スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
18 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
R
08 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
28 days
22 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
42 days
11 9月
-
13 9月
Canceled
R
12 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
63 days
R
富士 III
03 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
84 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
24 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
もてぎ II
07 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
119 days
R
28 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
140 days

ナレイン・カーティケヤンがスーパーGT離脱を発表

シェア
コメント
ナレイン・カーティケヤンがスーパーGT離脱を発表
執筆:
2020/01/06 9:28

2019シーズンはスーパーGT(GT500)で活躍したナレイン・カーティケヤンだが、2020シーズンは同カテゴリーに参戦しないことを正式に発表した。

 元F1ドライバーでここ数シーズンは日本のトップカテゴリーに参戦していたナレイン・カーティケヤンが、2020年のスーパーGT(GT500クラス)には参戦しないことが、所属するNAKAJIMA RACINGから発表された。

 カーティケヤンはインド人初のF1ドライバーとして2005年にジョーダンからデビュー。その後は一時F1から離れたものの、2011年と2012年にHRTから再びF1に挑んだ。

 2014年から活動の場を本格的に日本へ移し、スーパーフォーミュラに参戦。2018年までの5シーズンで2度の3位表彰台を経験した。

 2019年は以前から本人も興味があったというスーパーGTへの参戦を開始し、牧野任祐とともに#64 Modulo Epson NSX-GTをドライブ。カーティケヤンにとっては初めてとなるツーリングカーレース、しかも2クラス混走というスーパーGTの特徴に慣れない部分もあって序盤は苦戦を強いられたが、第7戦SUGOでは雨の中で2位表彰台を獲得。さらに11月に行なわれたスーパーGT×DTM特別交流戦のレース2で優勝を果たし、日本のレースで念願の初優勝を飾った。

 しかしカーティケヤンは、2019年いっぱいでスーパーGTから離脱することがNAKAJIMA RACINGが発行したプレスリリースで明らかとなった。

 気になる今後のカーティケヤンの動向だが、自動車関連のベンチャービジネスに注力するとのこと。レーシングドライバーとしての活動も続けていく模様で、こちらについては改めて発表があるようだ。

 リリースでカーティケヤンは次のようにコメントを発表した。

「2019年は私にとって素晴らしい年だったが、非常に忙しい年でもありました。 実際に数え切れないほど何度も日本に旅をした1年だった。スーパーGT×DTM特別交流戦で優勝したことで、私の2019シーズンはこれまでで最も素晴らしい形で幕を閉じた。 (中嶋)悟さんをはじめナカジマレーシングファミリーの皆さんと、本当に素晴らしい1年になったことに感謝している」

Read Also:

次の記事
スーパーGTで魅せた強い気持ちを胸に……“世界のヤマケン”、次なる舞台へ

前の記事

スーパーGTで魅せた強い気持ちを胸に……“世界のヤマケン”、次なる舞台へ

次の記事

東京パラリンピックで3大会連続の金メダル獲得へ……鉄人ザナルディ”準備万端”

東京パラリンピックで3大会連続の金メダル獲得へ……鉄人ザナルディ”準備万端”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘