F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
10 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
38 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
45 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
59 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
73 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
80 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
94 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
101 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
115 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
129 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
157 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
164 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
178 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
185 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
199 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
213 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
220 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
234 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
248 days

F1の標準ギヤボックス導入が中止へ。『同様のコスト削減は可能』と判断

シェア
コメント
F1の標準ギヤボックス導入が中止へ。『同様のコスト削減は可能』と判断
執筆:
2019/05/25 5:16

2021年に標準ギヤボックス導入を予定していたF1だが、世界モータースポーツ評議会の投票により、導入が中止となるようだ。

 F1は、コスト削減策の一環として、2021年から標準ギヤボックスを導入すべく、2月にサプライヤーの入札を行っていた。4メーカーがこの入札に参加したことが知られており、そのうちギヤボックスのエキスパートであるXtracだけが、入札を公に認めていた。

 しかしFIAの技術部門の助言に従い、世界モータースポーツ評議会(WMSC)がギヤボックスの単一メーカー供給に反対票を投じたと、FIAが発表した。

 FIAは声明の中で「評議会の決定は、チームとサプライヤーが入手可能な技術的情報、および財務情報の両方を考慮したものだ」と述べた。

「提供された技術データによれば、F1におけるギヤボックス技術は概ね収束しており、その結果、性能の違いはほとんどないことが明らかになった」

「そしてコンポーネントの複雑さのため、ギヤボックスは依然として信頼性の面で敏感な部分だ。決定には、FIA技術部門の評価が織り込まれている」

 ギヤボックスの標準化は、2021年にレギュレーション変更を控えるF1にとってコスト削減策の一環だったが、WMSCはFIAの分析に基づき「単一サプライヤーを指定する以外の方法でも、同様のコスト削減が可能」だと結論づけた。

 FIAはコスト削減の方法についてはチームと協議した上で、今後発表される2021年のレギュレーションの一部になるとしている。

 標準ギヤボックスの導入は見直されるが、F1ではこれまでホイールリムやブレーキシステムの入札を実施。最近では、燃料システムのコンポーネントの入札も開始していた。

次の記事
ちゃんとピットボードを見ろ! ハース代表、ドライバーふたりに注意喚起

前の記事

ちゃんとピットボードを見ろ! ハース代表、ドライバーふたりに注意喚起

次の記事

サインツJr.、FP1で痛恨ERSトラブル「週末全体に影響が及ぶ……」

サインツJr.、FP1で痛恨ERSトラブル「週末全体に影響が及ぶ……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Valentin Khorounzhiy