F1アブダビGP FP1:タイトル獲得に向けフェルスタッペン好発進! メルセデスが続く。角田裕毅も5番手と上々な滑り出し

F1第22戦アブダビGPのフリー走行1回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は5番手だった。

F1アブダビGP FP1:タイトル獲得に向けフェルスタッペン好発進! メルセデスが続く。角田裕毅も5番手と上々な滑り出し

 F1第22戦アブダビGPのフリー走行1回目が行なわれた。セッションをトップタイムで終えたのは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)だった。

 全22戦で行なわれる2021年シーズンも最終戦を迎え、F1はアブダビ、ヤス・マリーナ・サーキットにやってきた。21戦を通じてコース内外で繰り広げられていたフェルスタッペンVSルイス・ハミルトン(メルセデス)のチャンピオン争いも、ここで決着を迎える。

 2015年にF1にカムバックを遂げ、レッドブルとアルファタウリにパワーユニットを供給してきたホンダも、このグランプリでF1に別れを告げることになる。

 現地はまだ陽が高く、気温26度、路面温度38度というコンディションの中、60分のセッションがスタート。今回のグランプリ開催に合わせ、コースは大幅な改修を受けたということもあり、予選・決勝レースとは大きく異なるコンディションだが、各ドライバーは序盤から積極的にマシンを走らせた。

 シャルル・ルクレール(フェラーリ)はリヤタイヤとディフューザーの後ろにエアロリグ(空力測定装置)を装着して走行を開始した。大きくテクニカルレギュレーションが変わる来季に向けた布石だと思われる。

 多くのドライバーは1セット目のタイヤにソフトタイヤをチョイス。シケインの撤去やターン9のバンク化などによって高速化されたサーキットを学ぶため、精力的な走行が続いた。トラックリミットが設定されている最終コーナーではみ出し、タイム抹消を受けるドライバーも見られた。

  セッションが折り返しに近づくと、「現段階だと全てが悪い感じだよ」とチーム無線で不満を漏らしたカルロス・サインツJr.(フェラーリ)を始め、多くのドライバーが一度ガレージにマシンを戻し、チェックやセッティング変更などを行なった。ただ、次のプログラムを消化すべく続々とコースに戻っていった。2セット目のタイヤも、多くのドライバーが新しいソフトタイヤを投入した。

 こちらもF1ラストレースとなるキミ・ライコネン(アルファロメオ)もミディアムタイヤを履いてコースへ戻ったが、今回改修されたターン9でスピン。ランオフエリアでマシンは止まったものの、投入したタイヤにはフラットスポットが出来てしまった。

 各ドライバーは2セット目のタイヤでも精力的な走行を続けた。セッション後半、ガレージで時間を消費したトップ勢も最終盤になると再びコース上に姿を見せて走行を開始。ソフトタイヤを履いていたが、ロングラン中心の走行だった。

 最終盤、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)がターン15でスピンを喫するシーンもあったが、大きなクラッシュやアクシデントなくセッションが終了。トップとなったフェルスタッペンのタイムは、1分25秒009だった。予選・決勝レースとは大きくコンディションは異なるものの、初の戴冠に向けて好発進ができたと言えよう。

 フェルスタッペンの後ろにはメルセデスのふたりが並んだ。バルテリ・ボッタスがフェルスタッペンから0.196秒差の2番手、ハミルトンが0.346秒差で3番手につけた。メルセデス勢は最終盤まで両ドライバーがコースオフするシーンも見られた。

 フェルスタッペンのチームメイトであるセルジオ・ペレスが4番手、5番手に角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が並んだ。角田は23周を周回し、トップから0.369秒差の1分25秒378をマークした。チームメイトのピエール・ガスリーは、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)を間に挟んで7番手。前戦サウジアラビアGPに続いて、シーズン終盤で角田がガスリーに匹敵する走りを見せるシーンが増えてきたように伺える。

 なお、ウイリアムズは、リザーブ・ドライバーのジャック・エイトケンがジョージ・ラッセルのマシンをドライブした。エイトケンは2020年のサクヒールGPでラッセルの代役としてF1デビューを果たしている。2021年もウイリアムズのリザーブドライバーを担当していたが、7月のスパ24時間レースでの大クラッシュで鎖骨と脊椎骨を損傷。そこから順調な回復を見せ、今回のF1ドライブに至った。そのエイトケンは、正ドライバーのニコラス・ラティフィを上回る17番手でセッションを終えている。

 
 
Read Also:
順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 23 1'25.009     235.203
2 Finland バルテリ ボッタス 27 1'25.205 0.196 0.196 234.662
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 25 1'25.355 0.346 0.150 234.249
4 Mexico セルジオ ペレス 24 1'25.363 0.354 0.008 234.227
5 Japan 角田 裕毅 23 1'25.378 0.369 0.015 234.186
6 Spain フェルナンド アロンソ 26 1'25.625 0.616 0.247 233.511
7 France ピエール ガスリー 28 1'25.822 0.813 0.197 232.975
8 Monaco シャルル ルクレール 20 1'25.846 0.837 0.024 232.910
9 Spain カルロス サインツ Jr. 26 1'25.886 0.877 0.040 232.801
10 Germany セバスチャン ベッテル 26 1'26.007 0.998 0.121 232.474

シェア
コメント
F1アブダビFP1速報:フェルスタッペンが首位発進。角田裕毅5番手と絶好の滑り出し
前の記事

F1アブダビFP1速報:フェルスタッペンが首位発進。角田裕毅5番手と絶好の滑り出し

次の記事

F1アブダビGP FP2速報:ハミルトンがトップ。フェルスタッペンは4番手もロングランでは優勢か? 角田裕毅は7番手

F1アブダビGP FP2速報:ハミルトンがトップ。フェルスタッペンは4番手もロングランでは優勢か? 角田裕毅は7番手
コメントを読み込む