F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
13 時間
:
05
:
09
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

ベルギーGPから施行予定のエンジンモード規制……FIAは取り締まりに自信

シェア
コメント
ベルギーGPから施行予定のエンジンモード規制……FIAは取り締まりに自信
執筆:

FIAのF1レースディレクターであるマイケル・マシは、FIAが複数のエンジンモードの使用を取り締まることができると自信を持っている。

 FIAは先日、各F1チームに書簡を送り、第7戦ベルギーGPから予選と決勝で同じエンジンモードを使用するよう制限を設けると通達した。その詳細な内容はベルギーGP前に発行される新たな技術指令で明らかになる予定だ。

Read Also:

 これらの制限は実質的に、チームが予選の際に特別なエンジンモードを駆使してパフォーマンスを向上させることを防ぐためのものだが、エンジンモードを変えて出力を落とし、PUの消耗を抑えるようなことも難しくなるはずだ。

 書簡では、今回の変更はFIAが各チームのPUの使用状況を監視しやすくするためのものだと明らかにされた。曰く「使用されているモードの複雑さから、レギュレーションが遵守されているかをFIAが確認するのは非常に困難だった」ということだ。

 またこの書簡では、F1スポーティングレギュレーションの第27.1条である「ドライバーは単独で助けを借りずに運転しなければいけない」という項目が引用されている。現在のエンジンモードの変更は、このレギュレーションに抵触している可能性がある、と指摘されているのだ。

 FIAのF1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、メルセデス、フェラーリ、ルノー、そしてホンダという4つのPUメーカーが莫大なリソースを持っているにも関わらず、FIAはエンジンモードの取り締まりを成功させられると考えている。

「我々は非常に自信がある。そうでなければ、その方向には進まなかっただろう」とマシは言う。

「特に技術チームが膨大な量の仕事をしてきたことを知っているし、4つのPUメーカーとも相談して、彼らの意見も取り入れてきた」

「チャーリー・ホワイティング(前F1レースディレクター)が生前よく言っていたように、我々の技術チームは10人だが、それぞれのメーカーには数千人規模の人間がいる……しかし、我々は自信がある。そうでないと、これを推し進めることはなかっただろう」

 

Read Also:

メルセデス、スペインでのボッタスの戦略は失敗だったと認める

前の記事

メルセデス、スペインでのボッタスの戦略は失敗だったと認める

次の記事

ハミルトン、去就未定のベッテルにエール「明るい将来が待っていることを望む」

ハミルトン、去就未定のベッテルにエール「明るい将来が待っていることを望む」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper