ホンダ、2020年の四輪育成枠を発表。角田裕毅、FIA F2に参戦決定

ホンダが2020年の四輪ドライバー育成枠のラインアップを発表。角田裕毅がFIA F2の参戦することが決まった。佐藤蓮と岩佐歩夢のふたりは、フランスF4に挑むことになる。

ホンダ、2020年の四輪育成枠を発表。角田裕毅、FIA F2に参戦決定

 ホンダは、2020年のモータースポーツ参戦体制を発表。その中で、四輪のドライバー育成のプランについても明らかにされた。

 昨シーズンはFIA F3に参戦し、1勝を挙げた角田裕毅は、今年はFIA F2に昇格。カーリンに加入してシーズンを戦うことになった。また角田と同様に昨年FIA F3を戦った名取鉄平は、今季は活動の場を日本に戻し、全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権にTODA RACINGから参戦することとなった。

 また、2019年にFIA F4でシリーズチャンピオンに輝いた佐藤蓮は、フランスF4への参戦が決定。またSRS(鈴鹿サーキット・レーシングスクール)-Formulaのスカラシップを獲得した岩佐歩夢も、いきなり海外挑戦をすることになった。

 なおホンダの四輪ドライバー育成枠の第一歩となるSRS-FormulaとSRS-Kartは、引き続き佐藤琢磨がプリンシパル、中野信治がヴァイス・プリンシパルを務め、「選手育成の環境をより一層強化していく」としている。

【ホンダ四輪ドライバー育成枠】
FIA F2選手権
角田裕毅:カーリン

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
名取鉄平:TODA RACING

フランスF4
佐藤蓮:TBA
岩佐歩夢:TBA

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、オーストラリア山火事の救援活動に50万ドルを寄付

前の記事

ハミルトン、オーストラリア山火事の救援活動に50万ドルを寄付

次の記事

笹原右京起用のTEAM MUGEN中野監督「ホンダ全体を底上げするのに必要だった」

笹原右京起用のTEAM MUGEN中野監督「ホンダ全体を底上げするのに必要だった」
コメントを読み込む