F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

F1ベルギーGP決勝:ルクレール悲願の初優勝! ホンダ勢は3台入賞

シェア
コメント
F1ベルギーGP決勝:ルクレール悲願の初優勝! ホンダ勢は3台入賞
執筆:
2019/09/01 23:45

F1第13戦ベルギーGPの決勝が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがF1初優勝を果たした。

 F1第13戦ベルギーGPの決勝レースが行われた。優勝したのはシャルル・ルクレール(フェラーリ)で、F1での初勝利を成し遂げた。

 約1カ月のサマーブレイクが終わり、後半戦がスタートしたF1。しかし、決勝の前日に行われたFIA F2のレース1で、悲劇が起きてしまった。2周目に起きた多重クラッシュに巻き込まれたアントワーヌ・ユベールが死去。モータースポーツ界全体が悲しみに包まれる中、決勝レース前にはユベールに捧げる1分間の黙祷が行われた。

 予選ではシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得。2番手にはセバスチャン・ベッテルが入り、フェラーリのフロントロウ独占となった。2列目にはメルセデス勢が入り、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは5番グリッドからのスタートとなった。

 なお、スタートタイヤはほとんどのドライバーがソフトを選択。ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、アレックス・アルボン(レッドブル)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ダニール・クビアト(トロロッソ)、ロバート・クビサ(ウイリアムズ)とグリッド後方勢がミディアムタイヤを選択した。

 44周の決勝レースがスタート。ターン1でフェルスタッペンとキミ・ライコネン(アルファロメオ)が接触。左フロントタイヤを痛めたフェルスタッペンはオー・ルージュを曲がりきれずクラッシュ、今季初めてのリタイアとなった。これにより、オープニングラップからセーフティカーが出動することとなった。

 ライコネンだけでなく、ダニエル・リカルド(ルノー)も1周目に接触があり後退。カルロス・サインツJr.(マクラーレン)もトラブルによりセーフティカー出動中にストップするなど、序盤から波乱含みの展開となった。

 レースは5周目から再開。ルクレールが綺麗に加速を決め、トップをキープした。

 この週末ではフリー走行からフェラーリが圧倒的な速さを見せていたが、下馬評通りメルセデス勢、とりわけルイス・ハミルトンがレースペースでフェラーリに対抗。ルクレール、ベッテル、ハミルトン、バルテリ・ボッタス(メルセデス)という予選順位通りのオーダーで膠着状態となった。

 11周目のニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)を皮切りに、各車が1回目のピットストップへと向かっていった。上位陣ではベッテルが真っ先に動き、15周目にタイヤ交換を行った。

 そのベッテルは17周目に1分47秒087というタイムでファステストラップを記録。ピットインまでは1分48秒台後半〜1分49秒台前半で周回しており、それより2秒前後速いタイムをミディアムタイヤで叩き出した。一方のルクレールは21周目にピットインしたが、先にピットインしてマージンを稼いでいたベッテルに逆転される形となってしまった。

 しかしながらフェラーリは予定外のアンダーカットで順位が入れ替わったことを理由に、ベッテルに対しルクレールに前を行かせるよう指示。ベッテルはそれに従い、27周目のホームストレートで首位をルクレールに譲った。

 2番手となったベッテルはペースが上がらず、32周目にケメルストレートエンドでハミルトンに交わされ3番手に。4番手のボッタスにも追いつかれた34周目に2度目のピットインを行い、ソフトタイヤへと交換。実質的に順位を失うことなく、4番手でコースに復帰した。

 ホンダパワーユニット勢では、新型“スペック4”投入によってグリッド後方からのスタートとなったアルボンとクビアトが躍動。ミディアム→ソフトというタイヤ戦略もはまり、2台揃ってポイント圏内にジャンプアップしてきた。

 ルクレールは終盤にハミルトンの追撃を受けたが、なんとか守りきりトップチェッカー。これまで速さを見せながらもトラブルに泣かされるレースが多かったが、スパで悲願の初優勝を成し遂げた。また、フェラーリにとっても今季初優勝となった。2位にはハミルトン、3位にはボッタスが入った。

 ベッテルはレースを通してペースに苦しみ4位。フリー走行から予選まで全てのセッションでワンツーのフェラーリだったが、肝心の決勝でパーフェクトを逃した。

 5番手以下は最終ラップに大きな波乱があった。9番手を走行していたジョビナッツィがプーオンでクラッシュ。さらには5番手だったランド・ノリス(マクラーレン)がホームストレート上でストップするなど、順位に大きな変動があった。

 結果的に5位に入ったのはアルボン。レッドブルでの初レースで、リタイアしたフェルスタッペンの穴を埋める活躍を見せた。ここスパを得意とするレーシングポイントはセルジオ・ペレスが6位、ランス・ストロールが10位に入り、ダブル入賞となった。

 トロロッソも波乱のレースを戦いきり、クビアトが7位、このレースでレッドブルから出戻ったピエール・ガスリーが9位と、こちらもダブル入賞を果たした。

【リザルト】F1第13戦ベルギーGP:決勝結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Monaco シャルル ルクレール 44 -       25
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 44 0.981 0.981 0.981   18
3 Finland バルテリ ボッタス 44 12.585 12.585 11.604   15
4 Germany セバスチャン ベッテル 44 26.422 26.422 13.837   13
5 Thailand アレクサンダー アルボン 44 1'21.325 1'21.325 54.903   10
6 Mexico セルジオ ペレス 44 1'24.448 1'24.448 3.123   8
7 Russian Federation ダニール クビアト 44 1'29.657 1'29.657 5.209   6
8 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 44 1'46.639 1'46.639 16.982   4
9 France ピエール ガスリー 44 1'49.168 1'49.168 2.529   2
10 Canada ランス ストロール 44 1'49.838 1'49.838 0.670   1
次の記事
【動画】F1第13戦ベルギーGP決勝ハイライト

前の記事

【動画】F1第13戦ベルギーGP決勝ハイライト

次の記事

100%喜ぶことはできない……ルクレール、F1初勝利を亡きユベールに捧げる

100%喜ぶことはできない……ルクレール、F1初勝利を亡きユベールに捧げる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
サブイベント Race
執筆者 戎井健一郎