーマンスに自信がつながると語った。

 マカオF3の2年連続優勝や、フォーミュラEでも優勝を飾るなど数多くのカテゴリーで活躍してきたローゼンクヴィスト。彼が日本にやってきたのは2017年で、最初はスーパーフォーミュラに参戦し、開幕戦こそ苦戦したが第2戦岡山のレース2で4位入賞。そのまま第3戦富士、第4戦もてぎ、第5戦オートポリスと3戦連続で表彰台を獲得。未勝利ながらドライバーズランキング3位を手にし、注目を集めた。

 2018年はフォーミュラEへの参戦の兼ね合いもあり、スーパーGTへ転向。シーズンオフのテストからいきなり好タイムを連発し周囲を驚かせ、開幕戦岡山でも4位獲得に貢献した。

 第4戦タイでは2位表彰台を獲得し、チャンピオン争いに名乗り出るかと思われたが、後半戦は思うように上位に食い込めないレースが続き、最終的にランキング10位に終わった。

 この2シーズンで優勝こそできなかったものの、日本最高峰の2カテゴリーを経験したことは、ローゼンクヴィストにとって大きくプラスになっているようだ。

「日本でのレースはすごく面白かったし、充実した2シーズンを過ごすことができた」

 そうローゼンクヴィストは語った。

「(2017年に参戦した)スーパーフォーミュラはランキング3位になれたけど、決して簡単なシーズンではなかった。正直、いつもタフだったし、レースでは色んなことを瞬時に判断しなきゃいけないし、イチから色々なものを作り上げていかなければいけないような感じだった。その中でも好結果を出せたのは誇りに思うし、チャンピオンシップ争いでも近いところにいけたのは良かった」

「2018年はスーパーGTにチャレンジして、最初の走り出しはよかったし、(大嶋)和也とともにチャンピオン獲得に向けてすごく希望に満ち溢れていた。だけどタイでのレースが終わって以降、調子が上がらなくなって、最終的には残念な結果に終わってしまった」

 今シーズンは活躍の場をアメリカに移し、インディカー・シリーズに挑戦するローゼンクヴィスト。彼は日本のレースやドライバーのレベルについても言及。ヨーロッパにはない良さもたくさんあり、それを2シーズンで学ぶことができたと語った。

「日本でのレースを経験してすごく楽しかったし、色々なものを勉強した。特に日本で戦っているドライバーたちは、ヨーロッパの選手が持っていない“強さ”をたくさん持っている。それらを勉強して、その強さを吸収できたつもりでいる。それはきっとインディに行っても役に立つと思う」

次の記事
小林可夢偉、今季はスーパーGTに参戦せず? WEC専念を示唆

前の記事

小林可夢偉、今季はスーパーGTに参戦せず? WEC専念を示唆

次の記事

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT参戦か? 海外メディア報じる

チーム郷、マクラーレン720S GT3でスーパーGT参戦か? 海外メディア報じる
Load comments