F1
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
イベント 進行中 . . .
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
6 days
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
34 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
41 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
55 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
69 days

パンテーラ・チーム・アジアが、F1参戦を真剣に検討中

シェア
コメント
パンテーラ・チーム・アジアが、F1参戦を真剣に検討中
2019/09/12 8:33

シルバーストンを本拠地とする新F1チーム”パンテーラ・チーム・アジア”が、2021年からのF1参戦を真剣に検討していることが分かった。

 新たにF1に参戦するチームのプロジェクトが、かなり真剣に進められている。このチームの名前は、パンテーラ・チーム・アジアだ。

 このプロジェクトは、SMPレーシングのスポーツカー・オペレーションの元マネージングディレクターであるベンジャミン・デュランが率いており、シルバーストンに本拠地を構えるという。

 デュランはパンテーラ・チーム・アジアの共同創設者となり、チーム代表の役割を務めることになるという。そしてティム・ミルンが空力部門の責任者を務めるようだ。なおミルンは、マノーでも同様の役割を務めたエンジニアである。

 その名前が示すように、このチームにはアジアからのサポートがあり、今年の1月にはイギリスで有限会社として法人化されている。そしてデュランとミシェル・オーツがディレクターを務める。

 オーツはブロンズ・フォーチュンLtdのディレクターである。この会社は、パンテーラ・チーム・アジアと同じ住所に登記され、2017年にチャイナF1チーム・レーシングを運営するために簡易的に作られた会社である。

 デュランはヨーロピアン・ル・マン・シリーズでBR01を走らせたSMPレーシングのLMP2チームを率いた人物。また、JMBスポーツカー・チームで働いた経験もあり、中東とアジアで行われたスピードカー・シリーズのテクニカルマネージャーでもあった。

「我々は確かに存在している。そしてFIAが新規参入チームに関する入札を開始した場合、2021年からF1に参戦することを目指している」

 デュランはmotorsport.comにそう語った。

「(2021年からの新しい)レギュレーションの最終版が公表されるのに先立ち、その内容を予測することに取り組んでいる小さなエンジニアリング・グループが存在している。それは事実だ」

「より詳細なことを語るためには、投資家やFIA、そしてリバティと議論しなければならない。もう少し時間が必要だ」

Read Also:

次の記事
デイモン・ヒル、佐藤琢磨、中嶋一貴……F1日本GPへのゲスト出演が決定

前の記事

デイモン・ヒル、佐藤琢磨、中嶋一貴……F1日本GPへのゲスト出演が決定

次の記事

イタリア国内2レース目のF1が実現? イモラとムジェロが開催に興味

イタリア国内2レース目のF1が実現? イモラとムジェロが開催に興味
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1