2021年導入予定の新規則、新型コロナの影響で1年延期? 多くのF1チームが賛成

多くのF1チームは、新型コロナウイルスにより2020年シーズンの開幕が遅れていることから、2021年に予定されている新レギュレーション導入を2022年に延期するよう働きかけている。

2021年導入予定の新規則、新型コロナの影響で1年延期? 多くのF1チームが賛成

 新型コロナウイルスの影響で、開幕が遅れている2020年シーズンのF1。先日チーム代表たちは電話会談を行ない、2021年に導入される予定となっている新たな技術規則について議論した。その中では、現行の規則を2021年も継続し、新規則は2022年から導入すべきだという案が出た。

 それに伴ってシャシー、ギヤボックスといった主要コンポーネントの開発を凍結するというシナリオについても議論された。ただしそうなった場合でも、チーム間のパフォーマンスの差別化を図るために、空力開発は許可されることになるだろう。

 これらの案には10チーム中9チームが賛成している。唯一フェラーリだけは、さらなる検討をするための時間が欲しいとしている状態だ。

 これを受けて、F1の会長であるチェイス・キャリーとF1モータースポーツ部門の責任者であるロス・ブラウン、そしてFIA会長ジャン・トッドによって、2度目の電話会談が予定されている。

 この会談では今後のカレンダーについても議題に上がるものと思われる。その中では、2020年シーズンのレースを2021年1月まで行ない、2021年シーズンの開幕を遅らせるという可能性についても議論されるようだ。

 現在は新型コロナウイルスの収束の目処が立っていないことから、いつシーズンが再開できるのか、今季何レースを開催できるのかは不透明な状況だ。そういった点では、レギュレーションの一部凍結は合理的な対応であると言えるだろう。

 F1は各レースの主催者から開催権料を受け取っており(モナコGPを除く)、それを各チームにも分配している。つまり、レース数が減少することはチームの収入に直接的な影響を与える。また新型コロナウイルスは世界経済にも打撃を与えていることから、F1やF1チームへのスポンサーシップにも影響が及ぶ可能性がある。

 さらに自動車メーカー自体も打撃を受けた場合、そのメーカーは取締役会などを通してF1活動継続について議論をすることになるかもしれない。

 そんな状況の中で、チームは支出を削減したいと考えており、そのために2020年マシンをもっと活用したいと考えているのだ。

 新たな技術規則の導入が2022年にずれ込んだ場合、各チームは全く新しいマシンを開発するための余裕ができることとなる。そのため2021年の開発は導入予定の予算上限に収まることになるだろう。

 これにより中団チームが最も危惧していた、トップチームが予算制限のない2020年中に莫大な資金を投入して2021年マシンを開発し大きなアドバンテージを得る、という点も軽減されることになるだろう。

 一方、新たなコンコルド協定(F1の商業的な権利などに関する協定)には、どのチームも署名していない。ただレギュレーション変更が保留されることで、F1への長期的な参戦を迷っているチームの財政的負担を軽減できる可能性がある。

 さらに新技術規則の導入延期はタイヤサプライヤーであるピレリにとっても好都合になるはずだ。彼らは2021年に18インチタイヤを導入する予定となっているが、そのテストプログラムも新型コロナウイルスの影響を受けているからだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
F1日本GPのチケット販売詳細が公開。Honda応援席が1万3千席に拡大

前の記事

F1日本GPのチケット販売詳細が公開。Honda応援席が1万3千席に拡大

次の記事

F1がオランダGP、スペインGP、モナコGPの開催延期を決定。シーズン開幕は6月以降に

F1がオランダGP、スペインGP、モナコGPの開催延期を決定。シーズン開幕は6月以降に
コメントを読み込む