F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

F1ハンガリーFP3:ハミルトン首位も、3チームが拮抗か。フェルスタッペン2番手

シェア
コメント
F1ハンガリーFP3:ハミルトン首位も、3チームが拮抗か。フェルスタッペン2番手
執筆:
2019/08/03 13:50

F1ハンガリーGPのフリー走行3回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップとなった。

 F1第12戦ハンガリーGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがコースレコードを更新し、トップとなった。

 セッション開始前に行われたF2のレースでエンジンブローしたマシンが発生。コース上にエンジンオイルが撒かれてしまったため、ターン4周辺で大規模なオイル処理が行われた。この影響でセッション開始が10分遅れ、50分に短縮されてFP3がスタートした。

 天候悪化の予報も出ていたこのセッションだが、ハンガロリンクは気温24度、路面温度40度のドライコンディション。金曜日の雨によって貴重となったドライでの走行時間を有効活用しようと、セッション開始直後からメルセデスを含め約半数のマシンがコースインした。

 ただ、オイル処理が行われたターン4〜5では、マシンが通ると処理に使われた石灰が巻き上がってしまう状態に。メルセデス勢はすぐにピットに戻り、レッドブルやフェラーリ勢はガレージに留まった。

 一方、マクラーレンやレーシングポイント勢はソフトタイヤで積極的に周回。FP1、FP2が雨に見舞われたことでこなせなかったデータ収集を進めた。

 フェラーリ勢は残り時間が40分になろうかという頃にソフトタイヤでコースイン。シャルル・ルクレールが1分18秒228をマークしトップに立つと、セバスチャン・ベッテルが1分17秒435でそれを上回った。

 メルセデス勢もソフトタイヤで走行するが、1分17秒330までタイムを縮めたベッテルに届かず。ルイス・ハミルトンが3番手、バルテリ・ボッタスが4番手となった。ただ、共に再度のアタックでタイムを更新。ハミルトンが1分17秒051でトップに浮上した。

 レッドブルは最も遅くコースインしたマックス・フェルスタッペンが5番手。ピエール・ガスリーはミディアムタイヤで6番手に続いた。

 しばらくトップ6はメルセデス、フェラーリ、レッドブルの順でチームごとに並んでいたが、セッション折り返しを過ぎ2回目のアタックを実施したフェルスタッペンが1分17秒035をマーク。これでタイムシートのトップにつけた。

 残り時間が25分を切ると、マクラーレンのランド・ノリスが2セット目のソフトタイヤで走行開始。3番手タイムでメルセデス勢の間に飛び込んだ。

 これを皮切りに、多くのマシンが新品のソフトタイヤで予選シミュレーションを始めた。ここでトップに立ったのはハミルトンで、1分16秒339を叩き出した。ボッタスが0.150秒差で続き、ルクレール、フェルスタッペンというオーダーとなった。

 フェルスタッペンは2度目のアタックでハミルトンに迫るも、0.135秒届かず。さらにルクレールがセクター2で全体ベストを更新するが1分16秒392と、ハミルトンには0.053秒及ばなかった。

 残り時間が10分に迫ろうかという頃には、ノリスがこのセッション3セット目のソフトタイヤを投入。前日のFP2がウエットコンディションとなったため、タイヤの残り数に1セット余裕があるのだ。ノリスはガスリー、ベッテルを上回る5番手タイムを記録。ハミルトンからも0.435秒差という好位置だ。

 セッション残り9分を切ると、同じように各車が新品のソフトタイヤを装着しコースイン。フェルスタッペンはセクター1で挙動を乱す場面がありながらも、セクター2、3で全体ベストを更新し、コースレコードを更新する1分16秒097を叩き出した。

 セクター1で全体ベストを更新したベッテルはフェルスタッペンに肉薄したが、0.069秒差の2番手。同じくペースが良かったボッタスはターン5でトラフィックに引っかかり、アタックを中断してしまった。

 これでフェルスタッペンがセッショントップかと思いきや、最後にハミルトンがセクター3で全体ベストを更新し1分16秒084を記録。フェルスタッペンを0.013秒上回り、トップでFP3を終えた。

 最終的にトップ3はハミルトン、フェルスタッペン、ベッテルというオーダー。セクター1ではベッテル、セクター2ではフェルスタッペン、セクター3ではハミルトンが速さを見せ、結果的に0.1秒差以内の僅差でトップ3を3チームが分け合う形となった。

 中団チームでは、ノリスが頭ひとつ抜け出し、6番手のガスリーをも脅かすポジションに。それ以降は接戦で、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)、ハース勢、クビアトがトップ10を伺う位置につけた。

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、途中ブレーキの感触に違和感を訴えるシーンもあり、17番手となっている。

【リザルト】F1第12戦ハンガリーGP:フリー走行3回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 21 1'16.084     207.291
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 16 1'16.097 0.013 0.013 207.256
3 Germany セバスチャン ベッテル 18 1'16.166 0.082 0.069 207.068
4 Finland バルテリ ボッタス 19 1'16.355 0.271 0.189 206.556
5 Monaco シャルル ルクレール 18 1'16.392 0.308 0.037 206.456
6 France ピエール ガスリー 19 1'16.684 0.600 0.292 205.670
次の記事
【動画】2019年F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目ハイライト

前の記事

【動画】2019年F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目ハイライト

次の記事

F1ハンガリー予選速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが初ポール獲得!

F1ハンガリー予選速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが初ポール獲得!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第12戦ハンガリーGP
サブイベント FP3
執筆者 松本 和己