F1 カナダGP

今からエンジンの燃料流量を増やすなんてムリ! FIAの26マシン改善案に、メルセデスら反対。一方レッドブルは容認……その意図は?

先日新規則の概要が発表された2026年のF1マシン。そのパフォーマンスを引き上げるため、エンジン出力を上げるという案がFIAから出ているが、これについては多くのチームが反対。しかし一方で、開発がうまくいっていないとされるレッドブルは、容認する構えのようだ。

Toto Wolff, Team Principal and CEO, Mercedes-AMG F1 Team, Bruno Famin, Team Principal, Alpine F1 Team

 2026年から、新しい規則に応じて作られる、全く新しいF1マシンが登場する予定だ。ただそのパフォーマンスが低すぎるのではないかとして、懸念の声が多く上がっているため、FIAはこれに対処すべく、エンジンの出力を上げる方法を検討中だ。

 2026年からはパワーユニット(PU)の規則も変更され、エンジンと電力の出力比が均等になる予定だが、それを実現するために、エンジンへの燃料流量を現状よりも大きく引き下げることを決めている。この方針を転換することによりエンジンの出力を向上させ、マシンのパフォーマンスを引き上げようとFIAは画策しているわけだ。

 ただメルセデスのトト・ウルフ代表は「エンジンの開発はあまりにも進んでいる」として、この案に反対の姿勢。アルピーヌもこれに同調している。新PUはすでに2年前から開発されており、今から変更を加えるのは難しいのは自明。実際出力を上げれば、エンジンの各パーツにかかる負荷が変わり、再設計を強いられる可能性も高い。

 一方で新規則下でのPUを自社で開発しているレッドブルは、PU規則の変更を容認する構え。レッドブルはこの新PUの開発がうまくいっていないと伝えられているが、そんな中で規則変更を容認するというのは、何らかの意図がありそうだ。

詳報はこちら▼:
 

前の記事 2026年のF1テクニカルレギュレーション、最終案は6月末までに決定か? 10月延期論にメルセデスが反対
次の記事 2026年規則への懸念に対処するFIAの”燃料流量増加案”について、複数メーカーが反対の意向「すでに2年も前から開発が進んでしまっているんだ」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本