F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
1 days
28 8月
次のセッションまで……
15 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
22 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
29 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
43 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
57 days
23 10月
次のセッションまで……
71 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
79 days

”復活の”F1オランダGP、2020年の開催中止が正式決定

シェア
コメント
”復活の”F1オランダGP、2020年の開催中止が正式決定
執筆:
2020/05/28 9:33

2020年シーズンに復活する予定だったF1オランダGPは、今シーズンの開催は正式にキャンセルされ、2021年の復活を目指すことが明らかになった。

 ザントフールト・サーキットでのF1オランダGPは、コースの改修作業が行なわれるなど、2020年シーズンからの復活に向けて準備が進められていた。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響により、開催が延期。しかし最終的には今季の開催を中止し、2021年に改めて復活レースを開催することになった。

 そもそもオランダGPは、FIAが再調整しているとされていた開催カレンダー案にも含まれていなかった。

 オランダは、依然として国内でのイベント開催については厳しい制限が加えられており、レースのプロモーターも、F1復活レースを無観客で行なうことについては消極的だった。

 サーキットのスポーティング・ディレクターであるヤン・ラマースは、motorsport.comに対して次のように語った。

「我々のレースは、2021年に延期されるようだ。その時にはワクチンが完成していて、その業務が新たな”通常”となっていることを願っている」

 主催者も次のように声明を発表した。

「新型コロナウイルスが世界中で広まったため、F1ハイネケン・オランダGPは、以前発表されたように延期されることになった」

「オランダGPの運営組織は、FOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)と協議の上、今年は観客を入れてのレースを開催するのは、もはや不可能であると結論付けなければならなかった」

「したがって、最終的にレースの開催を、2021年に延期することが決定された。FIAと共に、F1の首脳陣は2021年の開催スケジュールを決定していく。それにより、オランダGPの新たな日程も決まることになるだろう。例年と同じように、その日程は2020年が終わるまでに、FIAによって発表されることになるはずだ。すべての観戦チケットは、新しいレースでも引き続き有効である」

 ラマースはさらに次のように付け加えた。

「最初のレースに向けた準備は完全に整っている。関わっていただけるすべてのファン、企業、政府のおかげで、信じられないほどの成果が得られた」

「我々とF1は、無観客で今年のレースを開催する可能性を調べた。しかし我々は、ザントフールトでのF1の復活を、オランダのファンの皆さんと共に祝いたいと思う。皆さんには、もう少し我慢していただくようお願いしたい。私は35年間、この時を待たねばならなかった。だからもう1年待つことだってできるよ」

Read Also:

世界モータースポーツ評議会、コスト削減策などF1ルール変更を承認

前の記事

世界モータースポーツ評議会、コスト削減策などF1ルール変更を承認

次の記事

ダウンフォース量増大を防ぐため、フロアのレギュレーションが変更へ

ダウンフォース量増大を防ぐため、フロアのレギュレーションが変更へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper