F1
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
9 days
MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
37 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
51 days
スーパーGT
10 4月
-
12 4月
次のセッションまで……
17 days
03 5月
-
04 5月
次のセッションまで……
40 days
スーパーフォーミュラ
04 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
11 days
18 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
25 days
石浦 宏明
Japan
ドライバー

石浦 宏明

1981-04-23 (38歳)

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
93 articles
フィルターをクリアにする
石浦 宏明
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

ZENT CERUMOがスーパーGTの2020年カラーリング発表。「Supra is Back」を具現化

TGR TEAM ZENT CERUMOがスーパーGTの2020年カラーリングを発表。スープラ復活に際し、かつてスープラを走らせていた2005年のデザインを模したカラーリングを採用したという。

「面白いレースだった」石浦宏明、SGT×DTM特別交流戦でクラッシュも“次”に期待

『スーパーGT×DTM特別交流戦』のレース2で、終盤にクラッシュに巻き込まれた#38 ZENT CERUMO LC500の石浦宏明だが、面白いレースだったとコメントした。

2度のF1王者ハッキネンと組んだ石浦宏明「何事にも動じない姿勢はすごかった」

2019鈴鹿10時間耐久レース。#11 Planex SmaCam Racingの石浦宏明は、2度のF1王者であるミカ・ハッキネンと組み、色々学ぶところもあったという。

石浦宏明「最後タイヤがブローしてしまった。悔しさが残る」|スーパーフォーミュラ第4戦富士|P.MU/CERUMO・INGINGプレスリリース

スーパーフォーミュラ第4戦富士の決勝レースを終え、P.MU/CERUMO・INGINGの石浦宏明と坪井翔、そして立川祐路監督が、チームのプレスリリースにコメントを寄せた。

38号車ZENT、クラス最後尾から追い上げ7位「できることは最大限やった」

スーパーGT第4戦タイで7位となった#38 ZENT CERUMO LC500のドライバーと監督が、プレスリリースにコメントを寄せた。

第2戦オートポリス大会の運営・運用面での混乱にドライバーたちが言及

2019スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス。週末のレース進行で起こった混乱について、優勝した関口雄飛や2位の山本尚貴らがコメント。再発防止を求める声が上がった。

これは完走できないかも……石浦、ソフトで53周走行の大胆作戦もグレイニングに苦しみ入賞逃す

スーパーフォーミュラ第2戦オートポリスで9位に終わった石浦宏明は、レース中徐々に後退していった原因をソフトタイヤのグレイニングによるものだと明かした。

今季から新体制……新生ZENT CERUMO、2戦目で勝利。石浦”取締役”「すごくホッとしている」

荒天の中行われたスーパーGT第2戦富士。勝利を収めたのは、7番グリッドからスタートした#38 ZENT CERUMO LC500だった。

坪井翔「合格点を自分にあげたい」|スーパーフォーミュラ開幕戦|JMS P.MU/CERUMO・INGINGドライバー/監督コメント

スーパーフォーミュラ開幕戦を終えて、JMS P.MU/CERUMO・INGINGのドライバーと監督がプレスリリースにコメントを寄せた。

セルモ、2019年のスーパーGT参戦体制を発表。立川祐路が総監督を兼任

LEXUS TEAM ZENT CERUMOが2019年のスーパーGT参戦体制を発表。立川祐路が総監督を兼任することになる。

それぞれの思惑が垣間見えた専有走行。石浦は”あまりタイムに意味はない”

専有走行をトップで終えた石浦は、ドライバーによって”何を見据えて走っていたのか”が違っていたことを指摘し、今日のトップタイムにそれほど意味はないと話した。

金曜専有走行から各車ソフトタイヤを積極的に使用、石浦宏明がトップ

2018スーパーフォーミュラ第6戦岡山。金曜日の専有走行セッションは石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムを記録した。

石浦宏明「もてぎは重要なレースだった。次の岡山も得意……選手権リードを目指す」

スーパーフォーミュラ第5戦もてぎで優勝した石浦宏明は、「楽な展開ではなかったが、勝ててホッとしている」とコメントを寄せた。【P.MU/CERUMO・INGING決勝コメント】

石浦、ランキング意識し予選戦う「王者争いを考えると正念場だった」

2018スーパーフォーミュラ第5戦。ポールポジションを獲得した石浦宏明は、普段はあまり意識を向けることのないランキングを意識して予選に臨んだと話した。

立川祐路「34号車のことを考えると、やるからには中途半端なレースはできなかった」 

第5戦富士の公式練習中に大クラッシュを喫した立川は、レースをできたことにホッとしており、マシンを直してくれたチームに感謝したいと話した。【LEXUS TEAM ZENT CERUMO決勝コメント】

Modulo Drago CORSEの皆さんに申し訳ない……#38 ZENT CERUMO LC500コメント

富士スピードウェイで行われているスーパーGT第5戦富士GT500マイル。#38 ZENT CERUMO LC500は公式練習でブレーキトラブルに見舞われ、GT300クラスの#34 Modulo KENWOOD NSX GT3とクラッシュ。予選に出走することができなかった。

新車SF19はオーバーテイク促進に役立つ? 接近戦想定テストも実施

富士スピードウェイで行われたSF19の開発テストで、実際のレース時に接近バトル時のダウンフォース量を確認するテストも行われた。

SF19テスト2日目は終日HALOを装着、早くも1分22秒台をマーク

スーパーフォーミュラの次期マシン「SF19」の開発テスト2日目。早くもコースレコードに近く1分22秒台のベストタイムが記録された。

石浦宏明「悔しい結果だが速さを見せられた。チャンピオンシップを考えて、残り3戦で勝負をしていきたい」

スーパーフォーミュラ第4戦富士を2位で終えた石浦宏明は、速さを見せることができ、残り3戦で勝負をしていきたいと語った。【JMS P.MU/CERUMO・INGINGレースレポート】

スーパーフォーミュラ富士決勝:キャシディ初優勝。石浦との激戦制す

全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦富士の決勝レースが行われ、ニック・キャシディ(KONDO RACING)が優勝を果たした。

予選3番手の石浦宏明「できる限りのことをした」

2018スーパーフォーミュラ第4戦富士。予選3番手を獲得した石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がセッションを振り返った。

今週末開催の富士24時間に参戦する石浦&平手「ミスなくバトン繋ぐ」

今週末行われるスーパー耐久富士24時間レースにスポット参戦する石浦宏明と平手晃平に、その意気込みを訊いた。