アルファタウリ・ホンダ、新車『AT02』発表。角田裕毅の記念すべきF1“第1号機”

角田裕毅が所属するアルファタウリ・ホンダが、2021年のF1を戦うニューマシン『AT02』を発表した。

アルファタウリ・ホンダ、新車『AT02』発表。角田裕毅の記念すべきF1“第1号機”

 スクーデリア・アルファタウリは2月19日、2021年仕様のF1マシン『AT02』を発表した。

 今回発表されたAT02は、昨年のマシンAT01と同じく白と濃紺をベースにしたスタイリッシュなカラーリングだが、その配色が異なっている。そしてサイドポンツーンにも昨年同様、パワーユニットサプライヤーであるホンダの赤いロゴが掲示されている。

 アルファタウリは、昨年のイタリアGPで待望のF1初優勝を挙げたピエール・ガスリーが残留し、そのチームメイトとして角田裕毅がF1デビューを果たす。昨年のFIA F2でランキング3位を獲得した角田は、2014年の小林可夢偉以来の日本人F1ドライバーとなる。

 そんなアルファタウリにパワーユニット(PU)を供給するホンダは、2021年限りでPUサプライヤーとしての活動を終了することを明らかにしている。レッドブルは姉妹チームのアルファタウリ共々、2022年以降は自社運用という形でホンダ製PUを使用していくことを明らかにしているが、彼らが“ホンダと共に”F1を戦うのは今年で最後となる。

 

Read Also:

シェア
コメント
ピレリ、2021年シーズンの各F1グランプリに持ち込むタイヤコンパウンドを一挙発表

前の記事

ピレリ、2021年シーズンの各F1グランプリに持ち込むタイヤコンパウンドを一挙発表

次の記事

日本人初のF1優勝ドライバーになる……角田裕毅、”速く走る”ためのモチベーション

日本人初のF1優勝ドライバーになる……角田裕毅、”速く走る”ためのモチベーション
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー , 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ