F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
55 days
スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
21 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
44 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
15 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
29 days

トヨタWRC今季初優勝! エバンスがラリー・スウェーデン制す

シェア
コメント
トヨタWRC今季初優勝! エバンスがラリー・スウェーデン制す
執筆:
2020/02/16 12:41

WRC第2戦ラリー・スウェーデンは、エルフィン・エバンスが優勝。トヨタが2020年シーズン初勝利を挙げた。

 WRC(世界ラリー選手権)第2戦ラリー・スウェーデンの最終日が行なわれ、エルフィン・エバンス(トヨタ)が同ラリーを制し、トヨタに2020年シーズン初勝利をもたらした。

 シーズン唯一のフルスノーラリーとなるラリー・スウェーデンだが、暖冬の影響による雪不足を受け、ステージが大幅に短縮された。最終日にはSS17、SS18が行なわれる予定だったが、SS17はキャンセルされ、パワーステージであるSS18のみの走行に。結果的に、2020年のラリー・スウェーデンはわずか9つのSSで競われることとなった。

 初日、2日目の走行では、トヨタのエバンスが絶好調。SS18を前にして総合2番手のオット・タナク(ヒュンダイ)に17.2秒の差をつけた。3番手、4番手にはセバスチャン・オジェ、カッレ・ロバンペラのトヨタ勢が続いた。

 最終ステージの舞台である“リケナス”では、雪がほとんど積もっておらず、ダート路面がむき出し。さらに降り続く雨の影響で水たまりができており、難しいコンディションとなった。SS17がキャンセルとなったのも、パワーステージに向けて路面を保護しておくための措置だった。

 そんな中でエバンスはパワーステージのSS18を手堅く走り、11分04秒2というタイムでフィニッシュ。タナクは10分59秒7を記録したが、逆転には至らず。エバンスのキャリア2勝目、そしてトヨタの今季初優勝となった。

 SS18で驚きの走りを見せたのは、ロバンペラだった。総合4番手でパワーステージを迎えたロバンペラは、10分55秒1というステージトップのタイムを記録し、オジェを逆転。WRカーでの参戦2戦目で初表彰台を獲得すると共に、ボーナスポイント5点を加算して見せた。オジェは走行順も影響したのか後半区間でタイムが伸びず、弱冠19歳のロバンペラに逆転される結果となった。

 総合5位にはMスポーツのエサペッカ・ラッピが入った。開幕戦ウイナーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は総合6位に沈んだが、パワーステージでロバンペラに次ぐステージ2位となったことでボーナス4点を獲得した。なお、開幕戦に続いてトヨタ・ヤリスWRCを駆って参戦している勝田貴元は総合9位だった。

 今回の結果により、ポイントランキングのトップはエバンスとヌービルが並ぶ形に。それを5ポイント差でオジェが追いかける格好となった。

Read Also:

次の記事
WRCスウェーデン:トヨタのエバンス首位で最終パワーステージへ

前の記事

WRCスウェーデン:トヨタのエバンス首位で最終パワーステージへ

次の記事

モースポフェスSUZUKA、コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決定

モースポフェスSUZUKA、コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WRC
イベント Rally Sweden
執筆者 戎井健一郎