F1のプレシーズンテスト、3月にバーレーンで実施へ。延期濃厚なオーストラリアGPも影響

F1は、開幕戦のオーストラリアGPが延期される可能性が高いことを受けて、2021年のプレシーズンテストを3月のバーレーンで実施することを検討しているようだ。

シェア
コメント
F1のプレシーズンテスト、3月にバーレーンで実施へ。延期濃厚なオーストラリアGPも影響

 2021年シーズンのF1は、例年通りオーストラリアGPで3月21日に開幕する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックと渡航制限の影響で、開催延期が濃厚だと見られている。

 そうなれば、第2戦に予定されていた3月28日のバーレーンGPでシーズンが開幕することになるだろう。

Read Also:

 この影響で、F1のプレシーズンテストの開催計画が変更されることになるようだ。当初、各チームは2021年のプレシーズンテストをバーレーンに移すことを検討していたものの、結局は例年通りスペイン・バルセロナのカタルニア・サーキットで実施することで合意した。

 しかしオーストラリアGPの延期により物流面の計画が変更される可能性があるため、各チームはプレシーズンテストをバーレーンに移すことが最善だと合意したという。

 バーレーンでプレシーズンテストを実施すれば、そのまま開幕戦に臨むことができるため、物流コストや移動時間を削ることができる。

 ただし、3日間のテストがいつ行なわれるかについてはチーム間で意見が分かれており、テスト日程は未確定のままのようだ。できるだけレースに近い時期にテストを実施したいというチームもあれば、バーレーンGPの週末から離れた時期にテストを実施したいと考えているチームもある。

 競技規則によれば、3日間のテストは「2月1日から選手権第1戦が始まる10日前までの間」に行なわなければならないとされている。

 つまり、理論上はバーレーンGPの最初のフリー走行が始まる10日前の3月16日までにテストを終える必要があるということだ。当初、テストは3月2日から4日までバルセロナで行なわれ、オーストラリアでの開幕戦の17日前に終了することになっていた。

 チームがテストに最適な日程を決定した後、バーレーン・インターナショナル・サーキットとの間で最終的な計画を練ることになる。なお3月9~11日にはバーレーンでF2のプレシーズンテストが予定されている。

 バーレーンでF1のプレシーズンテストが開催されることになれば、パワーユニットが導入された2014年に2度テストを実施して以来のこととなる。同サーキットでは、2017年と2019年にはシーズン中にもテストが実施された。

Read Also:

2021年のF1もスケジュール変更は必至? FIAトッド会長「予定通りにはならないはず」

前の記事

2021年のF1もスケジュール変更は必至? FIAトッド会長「予定通りにはならないはず」

次の記事

ウイリアムズ、メルセデスとの関係強化を発表。2022年以降PU以外のパーツも”購入”へ

ウイリアムズ、メルセデスとの関係強化を発表。2022年以降PU以外のパーツも”購入”へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith