F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

F1アメリカFP3:フェルスタッペンがトップタイム。マクラーレンのノリス驚きの3番手

シェア
コメント
F1アメリカFP3:フェルスタッペンがトップタイム。マクラーレンのノリス驚きの3番手
執筆:
2019/11/02 19:15

F1アメリカGPのフリー走行3回目では、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークした。

 F1第19戦アメリカGPのフリー走行3回目が行われた。トップタイムを記録したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)で、タイムは1分33秒305だった。

 予選前最後のセッションとなるFP3。気温18℃、路面温度25℃というコンディションの下でスタートした。

 セッション開始直後からケビン・マグヌッセン(ハース)、ランド・ノリス(マクラーレン)をはじめ11台のマシンがコースインしたが、タイム計測をする者はおらず、インスタレーションラップを行ったのみでピットへと戻っていった。

 まず最初にタイムを計測したのはロマン・グロージャン(ハース)。セッション開始15分というタイミングでソフトタイヤを履き、1分36秒579をマークした。

 そんな中、シャルル・ルクレール(フェラーリ)のマシンがストップ。彼はパワーユニットに何らかの問題があることを無線で伝えており、マシン後方からは白煙が上がっていた。これによりバーチャル・セーフティカーが発令された。

 バーチャル・セーフティカーが解除されると、多くのマシンがソフトタイヤでタイム計測に入った。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が1分34秒558でトップに立つと、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がそれに続いた。ソフトタイヤで連続周回を行ったベッテルは、走る度にトップタイムを更新していき、1分34秒441までタイムを伸ばした。

 しばらく静観していたレッドブル勢だったが、セッション中盤からタイム計測を開始。フェルスタッペンは1分34秒458を記録して2番手につけた。彼はその後1分34秒186にタイムを更新し、ベッテルを上回りトップにつけた。

 セッションが残り20分を切った段階で、ボッタスがまず2セット目のソフトタイヤを投入し、1分33秒904でトップに浮上した。それに呼応するように、その他の上位陣も2セット目のソフトタイヤでアタックを行った。

 ベッテルは全セクターで全体ベストタイムを更新し、1分33秒523をマークしてトップの座を奪った。フェルスタッペンは1分33秒717で2番手となった。

 ここまでミディアムタイヤで速さを見せていたマクラーレン勢は、ソフトタイヤで驚きのパフォーマンスを見せた。特にノリスは1分33秒818を記録し、メルセデスの2台を上回る3番手に飛び込んできた。

 その後、フェルスタッペンが1分33秒305をマークしてトップに立つと、それを上回るドライバーが現れないままセッションが終了した。2番手に0.218秒差でベッテル、3番手にはノリスとなった。

 4番手以下はボッタス、ハミルトン、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)。7番手にはカルロス・サインツJr.がつけており、マクラーレンの予選でのパフォーマンスは注目と言える。なお、トロロッソ・ホンダは好調のピエール・ガスリーが9番手、ダニール・クビアトが14番手となった。

【リザルト】F1第19戦アメリカGP:フリー走行3回目タイム結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 13 01'33.305     212.708
2 Germany セバスチャン ベッテル 17 01'33.523 00.218 00.218 212.213
3 United Kingdom ランド ノリス 14 01'33.818 00.513 00.295 211.545
4 Finland バルテリ ボッタス 17 01'33.904 00.599 00.086 211.352
5 United Kingdom ルイス ハミルトン 16 01'33.923 00.618 00.019 211.309
6 Thailand アレクサンダー アルボン 14 01'33.983 00.678 00.060 211.174
7 Spain カルロス サインツ Jr. 15 01'34.408 01.103 00.425 210.223
8 Finland キミ ライコネン 18 01'34.513 01.208 00.105 209.990
9 France ピエール ガスリー 14 01'34.517 01.212 00.004 209.981
10 Australia ダニエル リカルド 11 01'34.774 01.469 00.257 209.411
次の記事
F1アメリカFP3速報:フェルスタッペン最速で予選へ。ノリス躍進の3番手

前の記事

F1アメリカFP3速報:フェルスタッペン最速で予選へ。ノリス躍進の3番手

次の記事

【動画】2019年F1第19戦アメリカGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】2019年F1第19戦アメリカGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第19戦アメリカGP
サブイベント FP3
執筆者 戎井健一郎