F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

F1アブダビFP2:ボッタス初日完封&メルセデスワンツー。フェルスタッペン5番手

シェア
コメント
F1アブダビFP2:ボッタス初日完封&メルセデスワンツー。フェルスタッペン5番手
執筆:
2019/11/29 15:45

F1第21戦アブダビGPのフリー走行2回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録。チームメイトのルイス・ハミルトンとワンツー体制を築いた。

 F1第21戦アブダビGPのフリー走行2回目がヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがFP1に引き続きトップタイムをマークした。

 レースと同時間帯の夕暮れ時に行なわれるFP2は気温25度、路面温度30度というコンディションで開始された。

 先陣を切ったのはキミ・ライコネン(アルファロメオ)。チームメイトのアントニオ・ジョビナッツィやシャルル・ルクレール(フェラーリ)も続いてコースへと向かった。

 ライコネンはタイム計測に入ると1分39秒990をマークし、ひとまずトップタイムとしたが、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ルクレールらがタイムを更新していった。

 セッション開始から15分頃、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分37秒145をミディアムタイヤで記録してトップタイムを更新。FP1で記録した自身のベストタイムを超えてきた。その後はバルテリ・ボッタスとハミルトンが1分37秒241、1分37秒975をマークして2〜3番手につけた。

 ボッタスはタイム計測を続けていたが、先行車を避けた際にコースアウトする場面もあった。

 セッションが30分を経過すると、ルクレールがいち早くソフトタイヤを装着。そのまま計測に入ったが、19コーナーの縁石でマシンを滑らせてしまい、右側のタイヤをウォールにヒット。アタックを中断してピットへと戻った。

 ここからコース上では上位陣がアタックへ向かい始めた。

 ボッタスもソフトタイヤを装着してアタックに入ると、マシンを滑らせながらも1分36秒256と一気にタイムを上げてトップとした。ハミルトンも同じくソフトタイヤで1分36秒634の2番手タイムをマークした。

 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は1分37秒114で3番手に続いたが、フェルスタッペンが1分36秒811でそれを上回った。

 セッション残り45分を前にした頃、ルクレールが再びコースイン。アタックに入ると1分36秒642で3番手タイムとなった。

 残り40分、ジョビナッツィがターン19でスピンを喫してしまう。ただ、幸いウォールにはヒットしなかったことから、ダメージもなく再スタートを切ることができた。

 ベッテルは新品タイヤでのアタックラップを行なうためにもう一度出走したが、途中コースからはみ出すシーンを見せつつ、1分36秒691をマークして4番手タイムとした。

 各チームは徐々にロングランにプログラムを移行させつつあり、コースではタイム更新も控えめになった。

 残り20分を切った頃、ロマン・グロージャン(ハース)とボッタスがターン11で衝突。前方を走っていたグロージャンがイン側に飛び込んでくるボッタスに気付かずマシンを振ったため、両車はエイペックスで衝突してしまい、マシンは共に大きく破損してしまった。

 コース上にはパーツが散らばってしまい、セッションはこれで赤旗中断に。このインシデントはスチュワードによって記録された。

 その後セッションは残り12分で再開された。なおダメージを負ったボッタスのマシンは素早く修復がなされ、残り6分で再びコースへ戻った。

 ただアタックラップなどは行なわれず、ボッタスがトップタイムのままセッションが終了。2番手にはハミルトンが続き、メルセデスのワンツー体制となった。

 3番手、4番手にフェラーリのルクレールとベッテルが続き、5〜6番手はレッドブルのフェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンという3強が順当に並ぶ結果となった。

 FP1に続き、中団勢最速はハース。グロージャンが7番手につけた。トロロッソはダニール・クビアトが9番手、ピエール・ガスリーが10番手タイムを記録した。

【リザルト】F1第21戦アブダビGP フリー走行2回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 29 1'36.256     207.721
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 33 1'36.566 0.310 0.310 207.054
3 Monaco シャルル ルクレール 30 1'36.642 0.386 0.076 206.891
4 Germany セバスチャン ベッテル 28 1'36.691 0.435 0.049 206.786
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 30 1'36.807 0.551 0.116 206.538
6 Thailand アレクサンダー アルボン 30 1'37.288 1.032 0.481 205.517
7 France ロマン グロージャン 17 1'37.601 1.345 0.313 204.858
8 Mexico セルジオ ペレス 32 1'37.637 1.381 0.036 204.783
9 Russian Federation ダニール クビアト 34 1'37.651 1.395 0.014 204.753
10 France ピエール ガスリー 36 1'37.770 1.514 0.119 204.504
次の記事
F1アブダビFP2速報:ボッタストップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手

前の記事

F1アブダビFP2速報:ボッタストップタイム。レッドブル・ホンダは5、6番手

次の記事

【動画】2019年F1第21戦アブダビGPフリー走行2回目ハイライト

【動画】2019年F1第21戦アブダビGPフリー走行2回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 永安陽介