F1アイフェルGP予選:ボッタス完璧ラップでPP。フェルスタッペン惜しくも3番手

F1アイフェルGPの予選が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

F1アイフェルGP予選:ボッタス完璧ラップでPP。フェルスタッペン惜しくも3番手

 F1第11戦アイフェルGPの予選がニュルブルクリンクで行なわれた。メルセデスのバルテリ・ボッタスがアタックをまとめ、今季3度目のポールポジションを獲得した。

 コロナ禍の影響で急きょカレンダーに加わったアイフェルGP。ニュルブルクリンクでのグランプリ開催は7年ぶりとなった。しかし、金曜日はあいにくの天候。濃霧によりメディカルヘリが飛べず、各車1周もできないまま初日を終えた。

 各その結果チームは、60分間のFP3で得られた貴重なデータだけを参考に、予選を戦うこととなった。また、レーシングポイントのランス・ストロールが体調不良によりFP3から欠場。チームは急きょニコ・ヒュルケンベルグを代役に立てて、予選に臨んだ。ヒュルケンベルグは、今季の第5戦F1 70周年記念GP以来のレースとなる。

 予選開始時刻は気温9度、路面温度18度。大きな雲も上空に浮かぶが、ドライコンディションで予選開始時刻を迎えた。

Q1:緊急登板のヒュルケンベルグ、20番手で予選終える。フェルスタッペン首位

 18分間のQ1がスタートすると、ハース勢に続きヒュルケンベルグも早速コースイン。マシンの感触を確かめながら、タイム計測に向かった。

 ヒュルケンベルグの最初のラップタイムは1分32秒19。一方、セッション序盤のトップに立ったダニール・クビアト(アルファタウリ)は1分28秒147というタイムだった。

 その後もタイムシートは変動していき、メルセデスの2台もアタックへ。ルイス・ハミルトンが1分26秒703でトップに立ち、チームメイトのボッタスが0.223秒差で2番手につけた。

 セッション残り時間12分というところで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンもアタックを開始。セクター1、2で全体ベストを更新し、1分26秒319でトップタイムを塗り替えた。FP3で3番手と好調だったシャルル・ルクレール(フェラーリ)も、ボッタスを上回り3番手につけたが、ボッタスが2度目のアタックでタイムアップ。2番手までポジションを上げた。

 セッション折り返しとなる残り時間9分、最初のアタックを終え、コースに戻るマシンが増え始めた。Q1敗退圏内にいるのはロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのハース勢2台、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィのアルファロメオ勢2台、そしてヒュルケンベルグの計5台だ。

 ヒュルケンベルグは1分29秒792までタイムを上げたものの、15番手とチームメイトのセルジオ・ペレスとは1.712秒差だ。ただ、ペレスはミディアムタイヤを使ってのタイムだった。

 残り時間が5分を切ってくると、徐々に各車が2セット目のタイヤを使ってアタックへ。路面コンディションの改善が大きいのか、マグヌッセンは7番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)は5番手までポジションを上げた。

 上位4台以外がコースインし、各車最後のアタックに臨む。目まぐるしくタイムシートが変動する中、ヒュルケンベルグはミスがありつつも1分28秒021までタイムアップ。しかし20番手で予選を終えることとなった。15番手でQ2進出を果たしたジョビナッツィとは0.489秒差、10番手だったペレスとは0.901秒差だった。

 結果、Q1敗退はグロージャン、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、ライコネン、ヒュルケンベルグだった。グロージャンはトラックリミット違反があり、タイム抹消の処分を受けている。

Q2:ベッテル、母国でQ3進出ならず。アルファタウリもダブルKO

 メルセデスの2台はミディアムタイヤでコースイン。フェラーリの2台やダニエル・リカルド(ルノー)もミディアムタイヤでのQ2通過を目指してアタックへ向かった。

 ハミルトンは1分26秒183と、Q1よりも速いタイムを記録。一方ボッタスはセクター1で0.5秒ほど遅れ、1周で0.7秒ほどの差がついた。

 ソフトタイヤを履くフェルスタッペンは1分25秒720でタイムシートのトップへ。チームメイトのアレクサンダー・アルボンも0.565秒差で3番手につけた。マクラーレン勢やエステバン・オコン(ルノー)、ペレスが上回ったことで、ボッタスは8番手までポジションを落とした。

 一度ピットに戻ったボッタスは、早々にソフトタイヤへと履き替えアタックへ。ハミルトンもソフトタイヤでコースインした。

 メルセデス2台しかいないコース上でアタックしたボッタスは、フェルスタッペンに0.251秒届かず2番手となった。一方、ハミルトンはそれ以上のペースを見せ、1分25秒390をマーク。ミディアムタイヤで十分Q3に進めるタイムを残していたが、ソフトタイヤでタイムを更新。これで決勝がドライコンディションになった場合、ソフトタイヤでスタートすることになった。

 残り時間が3分を切ると、その他のマシンもアタックへ。全車がソフトタイヤを履いた。ガスリーがQ3進出圏内ギリギリの10番手にポジションを上げるが、ベッテルがそれを上回った。しかし、ルクレールが5番手までジャンプアップしたことで、ベッテルは11番手に蹴り出され、ここで予選を終えた。

 Q2敗退はベッテル、ガスリー、クビアト、ジョビナッツィ、マグヌッセンだった。母国レースのベッテルだが、これで7戦連続でQ3進出を逃した形だ。

 結局、Q3に進出したマシンの中でミディアムタイヤで決勝をスタートすることになるマシンはいなかった。

Q3:ボッタス、全セクター最速のポールポジション。フェルスタッペン肉薄も3番手

 セッションがスタートすると各車続々とコースイン。マクラーレンのランド・ノリスやカルロス・サインツJr.、リカルド、オコンは中古ソフトタイヤを使用した一方、ペレスはガレージに留まり、1アタックに賭ける形だ。

 上位陣は大接戦。セクター3で全体ベストを出したハミルトンが1分25秒825を出すが、セクター2で最速だったボッタスはそれを0.013秒上回った。しかし、それをさらに上回ったのがフェルスタッペンだ。セクター1を最速で駆け抜け、1分25秒744をマークしタイムシートの首位に立つ。上位3台が0.1秒以内にひしめく形だ。

 各車がピットに戻っている間に、ペレスがアタック。1分26秒704でアルボン、ルクレールに次ぐ6番手につけた。残り時間4分という頃、ペレスのアタックが終わるのを待っていた残りの9台が、続々とコースへ入った。

 最終アタックに入ったハミルトンは、セクター1で自己ベストを更新したもののボッタス、フェルスタッペンの方がここでは上。セクタ-2でもわずかにボッタスの方が速かった。

 ハミルトンは1分25秒525で暫定トップに立つが、ボッタスはセクター3でも全体ベストを叩き出し、1分25秒269をマーク。全セクターで全体ベストを出す完璧なアタックで、今季3度目のポールポジションを獲得した。

 フェルスタッペンは1分25秒562を記録し、ハミルトンまで0.037秒差に肉薄したもののフロントロウを逃した。

 4番手に食い込んだのは、ルクレール。最後のアタックでアルボンを逆転しグリッド2列目を確保した。6番手以下リカルド、オコン、ノリス、ペレス、サインツJr.というトップ10だった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 6 1'25.269     217.345
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 6 1'25.525 0.256 0.256 216.694
3 Netherlands マックス フェルスタッペン 6 1'25.562 0.293 0.037 216.600
4 Monaco シャルル ルクレール 6 1'26.035 0.766 0.473 215.410
5 Thailand アレクサンダー アルボン 6 1'26.047 0.778 0.012 215.379
6 Australia ダニエル リカルド 6 1'26.223 0.954 0.176 214.940
7 France エステバン オコン 6 1'26.242 0.973 0.019 214.892
8 United Kingdom ランド ノリス 6 1'26.458 1.189 0.216 214.356
9 Mexico セルジオ ペレス 3 1'26.704 1.435 0.246 213.747
10 Spain カルロス サインツ Jr. 6 1'26.709 1.440 0.005 213.735

シェア
コメント
朝のコーヒータイムが、急遽F1代役参戦に……ヒュルケンベルグ「前回よりもクレイジー」

前の記事

朝のコーヒータイムが、急遽F1代役参戦に……ヒュルケンベルグ「前回よりもクレイジー」

次の記事

ハミルトン、ソフトタイヤでのスタートに自信「ミディアム希望だったけど……」

ハミルトン、ソフトタイヤでのスタートに自信「ミディアム希望だったけど……」
コメントを読み込む