批判集まるタイミングアプリ。F1、修正は”最優先事項”と語る

シェア
コメント
批判集まるタイミングアプリ。F1、修正は”最優先事項”と語る
Edd Straw
執筆: Edd Straw
2018/09/18 12:06

F1は、アップデートされたF1ライブタイミングアプリについて、シンガポールGP中に多くの苦情が寄せられたため、改善することは最優先事項だと語る。

 F1は、スマートフォンおよびタブレット向けのF1アプリをアップデートした。このアップデートの主な部分は、ライブタイミングが大幅に修正されたことだ。これにより、ひとつの画面に表示されるデータ量が大幅に削減された。

 しかしこのアップデートには、多くの批判が集まっている。アプリのオンラインレビューに寄せられた意見を見ると、スクロールせずに画面に表示できるドライバーの数が少なくなったことが、批判の主な矛先のようだ。以前のバージョンと同じだけの情報を集めるためには、画面をスクロールする必要がある。

「我々は短期的、長期的な視点で、新機能を追加する余地を確保するため、アプリのプラットフォームをアップデートしました」

 広報担当者はそうmotorsport.comに対して語った。

「アプリの通常の開発プログラムの一貫として、すでに予定されている多数の新リリースが存在します」

「ライブタイミング機能に関する問題については、認識しています。これは、次のリリースの最優先事項のひとつです」

 motorsport.comの理解しているところによれば、一部のユーザーの求めに応じ、以前のバージョンにダウングレードする予定は今のところないようだ。なぜなら、プラットフォームの改善は、ライブタイミング機能以外の要素にも影響するものであり、他の機能を改善するためには、プラットフォームの改善は必要不可欠なのだという。

 今回のライブタイミング機能の変更は、以前のバージョンで「見にくい」との批判があったことから、文字サイズが大きく、使いやすい形が目指されたようだ。

 ライブタイミング機能の修正スケジュールは明らかにされていないものの、今季残りのレース中にも、何らかの修正が加えられることになりそうだ。

 今後のアップグレードでは、ユーザーからの不満が集まる他の部分の不具合についても取り組まれるとみられる。

次の F1 ニュース
”鬼門”シンガポール優勝は、過去最高の勝利:メルセデス代表語る

前の記事

”鬼門”シンガポール優勝は、過去最高の勝利:メルセデス代表語る

次の記事

レッドブル、ロシアでグリッド降格へ。”スペックB”PUに戻す?

レッドブル、ロシアでグリッド降格へ。”スペックB”PUに戻す?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Edd Straw
記事タイプ 速報ニュース