F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
31 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
18 days

LMP1に代わるWEC最高峰クラス、正式名称が『LMH』に決定

シェア
コメント
LMP1に代わるWEC最高峰クラス、正式名称が『LMH』に決定
執筆:
2019/12/06 3:47

2020-2021年からスタートするWECの新しい最高峰クラスの名称が、LMHクラスとなることが分かった。

 FIA世界耐久選手権(WEC)は、2020-2021年シーズンから”ハイパーカー”レギュレーションの下、新たな最高峰クラスが開催される予定となっているが、その正式名称が『LMH』(ル・マン・ハイパーカー)となることが決まった。

 ハイパーカーという名前は、LMP1に代わる最高峰クラスとして2018年6月に計画が発表された時点で仮称としてつけられていたが、12月4日(水)にパリで開催されたFIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)で名称が正式に決定された。

 LMHクラスは2020年9月からスタート。自動車メーカーのブランドイメージを反映したプロトタイプのマシンと、市販車のレーシングバージョンが共にレースをすることになる。

 ただ、LMHクラスの参加者は『自動車ブランドの名前でホモロゲーション(公認)を取得したマシン』で参戦しなければならないようだ。

 今年6月のル・マン24時間レースでルールの概略が発表された際には、インディペンデントチームがプロトタイプマシンで参戦することが許可されていた。一方で、市販車ベースのハイパーカーはレース参戦から2年以内に最低20台の生産が義務付けられている。

 規則草案のテキストには、参戦者は『自動車ブランドの名前でホモロゲーションを取得したマシンで出場できる』と書かれていたが、2020年3月に行なわれる次回のWMSCで、この部分が必須条件に変更されると考えられている。

 一方、規則の文言とは関係なく、LMHクラスにはマニュファクチャラーズタイトルではなく、チームタイトルが設けられるようだ。

 WECの最高峰クラスはテスト日数が制限されているが、LMHクラスの1年目にはこれが免除される。2年目からは再びテストに制限が加えられる見込みだ。

 またLMP1クラスと同様、LMHクラスではレーストラックに帯同できるチームスタッフの人員数に制限がかけられる。ハイブリッドシステムを搭載しないマシン2台体制のチームは40名、マシンがハイブリッドであれば43名に設定されている。

■LMP2クラスのタイヤがワンメイク化。パワーも制限へ

 WMSCでは、LMP2クラスのマシンパワーを減らすことが決定された。2020-2021年のWECの他、ヨーロピアン・ル・マンやアジアン・ル・マンといったシリーズでも同様の変更が行なわれる。

 LMP2車両に搭載されているギブソン製V8自然吸気エンジンは、約600bhp(約450kW)を出力しているが、これが40bhp(約30kW)ほど削減され、LMHクラスの車両よりも遅くなるように調整される。LMH車両の出力は750bhpになるとされている。

 またLMP2クラスは現在、ミシュランとグッドイヤーのタイヤを履いたマシンが混在しているが、今後はこれがワンメイク化されるようだ。なお、LMHクラスはミシュランがタイヤサプライヤーとなることが発表されている。

Read Also:

次の記事
WEC復帰のプジョー、LMP1のレベリオン・レーシングと提携へ

前の記事

WEC復帰のプジョー、LMP1のレベリオン・レーシングと提携へ

次の記事

TOTALが明かす、WECとWRCの燃料&オイル”裏事情”。2030年の市販ガソリンも開発中?

TOTALが明かす、WECとWRCの燃料&オイル”裏事情”。2030年の市販ガソリンも開発中?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
執筆者 Gary Watkins