F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

F1アブダビFP3:レッドブルのフェルスタッペン最速。3強入り交じる結果で予選へ

シェア
コメント
F1アブダビFP3:レッドブルのフェルスタッペン最速。3強入り交じる結果で予選へ
執筆:
2019/11/30 12:58

F1第21戦アブダビGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

 ヤス・マリーナ・サーキットでF1第21戦アブダビGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

 予選前最後のセッションとなるFP3は、気温26度、路面温度40度というコンディションで開始時刻を迎えた。

 初日に引き続き先頭でコースインしたのはキミ・ライコネン(アルファロメオ)。ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンのハース組も続いてインスタレーションラップをこなした。

 トロロッソ・ホンダ勢のダニール・クビアト、ピエール・ガスリーもインスタレーションラップをこなしたが、そこから続いてコースに出るチームは現れず、セッション序盤は実に静かな状況となった。

 開始から10分が経過するとようやくピットに動きがあり、ランド・ノリス(マクラーレン)がコースイン。ノリスはそのままタイム計測に入り、1分38秒987を記録した。その頃にはチームメイトのカルロス・サインツJr.を筆頭に、上位陣を含む各チームがコースへと向かい出した。

 セッション開始20分、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分37秒911をマークしてトップタイムとすると、チームメイトのルイス・ハミルトンもコースに入り、1分37秒699とトップタイムを更新していった。

 そこからタイムを更に上げてきたのはフェルスタッペンだ。フェルスタッペンは1分37秒202でトップタイム。しかし同じタイヤでアタックを続けるハミルトンが1分36秒877と大きくタイムを削ってトップに立つと、ボッタスも2番手に続いた。

 ハミルトンはその後もアタックを続け、1分36秒640までタイムを縮めてセッションは折返しとなった。

 残り20分を目前としたところで、フェラーリ勢が再びコースイン。どちらもミディアムタイヤでアタックに向かうとベッテルが1分36秒975で2番手タイムを記録し、ルクレールも1分37秒010で3番手となった。

 一方でメルセデスは新品ソフトタイヤを装着し、チームによってタイヤ選択が別れた。そんな中、ボッタスが1分36秒655でトップのハミルトンに迫った。

 アタックに入るマシンが増える中、マクラーレンのサインツJr.はチームメイトのノリスからトウを得て加速。1分37秒691を記録して7番手までタイムを上げた。

 フェルスタッペンもソフトタイヤでのアタックに入ると、ミスがありつつも1分36秒729をマークして3番手につけた。チームメイトのアレクサンダー・アルボンも1分36秒927で4番手に続いた。

 コースインしようとしたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)のマシン後部から多少の液体が漏れ出る場面もあり、ライコネンが直撃を受けたが、それ以上のトラブルには至らず、ペレスは走行を継続させた。

 フェルスタッペンはその後2回目のアタックに入り、1分36秒566のトップタイムをマークしている。

 そこから上位陣のオーダーは変わらず、フェルスタッペンが首位でセッションが終了。2番手、3番手にメルセデス勢が続いた。アルボンも最終的に4番手と好位置をキープして予選を迎えることとなった。ただ、フェラーリ勢がベストタイムをマークした際のタイヤはミディアムであり、まだまだ勢力図は分からない状況だ。

 またトロロッソ勢はガスリーが10番手、クビアトが12番手タイム。とはいえ中団グループのタイムも非常に接近しており、予選Q1から激しい戦いになりそうな予感だ。

【リザルト】F1第21戦アブダビGP フリー走行3回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 15 1'36.566     207.054
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 18 1'36.640 0.074 0.074 206.895
3 Finland バルテリ ボッタス 17 1'36.655 0.089 0.015 206.863
4 Thailand アレクサンダー アルボン 18 1'36.927 0.361 0.272 206.283
5 Germany セバスチャン ベッテル 15 1'36.975 0.409 0.048 206.180
6 Monaco シャルル ルクレール 16 1'37.010 0.444 0.035 206.106
7 Mexico セルジオ ペレス 16 1'37.516 0.950 0.506 205.037
8 Australia ダニエル リカルド 14 1'37.615 1.049 0.099 204.829
9 Spain カルロス サインツ Jr. 22 1'37.691 1.125 0.076 204.669
10 France ピエール ガスリー 17 1'37.736 1.170 0.045 204.575
次の記事
【動画】2019年F1第21戦アブダビGPフリー走行3回目ハイライト

前の記事

【動画】2019年F1第21戦アブダビGPフリー走行3回目ハイライト

次の記事

F1アブダビ予選速報:ハミルトン、ボッタスがワンツー。フェルスタッペン3番手

F1アブダビ予選速報:ハミルトン、ボッタスがワンツー。フェルスタッペン3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第21戦アブダビGP
執筆者 永安陽介