フォーミュラE第3戦ローマePrix予選:バンドーンが今季初PP。日産ローランド、最終コーナーで涙

メルセデスのストフェル・バンドーンが、フォーミュラE第3戦ローマePrixのポールポジションを獲得。アンドレ・ロッテラー(ポルシェ)が2番手に続いた。日産のオリバー・ローランドは最終コーナーでクラッシュし、PPを逃すことになった。

フォーミュラE第3戦ローマePrix予選:バンドーンが今季初PP。日産ローランド、最終コーナーで涙

 フォーミュラEの第3戦ローマePrixの予選が行なわれ、メルセデスのストフェル・バンドーンがポールポジションを獲得した。

 コロナ禍による非常事態宣言のため、ロックダウンが続いているローマ。その静寂に包まれるローマ中心部で、フォーミュラE第3戦ローマePrixの予選が行なわれた。

 若干の降雨もあり難しいコンディションの中、ポールポジションを獲得したのはバンドーンだった。

 バンドーンは予選グループ3に登場し、総合3番手でスーパーポールセッションに駒を進めた。そしてこのスーパーポールセッションでのアタックをまとめ切り、見事にポールポジションを手にした。

 予選2番手となったのは、ポルシェのアンドレ・ロッテラーだった。ロッテラーも渾身のアタックを披露。セクター2ではウォールに僅かにヒットし、貼られているスポンサーロゴのシートが右リヤに引っかかってしまう。それでも集中を切らすことなくアタックを完了。しかしバンドーンには僅かに及ばない2番手だった。

 この予選で魅力あふれる走りを見せたのは、日産・e.ダムスのオリバー・ローランドだったかもしれない。ローランドは予選をトップ通過。スーパーポールセッションでは最後のアタックとなった。

 そのアタックでも、セクター1と2で全体ベストタイムを記録し、ポールポジションは確実と思われた。しかし、最終コーナーを攻めすぎ、マシンの右リヤを激しくウォールにヒット! これで右リヤサスペンションを壊してしまい、大きくタイムを失ってしまう。結局最終的に3番手。しかもマシンは激しくダメージを負い、ピットレーンに戻ることなくマシンをストップさせてしまった。

 4番手にはルーカス・ディ・グラッシ(アウディ)、5番手にはジャン-エリック・ベルニュ(DSテチータ)、6番手にはマキシミリアン・ギュンター(BMW)が続き、実力者が上位を占めた格好だ。

 なお予選グループ4に登場したニック・キャシディ(ヴァージン)は、セクター1を全体ベストで通過し、セクター2でもまずまずのタイムを記録……スーパーポールセッションへの進出が期待された。しかし最終セクターのターン13立ち上がりで左リヤを外側のウォールにヒットさせてしまった。マシンはこのダメージで駆動力を失い、キャシディはコース上にマシンを停めることになった。結局キャシディは、22番グリッドから決勝レースをスタートする予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
フォーミュラE、ローマePrixの開催は「奇跡に近い」ドライバーたちがイベント実施の努力に感謝

前の記事

フォーミュラE、ローマePrixの開催は「奇跡に近い」ドライバーたちがイベント実施の努力に感謝

次の記事

フォーミュラE第3戦ローマePrix決勝:ベルニュ乱戦を生き残り今季初優勝。キャシディ初入賞

フォーミュラE第3戦ローマePrix決勝:ベルニュ乱戦を生き残り今季初優勝。キャシディ初入賞
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ フォーミュラE
イベント ローマePrix1
執筆者 田中 健一